HOME > 人事公募

上智大学理工学部物質生命理工学科教員公募

上智大学の長尾宏隆先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

上智大学理工学部 物質生命理工学科 教員公募
上智大学理工学部は,下記により,物質生命理工学科の専任教員の公募を行います。
本学では,理工学部を含め女性研究者支援を推進しており,優秀な女性研究者の積極的な応募を歓迎します。

1. 職名および人数:助教(5年任期,但し昇任の可能性あり)1 名
2. 専門分野:錯体・無機反応化学(有機金属化学・均一系触媒化学など周辺分野を含む)
3. 担当予定科目:英語コースの講義科目,学科専門科目,ゼミナール,卒業研究,
化学実験(学生実験),大学院科目他
4. 応募資格:
・ 上智大学はキリスト教(カトリック)に精神的基盤を置く大学です。
また,理工学部は,本学の特徴である高い国際性を大きな柱のひとつとしています。
本学の建学精神並びに高い国際性と語学重視の教育方針を理解し,
教育・研究および学内運営に熱意をもって取り組んでいただける方を募集します。
・博士の学位を有することあるいは着任時までに取得見込みであること
・卒業研究・大学院研究指導ができること
・英語で講義ができること
5. 着任時期:2018年4月1日
6. 提出書類:
・ 履歴書(A4 版,写真貼付,E-mail Address を明記のこと) 1通
・ 研究業績リスト(A4 版) 1 通
・ 科研費等外部資金取得リスト(A4 版) 1 通
・ 主要論文別刷り(コピー各1 部またはPDFでの提出可)
・ これまでの研究概要(A4 版,2000 字程度) 1 通
・ [教育歴のある方のみ] これまでの教育概要(A4 版) 1 通
・ 着任後の研究計画と教育への抱負(A4 版,2000 字程度) 1 通
・ 応募者について問合せできる方2 名(氏名・連絡先)
注:応募書類郵送と同時に,氏名,所属,電話番号,E-mail address,連絡先住所(郵便番号含む)の電子情報を
h-nagao(at)sophia.ac.jp に,件名「上智・物質生命教員応募(錯体・無機反応化学)(氏名)」で送信すること
7. 応募締め切り日: 2017年6月30日(必着) 書留郵便にて送付のこと
8. 書類送付先:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学理工学部長 築地 徹浩
封筒の表面に「物質生命理工学科教員応募(錯体・無機反応化学)」と朱書して下さい。
9. 照会先: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学理工学部物質生命理工学科長 長尾宏隆
電話:03-3238-3478  Fax:03-3238-3361  E-mail:h-nagao(at)sophia.ac.jp
10. 選考方法
・第一次選考:書類審査による選考
・第二次選考:(書類審査通過者のみ)着任後の教育・研究に対する抱負,自身の研究紹介に関する公開セミナー
および模擬講義の後,面接による選考。日時等は本人に直接連絡します。
11. その他
・独立して研究室を主宰していただきます。
・選考に関する審査内容は公表しません。
・提出書類は返却しません。

電気通信大学テニュアトラック助教公募

電気通信大学の石田尚行先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

募集人員:テニュアトラック助教 1名

所属:電気通信大学 大学院情報理工学研究科 基盤理工学専攻 化学生命工学プログラム
専門分野:エネルギー材料科学分野

仕事内容:エネルギー関連化学、物理化学、電気化学、材料科学、触媒化学、物理有機化学等を基調に研究と教育を行う。
本募集におけるテニュア・トラック助教は教育への熱意を有することが求められており、学部または大学院の授業の担当、および学部生や大学院生の研究指導を通した教育への取り組みもテニュア資格審査での評価対象となります。

応募資格:
・卓越研究員事業に申請する者
・採用時に博士の学位を有しており、かつ、上記募集分野において、優秀な研究を推進していること。
・自立して独創的な研究を行いうる能力を有すること。
・博士号取得後10年以内であること。・ポスドクの経験、またはそれに相当する経験を有することが望ましい。
・日本語により学生を指導できること。

任期身分等 待遇:
・任期:採用日から5年間
・給与:年俸制(本学の規定による)
・研究費:助教の所定の研究費に加えて、卓越研究員に採用された場合は、卓越研究員公募要領に基づく研究費を初年度及び次年度に支給します。卓越研究員に採用されなかった場合、初年度には研究教育活性化支援システム(学内の競争的資金)を活用して研究室開設資金(上限額 100 万円)を受給することが可能です。
・テニュア付与と昇格:本制度では、任期は採用日から5年で、3年目に中間評価を、5年目にテニュア資格審査を受けて、研究業績等が極めて優秀であると認められれば、本学のテニュア(任期を定めない定年制の身分)が付与され、かつ准教授への昇任となります。ただし、テニュア教員への採用が見送られた場合は、転出等の準備のために、最長2年間任期を延長することができます。詳細は、http://www.uec.ac.jp/about/activity/uec_tenure_track/

着任時期:平成29年9月1日以降のできるだけ早い時期

応募書類:詳細については以下を御覧ください
http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/pdf/ad_20170313-2-2.pdf
選考方法:書類審査を通過した方に対して、ヒアリングを行います。
その際の交通費、宿泊費は応募者の負担とさせていただきます。
応募書類の提出方法:提出書類を下記まで郵送してください。応募書類は返却しません。また、本選考以外の用途に使用することはありません。
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 基盤理工学専攻 教授 西岡 一 宛
応募締切:平成29年 5月8日(月)17時(日本時間)必着

問合せ先:
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 基盤理工学専攻 教授 平野 誉
電話:042-443-5489 E-mail: thirano(at)uec.ac.jp
備考:
本学では男女共同参画推進の基本理念に基づき女性が働きやすい環境を整えることで女性教員の増加を目指しています。女性の積極的な応募を期待します。詳しくは電気通信大学女性研究者支援室ホームページをご覧ください。http://www.ge.uec.ac.jp/owr/

明治学院大学法学部助手(化学)(任期制)公募

明治学院大学の井頭麻子先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

明治学院大学法学部助手(化学)(任期制)公募のお知らせ

1. 公募人員:助手1名
2. 所属:明治学院大学法学部
3. 業務内容:以下に示すような教育的補助業務
・明治学院共通科目である化学方法論(化学実験を含む講義科目)の実験準備と指導補助
・教材作成の補助および学生レポートの指導補助
・実験器具・薬品等の購入事務ならびに維持管理業務
・講義資料および出席票等の配布と回収
・入学試験関連業務および定期試験業務、その他
4. 採用予定日:採用決定後、できるだけ早い時期
5. 勤務条件:
・勤務地は明治学院大学横浜校地(横浜市戸塚区)および白金校地(東京都港区)。
・任期3年以内。本人が希望し学部教授会が必要と認めた場合は1回2年以内の再任可。
・給与、待遇等は学校法人明治学院の人事規定による。
6. 応募資格:化学専攻またはこれに相当する専攻の大学院博士前期または後期課程を修了した者。(2017年3月修了予定者を含む)
7. 応募書類:
(1)履歴書1部(写真貼付捺印のこと)
(2)修了証明書または学位授与証明書1部(学位記のコピーも可)
(3)教育に対する抱負1部(長さ任意、研究業績を有するものはそれについても記述すること)
(4)照会可能な2名の方の氏名と連絡先(所属先・職名・電話・メールアドレス)
*履歴書は本学の指定様式で提出してください。用紙は以下のURLからダウンロードできます。
http://www.meijigakuin.ac.jp/personnel/faculty_support_assistant_log/attachment/CV1-1.doc
*ご提出いただいた個人情報は今回の選考以外に利用いたしません。
*すべて年号は西暦で表示してください。
*応募書類は原則として返却いたしません。
8. 書類提出期限:2017年3月17日(金)必着
9. 選考方法:書類審査のうえ面接(面接は2017年3月25日(土)の予定)
面接候補者には3月22日(水)までに連絡いたします。
10. 応募書類送付先:〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
明治学院大学人事部人事課気付 法学部長 今尾真 宛
*封筒に「法学部助手応募書類在中」と朱書きで明記の上、書留郵便または宅配便で送付のこと
11. 問い合わせ先:明治学院大学人事部人事課
saiyou(at)mguad.meijigakuin.ac.jp

*なお、本学はキリスト教に基づく人格教育を建学の精神とする大学であります。この建学の精神を理解してくださることを希望いたします。

弘前大学教育研究院自然科学系教授公募

弘前大学の岡崎雅明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

弘前大学教育研究院自然科学系では、以下の要領で機能材料化学分野教授を公募いたします。本件は、本学ホームページの教員公募情報(http://www.hirosaki-u.ac.jp/14650.html)にも掲載しております。

1.募集人員:教授1名(任期なし)
2.所 属:自然科学系 機能創成科学領域
3.専任担当:理工学部物質創成化学科
4.専門分野:エネルギー創成を指向した機能性分子・材料合成化学
(エネルギー問題の解決を目指す新物質合成に意欲的に取り組み、学科内教員と連携しながら熱意を持って教育・研究および社会貢献に活発に取り組んでいただける方)
5.担当科目:
理工学部:物質創成化学科における基礎化学、化学系専門科目、化学系専門実験、全教員担当の科目など
大学院理工学研究科:専門分野に関連した科目、研究指導に関連した科目など教養教育科目:基礎ゼミナール、地域学ゼミナール、自然・科学科目群など
6.応募資格:
(1)博士の学位を有する方
(2)大学院博士前期課程・後期課程において主指導教員として教育研究指導ができる
7.着任時期:平成29年10月1日以降のできるだけ早い時期
8.選考方法:
(1)書類選考
(2)候補者に対する面接(模擬講義を含む)
9.提出書類:
(1)履歴書(写真貼付)
(2)研究業績リスト[査読付学術論文、総説または解説、著書、国際学会発表、招待講演(国内外)、国内・外国特許(特許公開番号、登録されていれば特許番号)、受賞に分類して年代の古いものから順に、題目、単著・共著の別、発行年/発表年、発行所や発表雑誌または発表会議の名称、著者名(本人を含む全員、責任著者に*印)等を記載してください。]
(3)主要論文の別刷またはコピー(5編)
(4)外部資金獲得状況(外部資金の種類、名称、金額、代表者/分担者の別)
(5)これまでの教育・研究および社会貢献の概要(A4判2~3枚程度)
(6)今後の教育・研究および社会貢献に関する抱負と計画(A4判2~3枚程度)
(7)応募者に関する参考意見を伺える方2名の氏名と連絡先(氏名、所属、役職、連絡先所在地、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
(8)応募者の連絡先
10.応募期限:平成29年4月28日(金)(必着)
11.書類提出先:〒036-8561 青森県弘前市文京町3番地 弘前大学大学院理工学研究科 総務グループ(総務担当) 宛
※封筒に「教員応募書類(機能材料合成化学分野教授)」と朱書きし、簡易書留、レターパック、宅配便、国外からはEMSなど、送付記録の残る方法で送付して下さい。
12.問い合わせ先:〒036-8561 青森県弘前市文京町3番地 弘前大学大学院理工学研究科 総務グループ(総務担当)電話:(0172)39-3503、ファクス:(0172)39-3513、メール: jm3505(at)hirosaki-u.ac.jp

備考
(1)弘前大学では、担当の授業科目が教職認定科目に相当する場合、所属が「自然科学系機能創成科学領域」の他に、「教員養成部門」にも所属することになります。
(2)面接の際の旅費は応募者の負担とします。
(3)応募書類は原則として返却いたしません。
(4)採用後の給与については、弘前大学規定による年俸制が適用されます。
(5)弘前大学は男女共同参画を推進しています。業績及び資格等に関わる評価が同等と認められる場合には女性を優先的に採用します。面接時の交通費支援を含む支援策については、男女共同参画推進室ホームページ(http://www.equ.hirosaki-u.ac.jp/equality/)をご覧ください。

大阪市立大学大学院工学研究科特任助教公募

大阪市立大学大学院工学研究科 特任助教公募

大阪市立大学大学院工学研究科化学生物系専攻では,下記のとおり,化学生物系専攻の特任助教の公募を行います。

1. 職名および人数:特任助教 1名

2. 研究分野:触媒または錯体化学

3. 応募資格:博士の学位を取得済み、または平成29年3月までに取得見込みの方。

4. 勤務地:大阪市立大学杉本キャンパス

5. 着任時期:2017年4月1日以降、できるだけ早い時期(任期1年、2年目更新の可能性あり)

6. 待遇:本学の特定有期雇用教職員に関する規則による。(http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/corporation/payroll/index.html)参照

7. 提出書類:
(1)履歴書
(2)研究業績リスト
(3)主要論文3編以内のコピー
(4)これまでの研究概要(A4 1枚程度)
(5)今後の研究・教育に対する抱負 (A4 1枚程度)
(6)所見を求められる方2名の氏名と連絡先・電話番号・e-mail アドレス、応募者との関係を記載
(7)その他

8. 応募締め切り日: 2017年2月10日(必着)

9. 選考方法
(1)1次選考(書類選考)
(2)2次選考(必要に応じて面接等を行う)
※ なお、面接等のために要する経費は、応募者の負担とします。

10. 書類送付先:〒558-8585 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138 大阪市立大学大学院工学研究科 化学生物系専攻 無機工業化学分野

11. 照会先: 大阪市立大学 大学院工学研究科化学生物系専攻 山田 裕介
電話:06-6605-2693
E-mail:ymd(at)a-chem.eng.osaka-cu.ac.jp (at)はアットマークに直してください。

12. その他
・選考に関する審査内容は公表しません。
・提出書類は返却しません。

東京大学特任准教授公募

東京大学の野崎京子先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京大学 特任准教授 公募

1.募集人員    特任准教授 1名

2.所  属  東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻

3.職  務  社会連携講座「フッ素および有機化学融合材料・生命科学講座(平成29年4月1日設置予定、担当教授 野崎京子(兼任))」における研究・教育

4.専門分野  有機合成化学、有機金属化学、フッ素化学

5.応募資格  博士の学位を有し、有機合成化学に関連する分野で優れた研究実績をもつ方。当該領域の研究と教育に熱意をもって取り組むことのできる若手研究者。

6.着任時期  平成29年7月1日以降できるだけ早い時期

7.任  期    あり。詳細はお問い合わせください。

8.待  遇  国立大学法人東京大学特定有期雇用教職員の規定に従う。

9.提出書類
1)東京大学統一履歴書
(参照URL http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html
2) 研究業績リスト (原著論文、国際会議、著書、特許、受賞、外部資金獲得実績等に適宜分類。論文等の共著者名はすべて記入すること。)
3) これまでの研究・教育活動実績の概要(A4版4枚以内、様式自由)
4) 主要論文別刷(3篇以内)
5) フッ素有機化学の発展に寄与するための抱負(A4版1枚程度、様式自由)
6) 所見を求め得る方2名の氏名及び連絡先
・封筒に「フッ素有機化学特任准教授応募書類在中」と朱書し、郵送の場合には簡易書留等、配送記録の残る方法にて送付してください。

