HOME > 錯体化学討論会 > シンポジウム(第57回)

 シンポジウム 第57回(名古屋工業大学:2007.9.25-27) 

シンポジウム主催者 主題
石原 浩二 (早稲田大院理工)
高木 秀夫 (名大院理)
i 錯体化学の成長と発展を支える基礎化学としての錯体化学反応論
上野 圭司 (群馬大工)ii 新しい結合が切り拓く無機金属化学
柘植 清志 (北海道大院理)iii 光を操る  - 金属錯体の可能性 -
桑田 繁樹 (東工大院理工)iv 錯体触媒化学の新展開
錦谷 禎範 (新日本石油株式会社 研究開発本部 中央技術研究所副所長)v 未来エネルギーを創造する錯体化学
小澤 芳樹 (兵庫県立大院物理)vi 錯体化学で展開される結晶構造解析研究の最先端
渡辺 芳人 (名大院理)vii 金属イオンを含む新しい生体分子の創製と実践的活用
嶌越 恒 (九州大院工)viiiエネルギー・物質変換を志向した錯体化学の未来