HOME > 会則 > 錯体化学会「貢献賞」規定

English

 錯体化学会貢献賞規定 

錯体化学および錯体化学会の発展を目的として、この賞を設ける。
第1条錯体化学会貢献賞(以下、本賞という)を設け、錯体化学および関連分野の発展に顕著に寄与したと認められる研究者を選び、本賞を贈呈する。
第2条本賞の贈呈は原則毎年1件とする。
第3条本賞の候補者は必ずしも本会会員でなくともよいが、受賞講演時には本会会員であることを条件とする。
第4条本賞は楯とし、錯体化学会討論会において、これを贈呈する。
第5条本賞の選考は、錯体化学会賞等選考委員会(以下、選考委員会という)が行う。選考委員会委員は副会長および別に定める「選考委員会委員選挙規定」により会員から 6 名選出する。選考委員長は副会長とする。
第6条本賞候補者の選考は、別に規定する「錯体化学会貢献賞細則」に基づいて行う。
第7条選考委員長は、審査結果に理由を付して、錯体化学会総会の期日までに会長に報告する。
第8条本規定の改定は理事会で審議し、総会で承認を得る。
本規定は、平成19年10月1日から施行する。