10.応募締切 平成29年1月31日(火)必着

11.選考方法 書類審査および必要に応じて面接

12.備  考
・書類選考後、合格者に面接の連絡をします。
・応募の秘密は厳守し、応募書類は採用選考の目的以外には使用しません。
・応募書類は原則として返却しません。
・適任者のない場合は、決定を保留することがあります。

13.書類送付先
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻
専攻長 山東信介

14.募集内容についての問合せ先
同専攻教授 野崎京子
電話 03-5841-7261
e-mail: nozaki(at)chembio.t.u-tokyo.ac.jp

15.その他

大阪大学ラジオアイソトープ総合センター助教公募

大阪大学の吉村 崇先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

大阪大学ラジオアイソトープ総合センター 助教公募

1.募集人員    助教 1名
2.所  属  大阪大学ラジオアイソトープ総合センター
3.職  務  放射性同位元素を用いた金属錯体の合成と性質に関する教育研究。
4.専門分野  無機化学、錯体化学または放射化学
5.応募資格  放射線、放射性同位元素取扱の経験は問いません。着任後、意欲を持って教育
研究を遂行できる方。着任時に博士の学位を有する、または取得見込みであること。
6.着任時期  平成29年4月1日以降できるだけ早い時期
7.任  期    平成32年3月31日まで(勤務実績の審査を経たのち、任期満了後は任期無し
ポストでの継続雇用に移行する場合がある。)
8.待  遇  [勤務時間等] 国立大学法人大阪大学任期付教職員の労働時間、休日及び休暇
等に関する規程によります。(専門業務型裁量労働制適用)
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/joho/files_jinji/sk003720160330.pdf
[給与] 国立大学法人大阪大学任期付年俸制教員給与規程によります。ただし、
前職の在職期間が本学の退職手当算定上の勤続期間に通算可能な場合は、相談
に応じます。
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/joho/files_jinji/sk004520160921.pdf
[社会保険等] 国家公務員共済組合、雇用保険、労働者災害補償保険に加入。
9.提出書類  (1) 履歴書(形式自由、写真貼付)
(2) 研究業績リスト
(3) 主要論文別刷(3編以内、コピー可)
(4) これまでの研究概要と今後の教育と研究についての抱負(2000字程度)
(5) 意見照会可能な方2名の氏名、所属、連絡先
10.応募締切 平成29年1月6日(金)17時必着
11.選考方法 書類審査および必要に応じて面接
12.備  考 本センターは、本学で進行中のプロジェクト「医理連携による進行がん治療の
ための国際医療拠点形成事業」に参画しており、本プロジェクトで行われてい
る放射性診断薬及び治療薬開発の研究にも参加いただきます。着任後は、第1
種放射線取扱主任者の資格を取得していただき、放射線教育及び放射線管理の
補佐も務めていただく予定です。
13.書類送付先
〒565-0871 吹田市山田丘2-4
大阪大学ラジオアイソトープ総合センター センター長 篠原 厚
14.募集内容についての問合せ先
大阪大学ラジオアイソトープ総合センター 教授 吉村 崇
TEL: 06-6879-8821
tyoshi(at)rirc.osaka-u.ac.jp
15.その他   その他の労働条件については「国立大学法人大阪大学任期付教職員就業規則」等によります。
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/joho/kitei_shugyou.html
なお、ここに示した事項については、場合によっては変更となる可能性があります。
面接時等に再度ご確認ください。※ 大阪大学では教員・研究員の公募において、
意欲ある女性研究者の積極的な応募を歓迎しています。(http://www.danjo.osaka-u.ac.jp/

東京理科大学理学部第二部化学科教員公募

東京理科大学の秋津貴城先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京理科大学 理学部第二部 化学科 教員公募要項

〔公募人員〕 嘱託助教(1名)

〔任期〕上限5年

〔所属〕東京理科大学 理学部第二部 化学科

〔勤務地〕東京理科大学 神楽坂キャンパス
 ※採用後、勤務地については変更することがある

〔専門分野〕金属錯体化学を基盤とするナノ複合機能材料の創製・物性測定・理論

〔担当予定科目〕学生実験(基礎化学実験・一般化学実験)

〔着任日〕2017年4月 1日 

〔応募資格〕博士の学位を有し(あるいは着任時に取得見込み)、学部と大学院の教
育並びに研究に意欲を持って取り組んでいただける方。
 ※東京理科大学では、女性人材を積極的に育成、活用し、活躍を支援する大学とな
ることを目標としています。女性の積極的な応募を期待します。

〔提出書類〕
 (1)履歴書
 (2)教育研究業績書(業績リスト)
 (3)応募者について照会可能な2名の方の氏名と連絡先
 (4)学位記の写し

〔応募締切〕2017年1月 12日 必着

〔書類提出先・問い合わせ先〕
書類送付先: 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
東京理科大学 理学部第二部 化学科主任 佐竹 彰治
問い合わせ先:satake(at)rs.kagu.tus.ac.jp
 ※提出書類は封筒に「理学部第二部 化学科 教員応募書類 在中」と朱書し、書留
等で郵送して下さい。
http://www.sut.ac.jp/boshuu/kyoin/

筑波大学数理物質系化学域教員公募

筑波大学の鍋島達弥先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

筑波大学数理物質系化学域 教員公募

所  属    筑波大学 数理物質系(化学域)
募集人員    助教1名
専門分野    超分子化学
着任時期    平成29年4月1日(予定)
任  期    4年
給  与   年俸制(本学の規定による。)
応募資格    ・博士の学位を有する方、または平成29年3月31日までに取得できる方
            ・大学院数理物質科学研究科化学専攻、ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻、および理工学群化学類(学士課程)の有機化学に関連する分野の教育が担当できる方
            ・鍋島達弥教授(研究分野:超分子化学、ホスト-ゲスト化学、生体機能関連化学、機能有機化学)と協力して教育・研究に取り組める方
提出書類    ・履歴書(写真貼付)
            ・研究業績リスト(学会発表リスト、受賞歴、外部資金獲得状況も含む)
            ・主要論文別刷3編程度(コピー可)
            ・これまでの研究業績の概要(2000字程度)
            ・今後の教育と研究に関する抱負(各1000字程度)
            ・本人について照会できる方2名の氏名、所属、連絡先
公募締切    平成28年12月9日(必着)
書類送付先  〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
	    筑波大学大学院数理物質科学研究科・化学専攻長 木越 英夫
	    電話/Fax:029-853-4313(直通)
	    E-mail: kigoshi(at)chem.tsukuba.ac.jp
その他	    ・選考にあたって面接等のため来学をお願いすることがあります。
            ・書類一式は、封筒に「数理物質系(化学域) 助教応募書類」と朱書きの上、書留で送付してください。なお、応募書類は原則として返却いたしません。

お茶の水女子大学教員(助教または講師)公募

お茶の水女子大学の三宅亮介先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

お茶の水女子大学教員(助教または講師)の公募について

詳細は、http://www.ocha.ac.jp/recruitment/body/d000047_d/fil/h281014-1118.pdf
7
_d/fil/h281014-1118.pdfをご参照ください>をご参照ください。

1. 職名及び人員:助教(Assistant Professor)又は講師(Lecturer)1名(常勤、年俸制、任期5年:ただし任期途中でテニュア審査を実施

2. 所 属:お茶の水女子大学 基幹研究院 自然科学系

3. 勤務場所:お茶の水女子大学 東京都文京区大塚2丁目1番1号

4. 専門分野:広い意味での無機化学

5.主な担当科目:

(学 部)理学部化学科における無機化学関連分野の講義及び実験

(大学院)理学専攻化学・生物化学コースにおける無機化学関連分野の講義及び演習

6.応募資格:

(1)博士の学位を有する方

(2)平成29年3月31日現在で34歳以下の方

(3)専門分野に関する研究の経験と実績を有し、専門分野に関する教育に意欲のある方

(4)大学院の研究指導(研究指導補助)ができる方

(5)リベラルアーツの精神を有し、それを教育として実践できる方

(6)できれば、英語でも授業ができる方

(7)当該学科及びコースの教員に協力して研究・教育にあたることができる方

(8)テニュア取得後、独立して研究を進めて行く能力を有する方

7.採用予定日:

平成29年2月1日以降、着任可能な最も早い日。任期期間は、手続き完了日から5年。(任期途中でテニュア審査を実施する。)

8.提出書類:

(1)履歴書(写真貼付、押印、学歴・職歴・受賞歴・所属学会・住所・E-mail アドレス等を明記のこと)

(2)研究業績一覧(論文(審査の有無別)、著書、招待講演、学会発表、その他に分類すること)

(3)主要な論文等の別刷り又は写し(5点以内。業績一覧中に○印を付すこと)

(4)女子大学である本学の教員として就職することへの抱負、本学で行おうとするリベラルアーツ及び専門教育についての考え方と、これま
での教育実績(合わせて2,000字程度)

(5)グローバル女性リーダーの育成についての抱負(1,000字程度)

(6)これまでの研究概要、及び着任後の研究計画(A4 判各1~2枚程度)

(7)学会における活動実績、これまでの研究費獲得状況、及び社会貢献の一覧

(8)学位記の写し又は学位授与証明書

(9)推薦書2通、又は応募者に関して問合せ可能な2名の方の氏名・所属・E-mail アドレス・電話番号

(10)返信用葉書(書類受理通知用、宛先明記のこと)

なお、(3)、(8)、(9)及び(10)以外は、書式を原則 A4 判に統一すること。

9. 選考方法:
(1)第1次選考 書類審査
(2)第2次選考 第1次選考合格者に対してのみ面接審査(平成28年11月下旬又は12月上旬を予定)

実施日時等は、第1次選考合格者に、第1次選考結果と併せて通知します。 なお、面接等に係る旅費、宿泊費等は応募者の負担とします。
最終的な選考結果は、本人宛に郵送にて通知します。

10.提出期限:

平成28年11月18日(金) 午後5時 必着

11.提出方法:
封筒表面に「化学 教員応募書類在中」と朱記し、提出書類一式を書留又は簡易書留で郵送(宅配便も可)のこと。
12. 提出先:

〒112-8610 東京都文京区大塚2丁目1番1号

国立大学法人お茶の水女子大学長 室伏 きみ子 宛

13. 問い合わせ先:

お茶の水女子大学基幹研究院自然科学系 教授 相川京子

Tel/Fax:03-5978-5345 E-mail:aikawa.kyoko(at)ocha.ac.jp<http://ocha.ac.jp>

お問い合わせは、原則、電子メールでお願いいたします。

東京理科大学薬学部生命創薬科学科教員公募

東京理科大学の青木伸先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京理科大学薬学部生命創薬科学科(生物有機化学)教員公募

公募人員:助教1名
所属:東京理科大学薬学部生命創薬科学科
専門分野:生物有機化学、生物無機化学、超分子化学、有機合成化学
担当科目:有機化学演習、医薬品合成化学実習など
応募資格:
博士の学位を有し(着任時)、生物有機化学、生物無機化学、超分子化学、有機
合成化学分野の知識と技術がある方。薬学部で開講してい
る実習科目の中で、基礎的な実験実習について学生への指導ができること。ま
た、卒業研究および大学院学生の研究・教育にコメントやア
ドバイスができ、薬学共用試験関連科目等において、薬剤師教育に参画できる
方。東京理科大学では、女性人材を積極的に育成、活用し、
活躍を支援する大学となることを目標としています。女性の積極的な応募を期待
します。
採用予定日:平成29年4月1日
選考方法:
(1)書類選考
(2)候補者に対する面接
提出書類:
(1)履歴書(ホームページから東京理科大学指定履歴書をダウンロードくださ
い。http://www.tus.ac.jp/boshuu/kyoin/)(写真添付)
(2)教育・研究等業績書(次の①~⑥業績リスト)
① 研究業績目録
② 科学研究費等助成金獲得実績
③ 教育実績(TAの実績等を含む)
④ 研究論文別刷(主なもの3編程度)
⑤ 研究概要(2,000字程度)
⑥ 生物有機化学、生物無機化学、超分子化学、有機合成化学に関する教育・
研究の抱負(それぞれ1,000字程度)
研究業績目録は論文(レフリー付)、総説、proceeding(レフリー付)、その他の論
文、特許、著書、招待講演、および学術集会(学会、シン
ポジウム・ワークショップなど)の開催などに関する実績を項目別に番号を付
し、現在から過去(西暦)に遡りご記入ください。
科学研究費等助成金実績は過去10年間について代表または分担を明記して、番号
を付してご記入ください。
教育実績は、教育上の実績に関する事項(講義内容や作成した教科書・教材等を
含む) について、番号を付してご記入ください。
(3)応募者について照会可能な方2名の氏名と連絡先
(4)学位記(博士)の写し

応募締切:
平成28年11月15日(火)(必着)(国内から応募される方は、必ず郵送し
てください。現在日本国外にいらっしゃる方からは、メー
ルでの応募も受け付けます。)
応募書類提出先および問合先:
〒278-8510
千葉県野田市山崎2641 東京理科大学薬学部
青木伸(「薬学部生命創薬科学科教員(生物有機化学)応募書類在中」と朱書き
し、書留等で郵送してください。)電子メール:shinaoki
(at)rs.noda.tus.ac.jp<mailto:shinaoki(at)rs.noda.tus.ac.jp>
その他:
連絡はメールで行いますので、 履歴書にアドレスを必ずご記入ください。
提出書類記載の個人情報は、採用選考以外の目的で使用しません。
原則として応募書類は返却しません。
書類選考の上、セミナー等[現在までの教育・研究内容および着任後の教育・研
究の抱負に関する講演<非公開>]、模擬講義及び面接をお願
いすることがあります。但し、宿泊・交通費等は自己負担でお願いしておりま
す。連絡はメールで行いますので、 履歴書にメールアドレス
を必ずご記入ください。

名古屋大学大学院理学研究科テニュアトラック女性助教公募

名古屋大学の田中健太郎先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻化学系 テニュアトラック女性助教 公募

この度、名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系では、男女共同参画(発展型ポジティブアクションプラン)を推進する
ために、研究と教育を主導できる優れた女性助教を下記の要領で公募します。
採用後は、研究の一層の発展を図るとともに、所属する大学院・学部の教育及び管理運営にも取り組んでいただきます。


