HOME > 会則 > 錯体化学会「学術賞」規定

 錯体化学会学術賞規定 

  錯体化学および錯体化学会の発展を目的として、この賞を設ける。
第1条錯体化学会学術賞(以下、本賞という)を設け、先導的・開拓的な研究により錯体化学に関わる分野の学術を深化させ、錯体化学の発展に貢献したと認められた研究業績を持つ個人に贈呈する。
第2条本賞の贈呈は原則毎年2件以内とする。
第3条本賞の候補者は受賞年度の4月1日において、5年以上本会会員であることを条件とする。
第4条本賞は楯とし、錯体化学会討論会において、これを贈呈する。
第5条本賞の選考は、錯体化学会賞等選考委員会(以下、選考委員会という)が行う。選考委員会委員は副会長および別に定める「選考委員会委員選挙規定」により会員から6名選出する。選考委員長は副会長とする。
第6条本賞の選考は、別に規定する「錯体化学会学術賞細則」に基づいて行う。
第7条選考委員長は、審査結果および理由を付して、錯体化学会総会の期日までに会長に報告する。
第8条本規定の改定は理事会で審議し、総会で承認を得る。
本規定は、平成28年9月11日から施行する。