募集人員: テニュアトラック助教 1名

所属:名古屋大学 大学院理学研究科物質理学専攻化学系

専門分野:合成化学/有機金属化学/光触媒化学

仕事内容:斎藤進教授(大学院理学研究科物質理学専攻化学系 特別研究室PI)および特別研究室のメンバーと連携して研究と教育を行う

分子触媒および分子-半導体ハイブリッド多機能性 触媒の開発とその有機合成・人口光合成(CO2変換を含む)への応用研究に主に携わる

応募資格:以下の条件を満たす女性研究者
・博士の学位を有すること、または2016年度中に博士取得見込みであること
・以下に示すいずれかの分野における実績があることが望ましい。1.有機金属化学/錯体化学、2.有機合成化学、3.分子光触媒化学もしく
は半導体光触媒化学 ・学部・大学院教育に積極的に取り組む意欲があること
任期身分等 待遇:
・任期(身分):着任日から5年間(任期付き正職員)
・給与:年俸制(名古屋大学年俸制適用職員給与規定(平成17年度規定第114号)に定める)
・テニュア付与と昇格:着任日から3年経過以降の中間評価および5年経過前の最終評価(テニュア付与審査)で、講師(任期なし正職員)
への昇格の可否が決定されます。なお、大学院理学研究科テニュアトラック制の詳細については、問合せ先に照会のこと。
名古屋大学におけるテニュアトラック制:http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/kisoku/act/frame/frame110001177.htm

着任時期:採用決定後、なるべく早い時期

応募書類:以下を日本語もしくは英語で作成のうえ提出すること
・履歴書(顔写真添付)
・業績リスト(招待講演、競争的研究資金の獲得状況を含む)・主要論文別刷(5編、コピー可)・これまでの研究概要(A4で2枚程度)
・今後の研究の方向性と教育に対する抱負(A4で1~2枚程度)・意見を伺える方2名の氏名、所属、連絡先

選考方法:書類選考の後、選考通過者に面接審査を実施

応募書類の提出方法:上記の応募書類を1つのPDFファイルにまとめ、電子メールでの添付文書として下記提出先に送信のこと。その際、件
名を「特別研究室テニュアトラック助教応募」として下さい。なお、応募書類受領後に受領通知のメールを送信しますので、必ずご確認く
ださい。
電子メールでの提出が困難な場合、郵送いただいても結構です。郵送の場合、「特別研究室テニュアトラック助教応募書類 在中」と朱書
きのうえ、簡易書留または配達記録郵便にて送付のこと。

応募締切:2016年10月16日 必着

応募書類の提出先および問合せ先:
〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系
斎藤 進
Tel: 052-789-5945 E-mail: saito.susumu(at)f.mbox.nagoya-u.ac.jp

その他:面接のための交通費は自己負担とします。応募書類は返却しませんので、あらかじめご了承下さい。提出書類に含まれる個人情報
は、選考及び採用以外の目的には使用しません。

 

東京工業大学理学院特任助教または助教公募

東京工業大学の河野正規先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京工業大学理学院 特任助教または助教(任期付)の公募

東京工業大学理学院では、化学系化学コースを担当する特任助教または助教を公募します。
この公募では,国立大学改革強化推進補助金による特任助教の雇用を予定しています。
採用後3年以内に、所定の手続きにより,専任教員(助教)へ切り替える予定です。なお,
補助金の採択状況等によっては,採用当初から本補助金による雇用ではなく専任教員として雇用される可能性もあります。
http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/koubo/file/koubo20160823-ic.pdf

1.募集人員: 特任助教または助教 1名

2.所属および勤務地住所: 東京工業大学理学院(化学系化学コース)〒152-8550東京都目黒区大岡山2-12-1-E1-10

3.研究分野 (業務内容等):
(1) 担当科目は、主に学士課程1年次教養科目化学実験であり、2・3年次化学系学生実験および演習科目も分担する。
(2) 研究分野は、触媒化学(小松隆之教授と連携して研究を推進する)

4.応募資格: 博士の学位を取得済み、または平成29年3月までに取得見込みの方。平成29年3月末時点で39歳以下の方(当該補助金受給の条件による)

5.着任時期: 決定後できるだけ早い時期(原則として平成28年度中)

6.勤務形態: 特任教員(専任教員と同等の待遇)/任期3年以内。採用後3年以内に専任教員へ切り替える。(その後は任期5年以内・再任の可能性有り・通算10年以内)

7.待遇: 専任の助教との均衡を考慮して決定する。

8.応募書類: 1. 履歴書  2. 業績リスト(論文と学会発表) 3. 主要論文のコピー(3編以内) 4. これまでの研究の概要(A4用紙2枚程度)、今後の研究と教育に関する抱負(A4用紙2枚程度) 5. 照会可能な方2名の氏名・連絡先

9.応募締切: 2016年10月28日(必着)

10.書類提出先: 〒152-8550 東京都目黒区大岡山 2-12-1  H-58 東京工業大学理学院化学系事務室

11.その他: 東京工業大学では,多彩な人材を確保し,大学力・組織力を高めるため,全ての研究分野において,外国人や女性の参画する均等な機会を確保します。

12.問い合わせ先: 〒152-8551 東京都目黒区大岡山 2-12-1 E1-10  東京工業大学理学院化学系
小松 隆之    電話:03-5734-3532  Eメール:komatsu.t.ad(at)m.titech.ac.jp

 

岡山大学特任助教および特任准教授公募

岡山大学の鈴木孝義先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

岡山大学 異分野基礎科学研究所 特任助教および特任准教授(任期付)の公募

岡山大学異分野基礎科学研究所では、平成28年4月の研究所発足にともない、特任助教と特任准教授の公募を行います。本公募の特任助教と
特任准教授は教育職とは異なり、各分野の担当教授と協力して研究に従事します。
公募の詳細については、以下のURLをご覧ください(ただし、このURLには2プロジェクトの公募が同時に記載されています。今回情報提供す
る公募内容は project (2)です)。
http://www.riis.okayama-u.ac.jp/news/595/

1.募集人員: 特任助教と特任准教授 各1名

2.所属および勤務地住所: 岡山大学 異分野基礎科学研究所 人工光合成・構造生物学研究コア(〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1

3.研究分野 (業務内容等): 光合成・構造生物学(植物、藻類、シアノバクテリアの光合成の構造と機能に関する基礎研究、もしくは人
工光合成に関する研究)。以下のいずれかひとつの研究に従事していただきます。
(1) 光合成タンパク質の構造解析(沈建仁教授と協力して研究を推進する)
(2) 光合成の機能解析(高橋裕一郎教授と協力して研究を推進する)
(3) 人工光合成(鈴木孝義教授と協力して研究を推進する)

4.応募資格:
・博士の学位を有すること。
・英語での会話および文書作成が十分にできること。

5.着任時期: 2016年10月15日以降のできるだけ早い時期

6.勤務形態: 常勤(任期あり)

7.任期: 2年(以後は1年毎に更新で、最長2021年3月末まで延長可)

8.待遇: 実績に応じて特任助教もしくは特任准教授の身分とする。待遇は、岡山大学職員給与規則および就業規則に基づく。
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/kisoku.html

9.応募書類: 応募書類は全て英語で書くこと。
Supporting documents (in English only) required for application:
(1) Curriculum vitae (CV), including evidence of skills/proficiency in English
(2) Statement of research interest and achievements (2 pages)
(3) List of publications, grants, and vision/outlines/plans for future research (2 pages)
(4) Two letters of recommendation or the contact addresses of two referees

10.応募締切: 2016年10月15日(必着)

11.書類提出先: Web応募のみ受け付けます。
All documents should be submitted by 15 October 2016, through the following website:
http://reg.riis.okayama-u.ac.jp/cgi-bin/reg2.cgi/riis2
After your submission, please send Mr. Yasushi Katsube of the RIIS staff (katsube-y(at)adm.okayama-u.ac.jp) an email informing
him that you have applied for a position and submitted the relevant documents.

12.その他:
・Citizens of countries other than Japan are very welcome to apply. The positions are available immediately. Once a decision
has been made, this offer will be closed.
・岡山大学では男女共同参画を推進しています。
・選考の過程で面接を行う場合があります。
・応募書類は返却されません。
・選考結果はメールでお知らせします。

13.問い合わせ先: 岡山大学 異分野基礎科学研究所 教授 鈴木孝義
TEL:086-251-7900  E-mail:suzuki(at)okayama-u.ac.jp
URL: http://www.riis.okayama-u.ac.jp/

兵庫県立大学大学院物質理学研究科准教授公募

兵庫県立大学の阿部正明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

兵庫県立大学大学院物質理学研究科准教授公募

1. 募集人員:准教授1名
2. 所  属:大学院物質理学研究科 物質構造制御学部門 機能性物質学II分野。現在、同分野には、山田順一教授と角屋智史助教が在職し
ています。
3. 研究分野:有機合成的手法に基づく新しい機能性物質の開発研究と物性評価。
4. 教  育:大学院物質理学研究科および理学部の有機化学関連分野の講義・学生実験と研究指導を担当していただきます。英語での講義
が可能な場合は評価いたします。
5. 応募資格:博士の学位を有し、上記の研究と教育を行なうための実績と熱意をお持ちの方。
6. 着任時期:平成29年4月1日(予定)
7. 任  期:なし。
8. 提出書類:
(1) 履歴書(写真付)
(2) 研究業績リスト(査読誌、総説、著書、プロシーディング、その他に分類すること)
(3) 主要論文別刷りまたはコピー(5編以内)
(4) これまでの研究の概要と教育の実績(2000字程度)
(5) 今後の研究と教育に対する抱負(2000字程度)
(6) 科研費などの競争的研究費の取得状況(代表、分担を明記のこと)
(7) 推薦書(自薦の場合は本人についての意見を伺える方2名の氏名と連絡先)
以上の書類を各1部。また、(1)~(6)の書類をPDFに変換して保存したCD-ROMも同封のこと。
9. 応募締切:平成28年10月19日(水)必着
10. 書類送付先:〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号
兵庫県立大学大学院物質理学研究科長 赤浜 裕一
経営部総務課気付 TEL: 0791-58-0101
封筒に「機能性物質学Ⅱ分野准教授応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送のこと。なお、原則として応募書類は返却しません。
11. 問い合わせ先:〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号
兵庫県立大学大学院物質理学研究科 山田 順一
TEL: 0791-58-0162(直通) E-mail: yamada(at)sci.u-hyogo.ac.jp

なお、当研究科のホームページのURLはhttp://www.sci.u-hyogo.ac.jp/です。

兵庫県立大学大学院物質理学研究科教授公募

兵庫県立大学の阿部正明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

兵庫県立大学大学院物質理学研究科教授公募

1.募集人員: 教授1名
2.所  属: 大学院物質理学研究科 物質科学専攻 物質反応解析学部門 化学分析学分野
なお現在、同分野には、安川智之准教授と松原則男助教が在職しています。
3.研究分野等:広い意味での分析化学(特に新しい方法論の開発に意欲をお持ちの方を歓迎致します)。
4.教  育:大学院物質理学研究科および理学部の分析化学関連分野の講義と研究指導を担当していただきます。
英語での講義が可能でその実績がある場合は評価致します。
5.応募資格:博士の学位を有し、上記の研究と教育を行なうための充分な実績と熱意をお持ちの方。
なお、兵庫県立大学は男女共同参画を推進していますので、女性研究者の応募も歓迎致します。
6.着任時期:平成29年4月1日(予定)
7.任  期:なし
8.提出書類:(1) 履歴書
(2) 研究業績リスト(査読誌、総説、著書、プロシーディングス、その他に分類すること)
(3) 主要論文別刷またはコピー(5編以内)
(4) これまでの研究の概要と教育の実績(2000字程度)
(5) 今後の研究と教育に対する抱負(2000字程度)
(6) 科研費などの、競争的研究費の取得状況(代表、分担を明記のこと)
(7) 推薦書または本人についての意見を述べられる方2名の氏名と連絡先
(1)~(6)の書類に関しては、各一部の印刷体と、PDFファイルを入れたUSBメモリあるいはCD-ROMを同封すること。
9.応募締切:平成28年10月14日(金)必着
10.書類送付先:〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号
兵庫県立大学大学院物質理学研究科長 赤浜裕一
経営部総務課気付 TEL: 0791-58-0101
封筒に「化学分析学分野教授応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送のこと。なお、原則として応募書類は返却しません。
問い合わせ先:〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号
兵庫県立大学大学院物質理学研究科 本間健二
TEL: 0791-58-0167(直通)  E-mail: honma(at)sci.u-hyogo.ac.jp

なお、当研究科のホームページのURLはhttp://www.sci.u-hyogo.ac.jpです。

大阪市立大学理学研究科教員公募

大阪市立大学の中島 洋先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

大阪市立大学理学研究科 物質分子系専攻 教員公募

大阪市立大学理学研究科では,下記のとおり,物質分子系専攻の専任教員公募を行い
ます。
公募内容の詳細については、
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/jobs/jobs_faculty/faculty をご覧くださ
い。

1. 職名および人数:教授
2. 専門分野:広い意味での有機化学分野
3. 担当予定科目:大学院・学部における専門分野の教育と研究指導、及び全学共通
教育、他
4. 応募資格:
・博士の学位を有し大学院教育(前期・後期博士課程)を担当できる方
・全学共通教育科目、専門教育科目を担当できる方
・広い意味での有機化学分野において優れた業績を有する方
・大学の管理運営に関する能力と熱意のある方
5. 着任時期:2017年4月1日
6. 提出書類:
(1)履歴書(本学指定様式)
(2)研究業績リスト
(3)主要論文10編
(4)研究助成金の取得状況(代表と分担に分け、降順に記載)
(5)これまでの研究概要(主要論文と関連づけて2000字程度)
(6)今後の研究・教育に対する抱負 (2000字程度)
(7)その他
(8)所見を求められる方2名の氏名と連絡先・電話番号・e-mail アドレス
(9)(1)~(8)の項目を含むPDFファイル(一つのファイルとすること)を納
めた電子媒体(CD-ROM:1枚)
7. 応募締め切り日: 2016年10月17日(必着)
8. 選考方法
(1)1次選考(書類選考)
(2)2次選考(必要に応じて面接等をおこなう)
※ なお、面接等のために要する経費は、応募者の負担とします。
9. 書類送付先:〒558-8585 大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138 公立大学法人大阪市
立大学 法人運営本部 人事課
10. 照会先: 大阪市立大学 理学研究院/理学研究科・物質分子系専攻 専攻主任
中島 洋
電話:06-6605-2546 E-mail:nakajima(at)sci.osaka-cu.ac.jp
11. その他
・選考に関する審査内容は公表しません。
・提出書類は返却しません。
・本学では,男女共同参画の理念・国際化の理念に基づき、専門分野が合致し、同党
の教育・研究業績があると認められる場合には、女性教員や外国人教員を積極的に採
用します。

上智大学理工学部物質生命理工学科教員公募

上智大学の長尾宏隆先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

上智大学理工学部 物質生命理工学科 教員公募

上智大学理工学部は,下記により,物質生命理工学科の専任教員の公募を行います。
本学では,理工学部を含め女性研究者支援を推進しており,優秀な女性研究者の
積極的な応募を歓迎します。

1.     職名および人数:助教(5年任期,但し昇任の可能性あり)1 名
2.     専門分野:有機合成化学(有機金属化学・均一系触媒化学など周辺分野を含む)
3.     担当予定科目:有機合成化学(学科専門科目),ゼミナール,卒業研究,
化学実験(学生実験),有機合成化学特論(大学院),英語コースの講義科目,他
4. 応募資格:
・ 上智大学はキリスト教(カトリック)に精神的基盤を置く大学です。
また,理工学部は,本学の特徴である高い国際性を大きな柱のひとつとしています。
本学の建学精神並びに高い国際性と語学重視の教育方針を理解し,教育・研究および
学内運営に熱意をもって取り組んでいただける方を募集します。
・博士の学位を有することあるいは着任時までに取得見込みであること
・卒業研究・大学院研究指導ができること
・英語で講義ができること
5. 着任時期:2017年4月1日
6. 提出書類:
・ 履歴書(A4 版,写真貼付,E-mail Address を明記のこと) 1通
・ 研究業績リスト(A4 版) 1 通
・ 科研費等外部資金取得リスト(A4 版) 1 通
・ 主要論文別刷り(コピー各1 部またはPDFでの提出可)
・ これまでの研究概要(A4 版,2000 字程度) 1 通
・ [教育歴のある方のみ] これまでの教育概要(A4 版) 1 通
・ 着任後の研究計画と教育への抱負(A4 版,2000 字程度) 1 通
・ 応募者について問合せできる方2 名(氏名・連絡先)
注:応募書類郵送と同時に,氏名,所属,電話番号,E-mail address,
連絡先住所(郵便番号含む)の電子情報をh-nagao(at)sophia.ac.jp に,
件名「上智・物質生命教員応募(有機合成化学)(氏名)」で送信すること
7. 応募締め切り日: 2016年10月11日(必着) 書留郵便にて送付のこと
8. 書類送付先:〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学理工学部長 築地 徹浩
封筒の表面に「物質生命理工学科教員応募(有機合成化学)」と朱書して下さい。
9. 照会先: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学理工学部物質生命理工学科長 長尾宏隆
電話:03-3238-3478  Fax:03-3238-3361  E-mail:h-nagao(at)sophia.ac.jp
10. 選考方法
・第一次選考:書類審査による選考
・第二次選考:(書類審査通過者のみ)着任後の教育・研究に対する抱負,
自身の研究紹介に関する公開セミナーおよび模擬講義の後,面接による選考。
日時等は本人に直接連絡します。
11. その他
・独立して研究室を主宰していただきます。
・選考に関する審査内容は公表しません。
・提出書類は返却しません。

崇城大学工学部ナノサイエンス学科教員公募

◇崇城大学工学部ナノサイエンス学科 教員公募◇

1.募集人員 教授または准教授 1名

2.所  属 工学部 ナノサイエンス学科

3.専門分野 物理化学に関する分野

4.担当科目 物理化学の分野に関する科目および実験

5.応募資格
1)博士の学位を有する方または着任時までに取得可能な方で、専門分野で優れた研究業績を有する方。
2)本学の教育理念を理解し、熱意と意欲を持って学部および大学院の教育・研究を担当できる方。
3)学部・学科等の運営業務に積極的に参画できる方。
4)英語による講義・指導もできる方(海外での研究経験のある方が望ましい)。外国人の場合には、学内の諸業務の遂行が可能な日本語運用能力を有する方。

6.着任時期 2017年4月1日
(採用後3年間は1年ごとの更新。4年目以降は任期なし教員に移行。)

7.給 与 等 崇城大学給与規程による。(適性や経験などを考慮)

8.提出書類
1)履歴書(学歴、職歴、社会活動、取得資格など、最近の写真を添付し、連絡先とE-mailアドレスを明記のこと。様式は自由ですが、採用時には本学所定様式の履歴書を提出していただきます。)
2)教育研究業績書(教育上の業績、職務上の業績、英語での講義実績またはそれに準ずる実績、論文リストは査読付き論文とその他の論文を区別すること。また、外部資金の獲得実績や登録特許、著書・解説文などもあれば記載すること。様式については①と同様です。)
3)本学における教育・研究に対する抱負(各800字程度、書式自由)
4)主要研究業績(著書または論文)5編以内(コピー、別刷可)
5)応募者について所見を伺える方2名の氏名、連絡先、現職、応募者との関係を記載したもの(書式自由)

9.応募締切 2016年 9月 20日(火)(必着)

10.選考方法 一次選考:書類審査、二次選考:学科面接、最終選考:理事長・学長面接
(二次選考においては、プレゼンテーションと模擬授業を実施していただきます。詳細は二次選考のご案内の際にお知らせします。)
※選考時の交通費・宿泊費は応募者の負担となります。

11.書類提出先/問い合わせ先
〒860-0082 熊本県熊本市西区池田4丁目22番1号
崇城大学工学部ナノサイエンス学科 学科長 教授 友重竜一
TEL: 096-326-3749(研究室直通)
E-mail:tomosige(at)nano.sojo-u.ac.jp
※応募封筒には『ナノサイエンス学科 教員応募書類在中』と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。なお、主要著書等の現物を除いて、他の応募書類は原則として返却いたしません。

12.そ の 他
1)個人情報の保護について
応募書類に含まれる個人情報は、選考のみに使用し、他の目的には一切使用しません。
2)グローバル人材の育成について
本学はグローバル人材の育成を推進しています。英語の授業ができる方の応募を歓迎します。
3)男女共同参画社会の推進について
本学は、男女共同参画社会基本法の精神に基づき、男女共同参画社会の推進に取組んでおり、女性候補者の応募を歓迎します。

以上

奈良女子大学研究院自然科学系教員公募

奈良女子大学の三方裕司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

奈良女子大学研究院自然科学系化学領域では教員の公募を以下の通り行います。
本件は,本学ホームページの教員公募情報
http://www.nara-wu.ac.jp/nwu/news/H28news/20160610.pdf)にも掲載しております。

1.  募集人員: 助教1名
2.  所属: 奈良女子大学研究院自然科学系化学領域
3.  専門分野・担当: 有機合成化学を基盤とした生命現象の解明および制御を目的
とした化学および環境に関する研究を展開できる方。三方裕司教授と協
力し,学部及び大学院において学生の研究指導ができる方。また,基礎化学や有
機化学系の講義・学生実験・演習,共通教育科目の講義・化学実験,及び環境
科学系の講義等を担当していただきます。
4.  応募資格: 博士の学位を有する方,あるいは,着任までに博士の学位を取得で
きる方。
5.  任期: 5年(延長なし)。但し,任期終了時までに審査を行い,教育研究業績が優
秀と認められた場合には准教授(任期なし)への昇任を可とする。
6.  着任時期: 平成29年4月1日
7.  提出書類: (1) 履歴書(写真貼付),(2) 研究業績リスト(査読付原著論文,著書,総
説,受賞,その他に分類),(3) 競争的研究資金獲得状
況(代表,分担の区別を要する),(4) 主要論文の別刷り(5編以内,コピー可,研究業績
目録に○印),(5) 現在までの研究概要と今後の研究に対する
抱負(A4用紙1枚程度),(6) 本学での教育に対する抱負と学部学生・大学院生の指導
方針(A4用紙1枚程度),(7) 照会可能な方2名の氏名と連絡
先。
8.  その他: 国籍は問いませんが,学生の教育・研究指導ができる日本語能力を
有することが必要です。奈良女子大学は,男女共同参画を推進し,女
性教員の採用促進を図るためのポジティブ・アクションに取り組んでいます。
9.  留意事項:選考の過程で,応募者の方にセミナーを行って頂く場合があります。
10.  応募締切:平成28年10月31日(月)消印有効。
11. 書類提出先・問合せ先: 〒630-8506 奈良市北魚屋西町 奈良女子大学研究院自然
科学系化学領域代表 吉村倫一 (「教員応募書類在中」と朱書
し簡易書留または配達記録の残る宅配便で送付してください)。
電話&FAX (0742)20-3393 E-mail:yoshimura(at)cc.nara-wu.ac.jp

弘前大学教育研究院自然科学系教授公募

弘前大学の岡崎雅明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

弘前大学教育研究院自然科学系では、以下の要領で機能材料化学分野教授を公募いたします。
本件は、本学ホームページの教員公募情報(http://www.hirosaki-u.ac.jp/14650.html)にも掲載しております。

1.募集人員:教授1名(任期なし)
2.所 属:自然科学系 機能創成科学領域
3.専任担当:理工学部物質創成化学科
4.専門分野:エネルギー創成を指向した材料化学
(化学を基盤とした「ものづくり」や新物質創成を指向し、学科内教員と連携しながら熱意を持って活発に教育・研究および社会貢献に取り組んでいただける方)
5.担当科目:
理工学部:物質創成化学科における基礎化学、エネルギー創成を指向した材料化学を含む化学系応用科目、化学系専門実験、全教員担当の科目など
大学院理工学研究科:専門分野に関連した科目、研究指導に関連した科目など
教養教育科目:基礎ゼミナール、地域学ゼミナール、自然・科学科目群など
6.応募資格:
(1)博士の学位を有する方
(2)大学院博士前期課程・後期課程において主指導教員として教育研究指導ができる
7.着任時期:平成29年4月1日以降のできるだけ早い時期
8.選考方法:
(1)書類選考
(2)候補者に対する面接(模擬講義を含む)
9.提出書類:
(1)履歴書(写真貼付)
(2)研究業績リスト[査読付学術論文、総説または解説、著書、国際学会発表、招待講演(国内外)、国内・外国特許(特許公開番号、登録されていれば特許番号)、受賞に分類して年代の古いものから順に、題目、単著・共著の別、発行年/発表年、発行所や発表雑誌または発表会議の名称、著者名(本人を含む全員)等を記載してください。]
(3)主要論文の別刷またはコピー(5編)
(4)外部資金獲得状況(外部資金の種類、名称、金額、代表者/分担者の別)
(5)これまでの教育・研究および社会貢献の概要(A4判2~3枚程度)
(6)今後の教育・研究および社会貢献に関する抱負と計画(A4判2~3枚程度)
(7)応募者に関する参考意見を伺える方2名の氏名と連絡先
(氏名、所属、役職、連絡先所在地、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
(8)応募者の連絡先
10.応募期限:平成28年10月31日(月)(必着)
11.書類提出先:
〒036-8561 青森県弘前市文京町3番地
弘前大学大学院理工学研究科 総務グループ(総務担当) 宛

※封筒に「教員応募書類(機能材料化学分野教授)」と朱書きし、簡易書留、レターパック、宅配便、国外からはEMSなど、送付記録の残る方法で送付して下さい。
12.問い合わせ先:
〒036-8561 青森県弘前市文京町3番地
弘前大学大学院理工学研究科 総務グループ(総務担当)
電話:(0172)39-3503、ファクス:(0172)39-3513、メール: jm3505(at)hirosaki-u.ac.jp

備考:
(1)弘前大学では、担当の授業科目が教職認定科目に相当する場合、所属が「自然科学系機能創成科学領域」の他に、「教員養成部門」にも所属することになります。
(2)面接の際の旅費は応募者の負担とします。
(3)応募書類は原則として返却いたしません。
(4)採用後の給与については、弘前大学規定による年俸制が適用されます。
(5)弘前大学は男女共同参画を推進しています。業績及び資格等に関わる評価が同等と認められる場合には女性を優先的に採用します。面接時の交通費支援を含む支援策については、男女共同参画推進室ホームページ(http://www.equ.hirosaki-u.ac.jp/equality/)をご覧ください。

中央大学理工学部応用化学科教員公募

中央大学の小松晃之先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

中央大学理工学部応用化学科では、以下の内容で教員の公募を行いますので、関係各位にご周知下さい。

1.募集人員:任期制助教2名(各専門分野ごとに1名)
2.所 属:中央大学理工学部応用化学科
3.専門分野:
①有機金属化学(有機金属化合物の合成、反応性、物性とそれを利用した有機化学に関する研究。石井洋一教授と協力して研究・教育を行う。)
②生命分子化学(生化学、高分子化学、錯体化学に立脚したバイオマテリアルの合成と応用に関する研究。小松晃之教授と協力して研究・教育を行う。)
4.担当業務:学生実験、演習、卒業研究の指導のほか、学部内規に定められた業務
5.応募資格:平成29年3月31日の時点で博士の学位を有し、上記専門分野の研究・教育に意欲的に取り組める方
6.着任時期:平成29年4月1日
7.任 期:最長5年(途中、更新審査有り)
8.待 遇:本学の規定による
9.選考方法:一次選考(書類審査)、二次選考(面接、セミナー含む) 尚、面接のための旅費、宿泊費などは応募者の負担とします
10.提出書類:
(1)履歴書(写真貼付、電子メールアドレス記入、学歴・職歴、受賞歴、所属学会など)
(2)研究業績リスト(有審査の学術論文など)
(3)主要論文の別刷り(3編以内)
(4)研究概要(A4版2枚)、今後の研究計画および教育に対する抱負(あわせてA4判1枚)
(5)研究費獲得状況
(6)推薦状(1通)または応募者に関して所見を伺える方2名の氏名・連絡先(電話番号・電子メール含む)
(7)切手を貼った返信用封筒(選考終了後、応募書類の返送を希望する場合)
11.応募締切: 平成28年10月7日(金)書類必着
12.書類送付先・問合先:
〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27 中央大学理工学部応用化学科
学科長 片山建二
電話:03-3817-1913、FAX:03-3817-1913
E-mail: kkata(at)kc.chuo-u.ac.jp

簡易書留で郵送。封筒に「①有機金属化学助教応募書類」または「②生命分子化学助教応募書類」と朱書すること。

九州大学大学院理学研究院教授公募

九州大学の大場正昭先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

九州大学大学院理学研究院化学部門では、以下の要領で無機・分析化学講座担当教授
を公募いたします。

1. 研究分野:分析化学または無機化学に立脚した先端研究を推進可能な方

2. 授業担当:分析化学および無機化学(学部および大学院)、分析化学または無機
化学学生実験、基幹教育科目(全学教育科目)など(英語での講義を含む)

3. 提出書類:
(1) 履歴書
(2) 研究業績目録
a. 審査を経た論文
b. 著書・総説
c. その他(紀要、特許など)に分類し、それらをさらに研究内容別分類して年代順
に並べて下さい。また応募者が第一著者あるいは主著者である論文には〇印、主要論
文の別刷として提出したものには◎印をつけて下さい。
d. 学会発表(本人の招待・依頼講演のみ)
(3) 主要論文10編の別刷あるいはコピーとその内容の解説(論文あたり200文字程
度)
(4) 研究業績の概要と研究に対する将来の抱負(4000字程度)
(5) 教育実績の概要と教育(分析化学および無機化学の教育を含む)に対する将来の
抱負(3000字程度)
(6) 研究教育等実績調書(様式はhttp://www.scc.kyushu-u.ac.jp/koubo.htmlからダ
ウンロードできます)
(7) 推薦書(健康に関する所見を含む)または、意見を求めうる方2名の氏名(連絡
先を含む)
(8) 参考資料(特筆すべき事項や外部資金獲得状況など)
なお、(3)、(7)以外はA4判に統一して下さい。(1)~(6) および (8)のPDFファイル
を保存したメディアも提出して下さい。

4. 応募締切:平成28年10月3日(月)(必着)

5. 着任予定日:平成29年4月1日以降のできるだけ早い時期

6. 応募書類提出先および問合せ先:
〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学大学院理学研究院化学部門
無機・分析化学講座担当教授候補者選考委員会
委員長 大場 正昭
(電話:092-802-4152、E-mail:ohba(at)chem.kyushu-univ.jp)
応募書類は、「無機・分析化学講座担当教授応募書類在中」と朱書して、配送状
況を追跡可能な郵便または宅配便で送付して下さい。

7. 付記:
(1) 本公募で採用された教授の着任後、教授と連携できる助教の公募を予定していま
す。詳しくは選考委員長にお問い合わせ下さい。
(2) 着任時、本講座には、教授(酒井 健、大場 正昭、松森 信明)、准教授(高橋
和宏、竹原 公、宇都宮 聡)、講師(岡上 吉広)、助教(山内 幸正、越山 友美、
木下 祥尚)が在職予定です。教員組織の詳細については本部門ホームページ(http:
//www.scc.kyushu-u.ac.jp)をご覧下さい。
(3) 選考の最終段階において講演をお願いし、面接を行います。
(4) 給与等(初任給・諸手当)については、理学部等事務部庶務係(電話:
092-802-4003)にお問い合わせ願います。
(5) 九州大学では、男女共同参画社会基本法の精神に則り、教員の選考を行います。
(6) 応募書類等は原則として返却いたしません。

大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻教授公募

大阪大学の真島和志先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻教授公募のお知らせ

1.     公募人員:教授1名

2.     所属:大学院基礎工学研究科物質創成専攻 機能物質化学領域 合成化学講座

(大阪府豊中市待兼山町1-3)

3.     専門分野:有機化学を基盤とした実験化学。精密な合成化学的手法を基盤とし,新物質の創製に基づ

く物性の解明や機能開拓などに取り組み,新たな物質科学の学術領域の創成を行える研究者。

4.     担当講義:有機化学に関する大学院および学部(合成化学コース)の講義を中心にご担当頂きます。

5.     着任時期:2017年4月1日以降できるだけ早い時期

6.     雇用期間:期間の定めなし

7.     勤務形態:常勤

8.   就業場所:大阪大学豊中キャンパス

9.   勤務時間等:国立大学法人大阪大学教職員の労働時間,休日及び休暇等に関する規程によります。

(専門業務型裁量労働制適用)

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/joho/kitei_shugyou.html

10.   給与:国立大学法人大阪大学教職員給与規程によります。

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/joho/kitei_shugyou.html

11.   社会保険等:国家公務員共済組合,雇用保険,労働者災害補償保険に加入。

12.    応募資格:博士の学位を有する方。上記の研究分野に意欲的に取り組み,熱意を持って教育を行って

いただける方。

13.    提出書類:

(1) 履歴書(写真貼付,連絡先,電子メールアドレス記載のこと)

(2) 研究業績リスト(原著論文,総説,国内外学会発表,外部資金取得状況も含む)

(3) 10編以内の主要論文別刷り(コピー可)

(4) これまでの研究の概要 (A4用紙3枚以内)と今後の研究計画書(A4用紙2枚以内)

(5) 教育についての抱負(これまでの教育歴も含めA4用紙2枚以内)

(6) 応募者について所見を伺うことのできる方2名の氏名,所属,連絡先 (外国籍研究者でも可)

14.    応募締切:2016年8月8日(月)必着

15.    書類送付先,問合せ先:
〒560‐8531 豊中市待兼山町1-3

大阪大学大学院基礎工学研究科 物質創成専攻 機能物質化学領域 領域主任

教授 福井 賢一

電話&FAX: 06-6850-6235,  e-mail: kfukui(at)chem.es.osaka-u.ac.jp

16.  その他:

・封筒に「教授応募書類在中」と朱書し,簡易書留で送付してください。提出書類は原則として返却しません。

・書類審査後に必要に応じて面接を実施します。

・基礎工学研究科物質創成専攻機能物質化学領域,および基礎工学部化学応用科学科合成化学コースの研究教育内容については,以下のホームページを参照ください。

機能物質化学領域:http://cobalt.chem.es.osaka-u.ac.jp/GraduateSchool/

合成化学コース(学部):http://www.chem.es.osaka-u.ac.jp/

・大阪大学では,教員・研究員の公募において,女性の応募を歓迎しております。

茨城大学大学院理工学研究科教員公募

茨城大学の高妻孝光先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

茨城大学大学院理工学研究科 教員公募(案)

1. 募集人員:1名 テニュアトラック助教またはテニュアトラック准教授

2. 担当:理工学研究科量子線科学専攻 化学・生命コース

3. 研究分野:
化学分野。複合的に量子線を用いた生体分子を含めた物質分析に関わる実験的研
究を行っている研究者。J-PARCをはじめとする近隣の研究機関、国内外の関連研
究拠点と連携協力した研究活動を積極的に推進していただける方を望みます。化
学・生命コースのみならず、関連コースの研究者とも連携しつつ、量子線科学専
攻における研究の発展に貢献できる方を望みます。

4. 授業担当科目:
量子線科学専攻における博士前期・後期課程の講義・実習や研究指導の他、理学
部の化学系の学生実験、卒業研究をはじめとして化学系の学部教育、および教養
教育にも意欲を持って取り組む方を求めます。量子線科学専攻の前期課程におい
ては、X-ray Absorption SpectroscopyとX線吸収分光演習実験(KEK大学等連携
事業)を担当していただきます。

5. 応募資格:
(1)博士の学位、または外国のPhDを有する方。
(2)教育に熱意があり、新しい研究分野の開拓に意欲のある方。
※男女共同参画社会基本法の趣旨に則り女性の積極的な応募を歓迎します。
なお、国立大学法人茨城大学就業規則第4条の2[欠格事項]に該当しないこと。

6. 着任時期: 2016年10月1日

7. 勤務地: 茨城大学水戸キャンパス(茨城県水戸市文京2-1-1)

8. 提出書類:
(1)履歴書(写真貼付、連絡先には電話番号とE-mailアドレスを記入のこと)
(2)研究業績リスト(著書、学術誌論文、国際会議論文、解説論文・特許など)
(3)主要学術誌論文5編以内の別刷(コピー可)
(4)これまでの教育研究の概要と成果(2000字程度)
(5)大学院および学部での教育研究に関する抱負(2000字程度)
(6)その他参考となる資料(たとえば、学会活動、社会における活動、国際的
活動、外部資金獲得状況、受賞歴など)
(7)応募者に関して意見をお聞きできる方2名の氏名、所属、連絡先 (E-mailアドレスを含む)

9. 応募締め切り: 2016年7月1日(金)(必着)

10.選考方法:
第一次選考 書類審査
第二次選考 第一次選考通過者を対象としたセミナーおよび面接(交通費の支給
はありません)

11. その他:
本学におけるテニュアトラック制度:
任期は5年間です。2年目終了後に中間評価を行い、4年目終了時にテニュア
獲得の資格審査を行います。任期中は教育、研究、社会貢献等の業務を行って
もらいます。

給与は、「年俸制」となります。
国立大学法人茨城大学教職員賃金規程
参照:http://houki.admb.ibaraki.ac.jp/act/frame/frame110000073.htm

12. 書類提出先:
〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1
城大学大学院理工学研究科量子線科学専攻長 高妻孝光
(応募書類の封筒には、「茨城大学大学院理工学研究科教員応募書類(化
学)」と朱書きの上、簡易書留で送付してください。なお、応募書類は原則
として返却いたしません。)

13. 問合せ先:
茨城大学大学院理工学研究科量子線科学専攻 専攻長
高妻孝光
電話:029-228-8372
E-mail:takamitsu.kohzuma.qbs(at)vc.ibaraki.ac.jp

名古屋大学大学院理学研究科特任助教公募

名古屋大学の荘司長三先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 生物無機化学研究室では、
特任助教を公募することになりました。お知り合いの方にお声掛けいただければ有難いです。
http://www.nagoya-u.ac.jp/employment/upload_images/20160512_sci.pdf

1.所属  名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻(化学系)
2.職名・募集人員 特任助教1名
3.給与 名古屋大学年俸制適用職員給与規程に準ずる
4.採用予定日 2016年9月1日以降できるだけ早い時期
5.任期 雇用契約は年度単位、最長で2021年3月31日まで
6.応募資格 博士の学位を有する方、または着任までに取得見込みの方。生体機能関連化学での研究実績のある方、もしくは、化学の高度な知識と実験技術を有し生体機能関連化学分野での研究を強く希望される方。
7.職務内容 本学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)生物無機化学研究室の荘司長三准教授ならびに同研究室スタッフと協力して研究・教育を行う。教育のエフォート は30%とします。研究内容は、①メタンの酸化が可能な酵素反応系の開発に関連した酵素の誤作動を誘起する新規化合物の開発(合成) ②酵素反応系の評価 と酵素の結晶構造解析 ③バイオリアクターの開発
8.応募期限 2016年6月15日 必着
9.選考方法 書類審査後、面接を実施
10.提出書類
(1) 履歴書(写真添付)
(2) 業績リスト
(3) 主要論文の別刷(5編まで)
(4) これまでの研究概要(A4で2枚程度)
(5) 今後の研究計画と教育に対する抱負(A4で2枚程度)
(6) 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先
11.提出方法 上記の提出書類を1つのPDFファイルにまとめ、件名を「生物無機化学研究室特任助教応募」として、以下のアドレスに添付で送付して下さい。なお、受取の返信メールを必ずご確認下さい。
12.書類送付先
〒464-8602 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)主任 斎藤 進
Tel: 052-789-5945 E-mail: saito.susumu(at)f.mbox.nagoya-u.ac.jp
13.問い合わせ先
〒464-8602 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)生物無機化学研究室 荘司 長三
Tel: 052-789-2955 E-mail: shoji.osami(at)a.mbox.nagoya-u.ac.jp
http://www3.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/?page_id=106
http://bioinorg.chem.nagoya-u.ac.jp/

14.備考
名古屋大学では、業績等(研究業績、教育業績、社会的貢献、人物を含む)の評価において、同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。
名古屋大学理学研究科物質理学専攻(化学系)では、特任助教を承継助教と同等と定義しています。
本公募で募集する特任助教は、JST CRESTの研究経費による採用です。
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/en/project/1111089/15658843.html

 

兵庫県立大学大学院物質理学研究科助教公募

兵庫県立大学の阿部正明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

兵庫県立大学大学院物質理学研究科助教公募

1. 募集人員: 助教 1名
2. 所  属: 大学院物質理学研究科 物質構造制御学部門 構造物性学分野
3. 専門分野: 錯体化学
4. 教  育: 学生実験および学部生、大学院生の研究指導に参加していただきます。
5. 応募資格: 博士の学位を有する方あるいは平成28年9月までに博士の学位を取得見込みの方で、
上記の研究と教育を行なうための充分な実績と熱意をお持ちの方。
6. 着任時期: 平成28年10月1日(予定)
7. 任  期: 5年(再任あり)
8. 提出書類:
(1) 履歴書(書式自由、写真付、電子メールアドレスを記載)
(2) 業績リスト(原著論文、総説・解説、著書、プロシーディング、その他に分類し、論文等については
査読の有無を明記のこと)
(3) 主要論文の別刷り又はコピー(3編程度)
(4) これまでの研究の概要と今後の教育・研究に対する抱負(2000字程度)
(5) 科研費など外部研究資金の獲得状況(代表・分担を明記のこと)
(6) 本人についての意見を求め得る方2名の氏名と連絡先
以上の書類を印刷したものを1部。また、これらのPDFファイルをCD-R等のメディアにコピーしたものも同封のこと。
9. 応募締切: 平成28年6月16日(木)必着
10. 書類送付先:〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号
兵庫県立大学大学院物質理学研究科長 赤浜 裕一
経営部総務課気付 TEL: 0791-58-0101
封筒に「構造物性学分野助教応募書類在中」と朱書し、簡易書留にて郵送のこと。
なお、原則として応募書類は返却しません。
11. 問い合わせ先:兵庫県立大学大学院物質理学研究科 阿部 正明
TEL: 0791-58-0155(直通) E-mail: mabe(at)sci.u-hyogo.ac.jp
12. 備  考:
(1) 本公募分野には現在、阿部正明教授と小澤芳樹准教授が在籍しています。
(2) 兵庫県立大学では、男女共同参画社会基本法の精神に則り教員の選考を行っています。
(3) 書類選考後に面接を行う際は、旅費等はご自身で負担願います。
(4) 当研究科の詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.sci.u-hyogo.ac.jp

北海道大学電子科学研究所教授公募

北海道大学の中村貴義先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

北海道大学電子科学研究所教授公募

所属研究部門及び公募人員
附属グリーンナノテクノロジー研究センター(新研究分野) 教授1名

研究分野の内容
ナノテクノロジーに関連する物理学の研究分野。量子効果、電子相関、表面・界面、
メゾスコピック系などの研究を通じて、新たな分野を意欲的に開拓し、エレクトロニクス、
フォトニクス、スピントロニクス等に資する研究を行う。これらの分野の研究者で、
電子科学研究所や国内外の研究者との共同研究を積極的に推進する人材を希望する。

大学院との関係
理学院物性物理学専攻の大学院教育を担当する予定である。

公募〆切
平成28年6月30日(木) 当日の消印有効。

着任時期
決定後できるだけ早い時期。

提出書類
1.履歴書(写真添付)
2.業績リスト
原著論文、総説及び解説論文、著書等に種別すること。
共著者名を記すこと。
論文の最初と最後のページを明記すること。
国際及び国内学会における招待講演。
特許および工業所有権(出願中を含む)。
(トムソン・ロイター社のResearcherIDを取得可能な場合は、ID番号を取得して
論文リストを作成の上、ID番号を本業績リストに記載してください。)
3.これまでの研究の概要(2000字程度。冒頭に概略を箇条書きすること)
4.研究計画、および教育に対する抱負(2000字程度)
(3.4.は、国際共同研究や産官学連携に関する記述も含みます。)
5.研究助成金取得状況(科学研究費補助金、他省庁及び民間も含め、それぞれ
の種目、タイトル、代表、分担の区別、をつけること)。
6.参考意見を求めることができる方(2名)の氏名及び連絡先
7.主要論文の別刷り10編(各1部)
10編の主要論文に関する、DOI(Digital Object Identifier)、引用数(検索に
使用したデータベースを明記すること。トムソン・ロイター社の
Web of Science Core Collectionが望ましい。)、および掲載雑誌のImpact Factor
(トムソン・ロイター社 2014 Journal Citation Reports Science Edition)の一覧を添付すること。
1.-7.をそれぞれ別のPDFファイルとし、保存した記録媒体(CD-R, DVD-R, USBメモリ等)

以上

書類送付先
〒001-0021 札幌市北区北21条西10丁目
北海道大学 北キャンパス合同事務部 総務担当気付
電子科学研究所教授候補者選考委員会

注意事項
封筒には「応募書類在中」と朱記し、書留で郵送すること。

連絡・問い合わせ先
北海道大学 電子科学研究所 西野吉則
電話:011(706)9354、FAX:011(706)9355
Email: yoshinori.nishino(at)es.hokudai.ac.jp

詳細URL:http://www.es.hokudai.ac.jp/organization/recruit.html

九州大学大学院工学研究院応用化学部門教員公募

九州大学の小江誠司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

九州大学大学院工学研究院応用化学部門教員公募

1 募集人員:准教授1名

2 所  属:大学院工学研究院応用化学部門生体機能化学講座に所属し、応用化学部門教員と協力して研究・教育を行う。

3 専門分野:錯体化学、有機金属化学、生物無機化学分野

4 担当講義:有機化学演習、物質科学工学実験、および有機化学・有機金属化学に関する科目

5 着任時期:決定後なるべく早い時期

6 勤務形態:常勤(任期なし)

7 応募資格:
(1)博士あるいは Ph.D の学位を有すること
(2)専門分野に業績があり、学部・大学院学生の教育や研究指導に意欲のある方

8 待  遇:給与及び労働条件については、国立大学法人九州大学就業通則及び九州大学職員給与規程による

9 応募締切:平成28年5月10日(消印有効)

10 提出書類:
① 履歴書(書式自由、写真添付、E-mail アドレスを記載)
② 業績リスト(原著論文、著書、総説、特許など)
③ 主要論文のコピー(10編以内、各1部)
④ これまでの研究業績の概要(2000字程度)
⑤ 着任後の研究構想、教育についての抱負(2000字程度)
⑥ その他参考となる資料(受賞歴、学会活動、競争的資金の獲得状況、社会貢献および産学連携の実績など)
⑦ 意見をうかがえる方2名の氏名、所属、連絡先(勤務先、電話、E-mailアドレス)、応募者との関係

11 送付先・問い合わせ先:
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学 工学研究院応用化学部門 小江誠司
(封筒の表に「教員応募書類剤中」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。応募書類は原則としてお返しいたしません。)
電話:092-802-2818、 E-mail: ogo.seiji.872(at)m.kyushu-u.ac.jp

12 備 考:
(1)必要に応じて、別途資料を提出していただくことがあります。
(2)書類選考後、面接を行う際は、旅費等はご自身で負担願います。
(3)応募書類は、原則としてお返し致しません。なお、応募書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用しません。
(4)九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11 年法律第78 号)の精神に則り教員の選考を行っています。
(5)応用化学部門の詳細は下記アドレスをご参照ください。
応用化学部門分子教室
http://www.cstm.kyuhsu-u.ac.jp

 

大阪市立大学大学院理学研究科博士研究員募集

大阪市立大学の中沢 浩先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

大阪市立大学大学院理学研究科博士研究員の募集

1.募集人員:1名
2.内容:金属触媒を用いたケイ素化合物の反応開発(NEDO開発項目「有機ケイ素機能性化学品製造プロセス技術開発」に関する研究)
3.所属:大阪市立大学大学院理学研究科
4.応募資格:博士号取得者または着任時までに博士号取得見込み者。錯体化学、有機金属化学、またはケイ素化学のバックグランドを有していることが望ましい。
5.着任時期:2016年4月1日(年度毎の契約、延長の可能性あり)
6.応募方法:下記書類を電子メールまたは郵送で下記連絡先に送付
(1)履歴書(書式自由)
(2)研究業績リスト
(3)本人執筆の論文別刷り(3編以内、コピー可、pdfファイル可)
(4)これまでの研究概要
(5)志望理由(1000字程度)
(6)意見を求めうる方(2名)の氏名と連絡先
「選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法」
書類審査の上、面接を行う。なお、応募書類は返却しない。
7.連絡先;558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院理学研究科 中沢 浩
email: nakazawa(at)sci.oaska-cu.ac.jp
Tel: 06-6605-2547

電気通信大学燃料電池イノベーション研究センター特任助教公募

電気通信大学の岩澤康裕先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

電気通信大学 燃料電池イノベーション研究センター 特任助教の公募

【公募人数】 1名

【専門分野】広い意味の電気化学。回転ディスク電極または燃料電池の電気化学的測定・解析を行う。どちらかの測定経験者で意欲がある方なら専門は問いません.電極触媒の調製および放射光XAFSやTEM等を用いた測定・解析に興味がある方を希望します.

【所属】燃料電池イノベーション研究センター
http://www.iwasawalab.pc.uec.ac.jp/
http://www.icfc.uec.ac.jp/

【任 期】最長4年(NEDOプログラム終了:2020年2月末まで)

【応募資格】
(1)博士の学位を有すること, 或いは取得見込みの方、
(2)回転ディスク電極または燃料電池の電気化学的測定に経験のある方

【応募締切】2016年2月29日(ただし, 適任者が見つかり次第,締め切ります)

【着任時期】2016年4月1日(相談可能)

【提出書類】
(1)履歴書(教育・研究歴を含む、書式自由、写真添付)
(2)業績リスト(論文・学会口頭発表・その他)
(3)主要論文のコピー(3編以内、PDFファイル)
(4)これまでの研究成果と今後の抱負(両方でA4 2枚以内)
(5)応募者について照会が可能な方2名の氏名および連絡先
(1)~(5)を下記E-mailアドレスへメールにて提出ください.

【選考方法】書類選考および面接

【書類送付先・問合せ先】
岩澤 康裕
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 燃料電池イノベーション研究センター長
TEL:042-443-5921
E-mail: iwasawa(at)pc.uec.ac.jp

外国人教員(ISP助教)募集のご案内

北海道大学の加藤昌子先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

外国人教員(ISP助教)募集のご案内

北海道大学理学研究院化学部門では、英語での化学教育と研究を推進していただける外国人教員(助教)の募集を行っております。優秀な若手外国人研究者を知っておられる先生はぜひご推薦いただければありがたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
————
1. 募集人員: Assistant Professor 助教
2. 任期:5年(5 years position)
3. 所属:国際本部International Student Center, Office of International Affairs
研究は化学部門の関連研究室で協力して行う
4. 分野:無機、分析化学分野 Chemistry(inorganic or analytical chemistry)
5. 担当:1) 外国人教育コース(ISP)の授業(基礎化学) Teaching fundamental chemistry of the ISP curriculum in English (approximately 6 unit-hours per week per semester). (2) 研究Conducting research in the area of expertise and promote collaboration with our research groups in Department of Chemistry. (3) その他Other duties may include assisting with promotional activities and recruiting the international students by visiting foreign countries.
6. 着任時期: 2016年4月1日以降のなるべく早い時期、April 1, 2016.
7. 公募締切:2016年1月31日 deadline: January 31, 2016.

提出書類に関する詳細等については、以下の募集WEBサイトにて募集要項をご覧ください。

https://www.oia.hokudai.ac.jp/about/jobs-at-hokkaido-university/

 

東京大学大学院理学系研究科博士研究員募集

東京大学の西原 寛先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京大学大学院理学系研究科化学専攻
博士研究員 募集要項

1.募集人員: 1名

2.所属: 東京大学大学院理学系研究科化学専攻無機化学研究室

3.勤務場所: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学大学院理学系研究科化学専攻、最寄駅 東京メトロ千代田線根津駅、丸ノ内線本郷三丁目駅、南北線東大前駅、都営大江戸線本郷三丁目駅

4.待遇: 東京大学の規定に基づき、経験等を考慮し決定

5.応募資格: 博士号取得者または着任時までに博士号取得見込者。超高真空STMの測定経験および有機物取り扱いの経験があることが望ましい。

6.研究内容: 超高真空STMを用いた金属錯体ナノシートの作製・観察・物性評価。
研究室URL:http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~inorg/

7.募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等
JST-CREST「二次元機能性原子・分子薄膜の創製と利用に資する基盤技術の創出」西原チームでは、金属イオンと平面形π共役架橋配位子の様々な組み合わせで、多彩な化学構造、幾何構造の二次元分子薄膜「配位ナノシート(CONASH)」を二相界面でのボトムアップ合成により創製する。その単層・多層シートやヘテロ積層体の精密構造解析と多様な電子、磁気、光物性や化学的性質、メカニカルな特性の探求を行うとともにその魅力的な性質を活用した電子デバイス、光・電気化学デバイス、化学反応システムを創出する。

8.着任時期: 2016年4月以降可能な限り早い時期

9.任期: 1年(常勤、再任可、最長2020年3月31日まで)

10.結果通知方法: 選考結果は電子メールまたは書面で通知します。

11.応募書類:
(1)履歴書(東京大学統一履歴書フォーマット、下記URLより入手可)
http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400007723.xls
(2)研究業績リスト(論文、総説、学会発表、知的財産権、受賞などを項目ごとに記載)
(3)主要論文の別刷(3編以内、コピー可、pdfファイル可)
(4)これまでの研究概要(A4 2ページまで)
(5)応募者の研究活動に関して意見を聞ける方(2名)の氏名、所属、電話番号、電子メールアドレス
以上の書類を1点のpdfファイルにまとめ、メール送信、又はCD-Rなどのメディアにコピーし郵送、により応募)

12.応募締切: 平成28年1月31日必着(ただし、適任者が見つかり次第締切)

13.書類送付先
メールに添付の場合
東京大学大学院理学系研究科化学専攻無機化学研究室
秘書 細矢 由美子
yhosoya(at)chem.s.u-tokyo.ac.jp
件名を「無機化学研究室博士研究員応募」として送付してください。また、受取の返信メールを必ずご確認ください。

メディア郵送の場合
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院理学系研究科化学専攻無機化学研究室
教授 西原 寛
封筒に「無機化学研究室博士研究員応募書類在中」と明記し、簡易書留などで送付してください。

14.問い合わせ先
東京大学大学院理学系研究科化学専攻無機化学研究室
教授 西原 寛
TEL: 03-5841-4346
e-mail: nisihara(at)chem.s.u-tokyo.ac.jp

15.その他: 送付いただきましたメディアは返却しません。応募の秘密は厳守し、応募書類は採用選考目的以外には使用しません。

 

東京理科大学理学部教員公募

東京理科大学の佐竹彰治先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京理科大学理学部第二部化学科教員公募

1. 募集人員:助教1名
2. 所属:理学部第二部化学科
3. 専門分野:有機合成を基盤とする光・電子機能性物質の創成や錯体触媒の開発
4. 担当科目:学生実験(有機化学実験・一般化学実験)
5. 応募資格:博士の学位を有し(あるいは着任時に取得見込み)、上記専門分
野の研究と教育に意欲的に取り組める方
6. 任期:5年
7. 着任時期:2016年 4月1日
8. 提出書類:(A4版横書きを原則とする)
1. 履歴書(写真貼付、高校卒業以降の学歴、職歴、賞罰、資格)
2. 研究業績(著書、学術誌、国際会議論文集、解説・総説、口頭発表、学位
論文、特許、 受賞、招待講演)
3. 教育歴および学会・社会における活動(教育歴、学会活動、社会活動、外
部資金導入)
4. これまでの主要な研究概要(1000字程度)
5. 教育・研究への抱負(1000字程度)
6. 添付書類(主要論文別刷り3編まで、推薦状1通または応募者に関して意
見を伺える2名の方の氏名、役職と連絡先)
9. 応募締切:2016年1月 12日(必着)
10. 選考方法:書類および面接審査

送付先
〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3、東京理科大学理学部第二部化学科
佐々木 健夫
助教応募と朱書の上、簡易書留にて送付のこと。
TEL 03-5228-8277,FAX 03-5261-4631
sasaki(at)rs.kagu.tus.ac.jp
問合せ先:同上

詳細URL:http://www.tus.ac.jp/boshuu/kyoin/

山口東京理科大学先進材料研究所嘱託助教募集

山口東京理科大学の戸嶋直樹先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

山口東京理科大学 先進材料研究所 嘱託助教の募集

【募集人員】嘱託助教 1名

【応募資格】
1.博士号取得者、または着任時までに博士号を取得できる見込みの者
2.有機化学、錯体化学、界面科学などの分野で研究実績を有し、カーボンナノチューブ(CNT)、フラーレンなどを利用した光機能材料(光触媒)の開発に意欲的に取り組める方。

【研究内容】
太陽光を用いた水分解による水素製造を目指したCNT光触媒の高機能化に関する研究。なお、本研究は文部科学省の「地域イノベーション戦略支援プログラム(「やまぐちものづくり」環境・医療イノベーション創出地域)の下で実施している。
詳細HP: http://www.iti-yamaguchi.or.jp/energy/development/

【提出書類】
(1)履歴書(写真添付、書式自由、e-mailアドレス明記)
(2)研究業績一覧(研究論文(査読付き原著論文、査読無し原著論文、総説等を区別)、著書、特許、外部資金の取得実績等を記載)
(3)代表的な原著論文の別刷3編
(4)これまでの研究概要
(5)推薦状2通または、応募者の研究能力を評価しうる者2名の氏名、連絡先

【応募締切】
平成28年12月25日
ただし、採用者が決定次第締め切る場合があります。

【勤務地】山口東京理科大学先進材料研究所(山口県山陽小野田市大学通1-1-1)

【着任時期】平成28年4月1日

【任期】最大3年(ただし、年度毎の更新契約)

【問い合わせ先・書類送付先】
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1
山口東京理科大学工学部応用化学科
池上啓太
TEL: 0836-88-4559
FAX:0836-88-4559
e-mail: ikeue(at)rs.tus.ac.jp

●なお、本学は平成28年4月1日より「山陽小野田市立 山口東京理科大学」として公立化される予定です。

分子科学研究所物質分子科学研究領域特任助教

分子科学研究所の中村敏和先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

分子科学研究所物質分子科学研究領域電子物性研究部門では,
下記,特任助教を行っております.
関係各位にご周知下さいますようお願い申し上げます.

公募情報は下記ホームページ内
https://www.ims.ac.jp/recruit/2015/11/151211.html#003324
からもご覧いただけます.

(この案内を重複してお受け取りの方はご容赦下さい。)

分子科学研究所 中村敏和

——————————————————————–

分子科学研究所 物質分子科学研究領域 電子物性研究部門 特任助教 募集要項

人 数
分子科学研究所 物質分子科学研究領域 電子物性研究部門
分子科学研究所特別研究員(特任助教)1名

研究内容
パルス電子スピン共鳴法を用いて分子集合体の電子状態・機能研究を行う意欲のある若手実験研究者。パルス電子スピン共鳴法を用いた研究経験を有することが望ましい。なお本公募の特任助教は同部門の中村敏和准教授と協力して研究を行う。

応募資格
着任時期の時点で博士の学位を有する者、又は博士の学位取得が確実な者。

雇用期間
年度毎の更新で原則3年 (ただし、審査の上、1年毎の延長を認め、雇用の通算期間は5年を限度とする。)

公募締切
平成27年12月11日(金)(当日消印有効)

着任時期
相談に応じます。

応募方法(書類送付先も含む)
(1)履歴書 (所定様式に従って下さいhttp://www.ims.ac.jp/recruit/rireki.doc
(2)業績リスト (所定様式に従って下さいhttp://www.ims.ac.jp/recruit/teisyutu.html
(3)5編以内の論文別刷
(4)研究業績の概要(A4用紙で2ページ以内)
(5)推薦者の氏名及び連絡先
※原則として、提出書類の返却はいたしません。

書類送付先
及び問合せ先 〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
分子科学研究所 物質分子科学研究領域 電子物性研究部門
中村 敏和 准教授
Tel: 0564-55-7381
E-mail:t-nk(at)ims.ac.jp(送信時に@を半角にして下さい)

選考内容
書類審査の上、面接を実施。ただし、適任者のない場合は、決定を保留することがある。

東京工業大学資源化学研究所教授公募

東京工業大学の穐田宗隆先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京工業大学 資源化学研究所 教授公募
人員: 資源化学研究所 教授 1名
専門分野: 物質・機能創出化学
応募資格:新化学物質の創製や機能創成について先導的かつ国際的な研究業績がある方。博士号を有し、大学院の研究教育指導を担当できる方。
着任時期:平成27年度内に着任できる方
提出書類:詳細URL参照のこと
公募締切:平成27年11月30日(月)
書類送付先:
〒226-8503 横浜市緑区長津田町4259 R1-32
東京工業大学 資源化学研究所 事務室
「資源化学研究所教授応募書類」と朱書、書留で郵送のこと。応募書類は返却いたしません。
問い合わせ先:資源化学研究所 穐田(あきた)宗隆
電話:045-924-5230 e-mail : makita(at)res.titech.ac.jp
詳細URL:http://www.res.titech.ac.jp/news/recruitment/_1.html

自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター特任助教公募

東京大学の平岡秀一先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

特任助教:1名
資格:博士号取得者、あるいは同等の研究能力を有する者。

有機化学・超分子化学、生命分子科学の融合によって、生命分子素子が動的な秩序を形成して高次機能を発現する仕組みを解き明かすことに意欲のある若手研究者。

研究内容
下記ホームページをご参照ください。
http://seimei.ims.ac.jp

提出書類
(1)履歴書
(2)研究業績一覧(論文リスト、学会発表リスト)
(3)推薦状または、応募者の研究能力を評価しうる者の氏名、連絡先

応募締切日
2015年11月27日。ただし、採用者が決定次第締め切る場合があります。

勤務地および着任時期
自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター。採用決定後できるだけ早い時期。

問い合わせ先・書類送付先
〒444-8787 愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
自然科学研究機構
岡崎統合バイオサイエンスセンター
生命動秩序形成研究領域・生命分子研究部門
自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター 加藤晃一
TEL: 0564-59-5225
FAX: 0564-59-5224  (または、TEL & FAX: 052-836-3447)
E-mail: kkatonmr(at)ims.ac.jp

高知大学農林海洋科学部講師または助教公募

高知大学の上田忠治先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

高知大学 農林海洋科学部 海洋資源科学科 海底資源環境学コース 講師または助教公募

このたび、国立大学法人高知大学では平成28年4月から農学部農学科を海洋資源系教育組織である海洋資源科学科の新設を含む農林海洋科学部(農林資源環境科学科、農芸化学科、海洋資源科学科)へ改組することを計画しており、下記の要領で教員を公募いたします。つきましては、この旨を関係者に広くお知らせいただきたく、よろしくお取り計らいくださるようお願い申し上げます。

1.職名・人員 講師または助教 1 名

2.担当学部 農林海洋科学部 海洋資源科学科 海底資源環境学コース
※ なお、本学教員は教育組織と分離した教員組織(教育研究部の学系・部門)に所属することとしており、本公募に当たっては、選考後に研究分野等に応じ、学系・部門を確認することとします。

3.専門分野 海底鉱物資源に含まれる金属を用いた無機化学および物理化学に関連する分野。
特に、錯体化学に関する分野。

4.担当授業科目 資源に関連する化学系の専門科目の講義、演習および実験、卒業論文演習Ⅰ・Ⅱ、卒業論文、共通教育科目等。

5.応募資格
(1) 博士の学位を有する者(採用日までに取得見込みの者を含む)。
(2) 本学大学院において、教育、研究指導に係る校務を担当できる者。
(3) 海底鉱物資源に含まれる金属に関する応用化学ならびに錯体化学について広い知識を有し,海底資源に関連する研究へ応用が出来る者。
(4) 多様な研究機関等と教育・研究・社会貢献において連携することができる者。
(5) 地域貢献や全学的な教育プログラムに積極的に取り組むことができる者。
(6) 教育研究とともに、管理運営等の学内業務に積極的に取り組むことができる者。
(7) 科学研究費助成事業を含む外部資金に代表者として応募することができる者。
6.応募期限 平成27年12月22日(火)(17時必着)
7.採用予定日 平成28年4月1日
8.選考方法 (1) 一次選考 提出された書類により候補者を選考する。
(2) 二次選考 一次選考を通過した候補者について、本学の学生に講義することを想定した模擬授業(自身のこれまでの研究内容もしくは担当授業科目に関する内容で、30分間程度)及び面接(平成28年1月を予定。日程については相談に応じます)を行い、その際に教育能力等を審査する。詳細は別途候補者に連絡する。(旅費は自己負担)

9.提出書類
(1) 履 歴 書(様式1)
(2) 研究業績書 (様式2) 学術論文(査読の有無を区分すること)、総説、著書、特許、国際会議のPROCEEDINGS等
(3) 主要論文等5報の別刷(各7部、コピー可)
(4) 過去の研究実績及び教育実績(例:学部・大学院における過去の担当授業科目等)並びに社会貢献に関する業績一覧表(A4用紙、様式・長さ自由)
(5) 今後の研究(特に、海底鉱物資源に関する金属の応用研究について記述のこと)・教育・地域貢献及び管理運営についての計画や抱負(A4用紙各1,500字程度、様式自由 )
(6) その他参考となる資料
※ 提出書類の(1)及び(2)の様式1・2は、本学のホームページからダウンロードすること。
http://www.kochi-u.ac.jp/outline/other/saiyou/
※ 審査終了後に(3)主要論文等は返却するので、応募書類返送用封筒(返送先明記)を同封すること。

10.給与等 年俸制を適用。 給与は、「国立大学法人高知大学年俸制適用職員給与規則」による。
11.その他 高知大学では、男女共同参画推進室(http://www.kochi-u.ac.jp/sankaku/)を設置して女性研究者支援を推進しており、教員公募においても女性研究者の積極的な応募を歓迎します。12.提出先 〒783-8502 高知県南国市物部乙200 (電話 088-864-5114)
高知大学農林海洋科学部海洋資源科学科(応用資源化学)教員選考委員会委員長宛
なお、提出書類は「簡易書留」とし、封筒に「教員応募(農林海洋科学部(応用資源化学))関係書類在中」と朱書きのこと。

※ 照会先 ご不明な点の問合せ先: 高知大学教育研究部自然科学系理学部門
教授 村山雅史(e-mail:murayama(at)kochi-u.ac.jp)
教員公募全般に関すること:物部総務課総務係 (e-mail:km03(at)kochi-u.ac.jp)
給与等に関すること:人事課人事管理係(e-mail:kj07(at)kochi-u.ac.jp)

高知大学理工学部応用化学・生命理工学科分析化学分野講師公募

高知大学の松本健司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

高知大学 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称) 分析化学分野 講師公募

このたび、国立大学法人高知大学では平成29年4月から理学部を改組し、理工学部(数学物理情報学科、生物圏科学科、応用化学・生命理工学科、地球環境防災学科)を設置することを構想しており、下記の要領で教員を公募いたします。(組織名称はすべて仮称)なお、今後、新学部の設置に関わる審査を受けることを予定しています。

1. 公募人員:講師1名
2. 所属:高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門
3. 担当学部:理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)
4. 専門分野:広い意味での分析化学
5. 担当授業科目:
[学 部] 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)の専門科目(分析化学演習、化学生命理工学実験(分析化学分野)、基礎化学実験、理工学英語ゼミナールなど)、卒業研究指導及び関連する共通教育科目等
[大学院] 総合人間自然科学研究科理学専攻の科目及び研究指導
6. 応募資格:
(1) 博士の学位(工学系またはそれに準ずる学位が望ましい)を有する方。
(2) 本学大学院において、教育、研究指導及び講義を担当できる方。
(3) 広い意味での分析化学に関連した研究を推進できる方。特に,学内外の研究者との共同研究や産学連携を積極的に推進できる方が望ましい。
(4) 全学的な教育プログラムにも参加、または協力する意思のある方。
(5) 教育・研究とともに、地域貢献・管理運営等の学内業務に積極的に取り組むことができる方。
(6) 在職中は、科学研究費助成事業を含む外部資金に代表者として応募することができる方。
7. 応募締切:平成27年11月24日(金)17時00分必着
8. 採用予定日:平成29年 4月1 日
※平成29年4月の改組構想に関係し、新学部の設置に関わる審査を受ける必要があるた
め、平成27年度中に、平成29年4月1日採用予定者の決定を行うものです。
9. 選考方法:
(1) 一次選考 提出された書類により候補者を選考する。
(2) 二次選考 一次選考を通過した候補者について、本学の学生に講義することを想定した模擬授業(自
身のこれまでの研究内容もしくは担当授業科目に関する内容で、30分程度)及び面接を行
い、その際に教育能力等を審査する。
※二次選考は、平成27年11月下旬~12月上旬を予定。
一次選考を通過した候補者の方には、E-mail等で詳細を連絡いたします。
※本学への来学に係る旅費等、必要な費用は応募者の負担とします。
10. 提出書類:(用紙はA4版を使用すること)
(1) 履歴書(様式1、高知大学ホームページから取得可能)
(2) 研究業績一覧(様式自由)
(A. 査読のある原著論文および総説、B. 査読のない原著論文および総説、C. 著書、D. 解説、報告
などその他の出版物でとくに参考となるもの、E. 特許、受賞等、F.国際会議での発表、国内外の
招待講演等)
(3) 研究業績別刷各2部(原著論文・総説・著書についてはすべて提出のこと、コピー可)
(4) これまでの研究の概要(2000字程度、様式自由)
(5) 教育業績一覧(大学等における授業の担当、学生の研究指導、社会における教育活動等)
(6) 着任後の教育と研究に対する抱負(2000字程度、様式自由)
(7) 科研費等の外部資金獲得履歴(研究種目、課題名、研究期間、代表・分担の区別、直接・間接経費の
区別、個人への配分金額等を明記のこと)
(8) 所見を伺える方2名の氏名、所属、役職及び連絡先(E-mailアドレスを含む)
そのうち1名の方からの推薦書が二次選考時に必要となります。
(9) 一次選考を通過した候補者の方には、全ての業績の現物を提出していただく場合があります。
※ 提出いただいた上記(1)-(9)の書類は返却いたしませんので、ご留意願います。
11. 応募書類の送付先および問い合わせ先:
〒780-8520 高知市曙町2丁目5-1 高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門 渡辺 茂
E-mail:watanabe(at)kochi-u.ac.jp
※ なお、封筒等には「分析化学分野教員(講師)応募書類在中」と朱書し、必ず簡易書留で郵送のこと。
12. 給与等:年俸制を適用。給与は、「国立大学法人高知大学年俸制職員給与規則」による。
13. その他:高知大学では、男女共同参画推進室(http://www.kochi-u.ac.jp/sankaku/)を設置して
女性研究者支援を推進しており、教員公募においても女性研究者の積極的な応募を歓迎し
ます。
…………………………………………………………………………………………………………………………
【封筒等への表記につきまして】
封筒等には、朱書きで下記の内容を表記願います。

分析化学分野教員(講師)
応募書類在中

高知大学理工学部応用化学・生命理工学科分析化学分野教授公募

高知大学の松本健司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

高知大学 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称) 分析化学分野 教授公募

このたび、国立大学法人高知大学では平成29年4月から理学部を改組し、理工学部(数学物理情報学科、生物圏科学科、応用化学・生命理工学科、地球環境防災学科)を設置することを構想しており、下記の要領で教員を公募いたします。(組織名称はすべて仮称)なお、今後、新学部の設置に関わる審査を受けることを予定しています。

1. 公募人員:教授1名
2. 所属:高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門
3. 担当学部:理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)
4. 専門分野:広い意味での分析化学
5. 担当授業科目:
[学 部] 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)の専門科目(分析化学、理工学研究プロポーザル、理工学英語ゼミナール、研究セミナーなど)、卒業研究指導及び関連する共通教育科目等
[大学院] 総合人間自然科学研究科理学専攻及び応用自然科学専攻の科目及び研究指導
6. 応募資格:
(1) 博士の学位(工学系またはそれに準ずる学位が望ましい)を有する方。
(2) 本学大学院において、教育、研究指導及び講義を担当できる方。
(3) 広い意味での分析化学に関連した研究を推進し,学内外の研究者との共同研究や産学連携を積極的に推進できる方。
(4) 全学的な教育プログラムにも参加、または協力する意思のある方。
(5) 教育・研究とともに、地域貢献・管理運営等の学内業務に積極的に取り組むことができる方。
(6) 在職中は、科学研究費助成事業を含む外部資金に代表者として応募することができる方。
7. 応募締切:平成27年11月24日(火)17時00分必着
8. 採用予定日:平成29年 4月1日
※平成29年4月の改組構想に関係し、新学部の設置に関わる審査を受ける必要があるため、
平成27年度中に、平成29年4月1日採用予定者の決定を行うものです。
9. 選考方法:
(1) 一次選考 提出された書類により候補者を選考する。
(2) 二次選考 一次選考を通過した候補者について、本学の学生に講義することを想定した模擬授業(自
身のこれまでの研究内容もしくは担当授業科目に関する内容で、30分程度)及び面接を行
い、その際に教育能力等を審査する。
※二次選考は、平成27年11月下旬~12月上旬を予定。
一次選考を通過した候補者の方には、E-mail等で詳細を連絡いたします。
※本学への来学に係る旅費等、必要な費用は応募者の負担とします。
10. 提出書類:(用紙はA4版を使用すること)
(1) 履歴書(様式1、高知大学ホームページから取得可能)
(2) 研究業績一覧(様式自由)
(A. 査読のある原著論文および総説、B. 査読のない原著論文および総説、C. 著書、D. 解説、報告
などその他の出版物でとくに参考となるもの、E. 特許、受賞等、F.国際会議での発表、国内外の
招待講演等)
(3) 研究業績別刷各2部(原著論文・総説・著書についてはすべて提出のこと、コピー可)
(4) これまでの研究の概要(2000字程度、様式自由)
(5) 教育業績一覧(大学等における授業の担当、学生の研究指導、社会における教育活動等)
(6) 着任後の教育と研究に対する抱負(2000字程度、様式自由)
(7) 科研費等の外部資金獲得履歴(研究種目、課題名、研究期間、代表・分担の区別、直接・間接経費の
区別、個人への配分金額等を明記のこと)
(8) 所見を伺える方2名の氏名、所属、役職及び連絡先(E-mailアドレスを含む)
そのうち1名の方からの推薦書が二次選考時に必要となります。
(9) 一次選考を通過した候補者の方には、全ての業績の現物を提出していただく場合があります。
※ 提出いただいた上記(1)-(9)の書類は返却いたしませんので、ご留意願います。
11. 応募書類の送付先および問い合わせ先:
〒780-8520 高知市曙町2丁目5-1 高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門 渡辺 茂
E-mail:watanabe(at)kochi-u.ac.jp
※ なお、封筒等には「分析化学分野教員(教授)応募書類在中」と朱書し、必ず簡易書留で郵送のこと。
12. 給与等:年俸制を適用。給与は、「国立大学法人高知大学年俸制職員給与規則」による。
13. その他:高知大学では、男女共同参画推進室(http://www.kochi-u.ac.jp/sankaku/)を設置して
女性研究者支援を推進しており、教員公募においても女性研究者の積極的な応募を歓迎し
ます。
…………………………………………………………………………………………………………………………
【封筒等への表記につきまして】
封筒等には、朱書きで下記の内容を表記願います。

分析化学分野教員(教授)
応募書類在中

立命館大学生命科学部教員公募

立命館大学の小堤和彦先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

                                                                                           2015年7月8日

関係機関長 殿
関 係 各 位

立命館大学生命科学部
学部長 里見 潤
(公印省略)

教員の公募について(依頼)

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。
立命館大学生命科学部では、この度、下記の要領により新たに教員を公募するこ
ととなりました。
つきましては、ご多用中のところ恐縮に存じますが、貴機関、関係各部門等にご
周知いただきますようお願い申しあげます。

敬具

1. 任用職名  助教
2. 募集人数  1名
3. 所  属  生命科学部 応用化学科
4. 専門分野  無機化学分野あるいは物理化学分野
5. 担当科目  関連の専門科目および関連の教養科目・実験科目(材料化
学実験1、物理化学実験1、物理化学実験2、分析化学実験
1、分析化学実験2など)
※在職教員と共同で研究室を運営していただきます。
6. 応募資格 ①本学での教育・研究に熱意を持っている方。
②着任時に博士の学位を有している方。
※国籍は問わないが、本学での教育・研究に支障のない程
度の日本語能力を有すること。
※本公募は「男女共同参画」の理念に基づくものです。
7. 給 与 等  本学給与規程等によります。
8. 着任時期  2016年4月1日
9. 任  期  2016年4月1日~2021年3月31日(5年間、再任不可)
10.提出書類  ①履歴書(別紙様式1、様式2によること)
②教育研究業績書(別紙様式3、様式4-1, 4-2によること)
※①②の書式は本学のホームページよりダウンロードしてくだ
さい。
http://www.ritsumei.jp/job/index_j.html
③主要研究業績
・著書または論文5編以内(コピー、抜刷可)。
④研究の概要等を記載した書類(書式自由)
・現在までの研究内容の説明と今後の研究計画の概要
(1,500字程度、様式自由)および本学部において教育・研究を希望する理由(1,000字程度、様式自由)を記載して
ください。
⑤科研費等の研究補助金の取得状況を記載した書類(書式自
由)
⑥参考意見を伺える方の氏名等を記載した書類(書式自由)
・応募者について参考意見を伺える方2名の氏名・所属・連
絡先ならびに応募者との関係を記載してください。
⑦最終学位証明書
※健康診断書の提出は不要ですが、任用決定者には、着任前3
か月以内の期間に必ず雇入健康診断を受診いただきます。詳
細は別途ご案内いたします。
※応募に際しご提出いただいた個人情報は、本学の規程に従っ
て適切に管理し、採用選考の目的以外には使用いたしませ
ん。
※提出書類は返却致しませんので、予めご了承ください。
11.応募締切 2015年11月9日(月)必着
※応募書類受領後、書類選考(1次選考)の上、2次選考対象者に
対し面接を実施する予定です。
12.書類の提出先および問合せ先
〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学 生命科学部 応用化学科
学科長 岡田 豊
電話:077-561-2760
E-mail:ygvictor(at)sk.ritsumei.ac.jp
※応募封筒には『生命科学部 応用化学科 教員応募書類
(助教)在中』と朱書きして、書留等の配達の記録が確認
できる方法にて郵送してください。
※お問い合わせは、電話もしくはE-mailでお願いします。

以上

高知大学理工学部応用化学・生命理工学科機能物質化学分野助教公募

高知大学の松本健司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

高知大学 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称) 機能物質化学分野 助教公募

このたび、国立大学法人高知大学では平成29年4月から理学部を改組し、理工学部(数学物理情報学科、生物圏科学科、応用化学・生命理工学科、地球環境防災学科)を設置することを構想しており、下記の要領で教員を公募いたします。(組織名称はすべて仮称)なお、今後、新学部の設置に関わる審査を受けることを予定しています。

1. 公募人員:助教1名 任期5年(再任可)
2. 所属:高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門
3. 担当学部:理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)
4. 専門分野:機能物質化学
5. 担当授業科目:
[学 部] 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)の専門科目(有機材料化学、光機能創成化学、先端機器分析学、有機・高分子化学実験など)、卒業研究指導及び関連する共通教育科目等
[大学院] 総合人間自然科学研究科理学専攻の科目及び研究指導
6. 応募資格:
(1) 博士の学位(工学系またはそれに準ずるもの)を有する方。
(2) 本学大学院において、教育、研究指導及び講義を担当できる方。
(3) 有機機能材料の合成及び物性評価に意欲的に取り組める方。
(4) 全学的な教育プログラムにも参加、または協力する意思のある方。
(5) 教育・研究とともに、地域貢献・管理運営等の学内業務に積極的に取り組むことができる方。
(6) 在職中は、科学研究費助成事業を含む外部資金に代表者として応募することができる方。
7. 応募締切:平成27年11月10日(火)17時00分必着
8. 採用予定日:平成28年 4月1 日
9. 選考方法:
(1) 一次選考 提出された書類により候補者を選考する。
(2) 二次選考 一次選考を通過した候補者について、本学の学生に講義することを想定した模擬授業(自
身のこれまでの研究内容もしくは担当授業科目に関する内容で、30分程度)及び面接を行
い、その際に教育能力等を審査する。
※二次選考は、平成27年11月下旬~12月上旬を予定。
一次選考を通過した候補者の方には、E-mail等で詳細を連絡いたします。
※本学への来学に係る旅費等、必要な費用は応募者の負担とします。
10. 提出書類:(用紙はA4版を使用すること)
(1) 履歴書(様式1、高知大学ホームページから取得可能)
(2) 研究業績一覧(様式自由)
(A. 査読のある原著論文および総説、B. 査読のない原著論文および総説、C. 著書、D. 解説、報告
などその他の出版物でとくに参考となるもの、E. 特許、受賞等、F.国際会議での発表、国内外の
招待講演等)
(3) 研究業績別刷各2部(原著論文・総説・著書についてはすべて提出のこと、コピー可)
(4) これまでの研究の概要(2000字程度、様式自由)
(5) 教育業績一覧(大学等における授業の担当、学生の研究指導、社会における教育活動等)
(6) 着任後の教育と研究に対する抱負(2000字程度、様式自由)
(7) 科研費等の外部資金獲得履歴(研究種目、課題名、研究期間、代表・分担の区別、直接・間接経費の
区別、個人への配分金額等を明記のこと)
(8) 所見を伺える方2名の氏名、所属、役職及び連絡先(E-mailアドレスを含む)
そのうち1名の方からの推薦書が二次選考時に必要となります。
(9) 一次選考を通過した候補者の方には、全ての業績の現物を提出していただく場合があります。
※ 提出いただいた上記(1)-(9)の書類は返却いたしませんので、ご留意願います。
11. 応募書類の送付先および問い合わせ先:
〒780-8520 高知市曙町2丁目5-1 高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門 渡辺 茂
E-mail:watanabe(at)kochi-u.ac.jp
※ なお、封筒等には「機能物質化学分野教員(助教)応募書類在中」と朱書し、必ず簡易書留で郵送のこ
と。
12. 給与等:年俸制を適用。給与は、「国立大学法人高知大学年俸制職員給与規則」による。
13. その他:高知大学では、男女共同参画推進室(http://www.kochi-u.ac.jp/sankaku/)を設置して
女性研究者支援を推進しており、教員公募においても女性研究者の積極的な応募を歓迎し
ます。
…………………………………………………………………………………………………………………………
【封筒等への表記につきまして】
封筒等には、朱書きで下記の内容を表記願います。

機能物質化学分野教員(助教)
応募書類在中

高知大学理工学部応用化学・生命理工学科物理化学分野助教公募

高知大学の松本健司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

高知大学 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称) 物理化学分野 助教公募

このたび、国立大学法人高知大学では平成29年4月から理学部を改組し、理工学部(数学物理情報学科、生物圏科学科、応用化学・生命理工学科、地球環境防災学科)を設置することを構想しており、下記の要領で教員を公募いたします。(組織名称はすべて仮称)なお、今後、新学部の設置に関わる審査を受けることを予定しています。

1. 公募人員:助教1名 任期5年(再任可)
2. 所属:高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門
3. 担当学部:理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)
4. 専門分野:物理化学
5. 担当授業科目:
[学 部] 理工学部応用化学・生命理工学科(仮称)の専門科目(反応工学、物理化学、物理化学演習、無機・物理化学実験など)、卒業研究指導及び関連する共通教育科目等
[大学院] 総合人間自然科学研究科理学専攻の科目及び研究指導
6. 応募資格:
(1) 博士の学位(工学系またはそれに準ずるもの)を有する方。
(2) 本学大学院において、教育、研究指導及び講義を担当できる方。
(3) 化学全般に関する知識を有し、不均一系触媒分野への応用を目指した研究を遂行できる方。
(4) 全学的な教育プログラムにも参加、または協力する意思のある方。
(5) 教育・研究とともに、地域貢献・管理運営等の学内業務に積極的に取り組むことができる方。
(6) 在職中は、科学研究費助成事業を含む外部資金に代表者として応募することができる方。
7. 応募締切:平成27年11月10日(火)17時00分必着
8. 採用予定日:平成28年 4月1 日
9. 選考方法:
(1) 一次選考 提出された書類により候補者を選考する。
(2) 二次選考 一次選考を通過した候補者について、本学の学生に講義することを想定した模擬授業(自
身のこれまでの研究内容もしくは担当授業科目に関する内容で、30分程度)及び面接を行
い、その際に教育能力等を審査する。
※二次選考は、平成27年11月下旬~12月上旬を予定。
一次選考を通過した候補者の方には、E-mail等で詳細を連絡いたします。
※本学への来学に係る旅費等、必要な費用は応募者の負担とします。
10. 提出書類:(用紙はA4版を使用すること)
(1) 履歴書(様式1、高知大学ホームページから取得可能)
(2) 研究業績一覧(様式自由)
(A. 査読のある原著論文および総説、B. 査読のない原著論文および総説、C. 著書、D. 解説、報告
などその他の出版物でとくに参考となるもの、E. 特許、受賞等、F.国際会議での発表、国内外の
招待講演等)
(3) 研究業績別刷各2部(原著論文・総説・著書についてはすべて提出のこと、コピー可)
(4) これまでの研究の概要(2000字程度、様式自由)
(5) 教育業績一覧(大学等における授業の担当、学生の研究指導、社会における教育活動等)
(6) 着任後の教育と研究に対する抱負(2000字程度、様式自由)
(7) 科研費等の外部資金獲得履歴(研究種目、課題名、研究期間、代表・分担の区別、直接・間接経費の
区別、個人への配分金額等を明記のこと)
(8) 所見を伺える方2名の氏名、所属、役職及び連絡先(E-mailアドレスを含む)
そのうち1名の方からの推薦書が二次選考時に必要となります。
(9) 一次選考を通過した候補者の方には、全ての業績の現物を提出していただく場合があります。
※ 提出いただいた上記(1)-(9)の書類は返却いたしませんので、ご留意願います。
11. 応募書類の送付先および問い合わせ先:
〒780-8520 高知市曙町2丁目5-1 高知大学教育研究部総合科学系複合領域科学部門 渡辺 茂
E-mail:watanabe(at)kochi-u.ac.jp
※ なお、封筒等には「物理化学分野教員(助教)応募書類在中」と朱書し、必ず簡易書留で郵送のこと。
12. 給与等:年俸制を適用。給与は、「国立大学法人高知大学年俸制職員給与規則」による。
13. その他:高知大学では、男女共同参画推進室(http://www.kochi-u.ac.jp/sankaku/)を設置して
女性研究者支援を推進しており、教員公募においても女性研究者の積極的な応募を歓迎し
ます。
…………………………………………………………………………………………………………………………
【封筒等への表記につきまして】
封筒等には、朱書きで下記の内容を表記願います。

物理化学分野教員(助教)
応募書類在中

電気通信大学テニュア・トラック助教公募

電気通信大学の石田尚行先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

【女性限定】テニュア・トラック助教公募
電気通信大学情報理工学研究科先進理工学専攻

公募人員:助教(常勤) 1名
所属:大学院 情報理工学研究科 先進理工学専攻 および 情報理工学部 先進理工学科

求人内容:UECテニュア・トラック助教制度に基づき、テニュア・トラック助教を募集します。
本制度では、任期は採用日から5年で、3年目に中間評価を、5年目にテニュア資格審査を受けて、研究業績等が極めて優秀であると認められれば、本学のテニュア(任期を定めない定年制の身分)が付与され、かつ准教授への昇任となります。
研究分野等:理工学分野:電子工学、光工学、応用物理学、材料科学、生物工学などに関連する分野
担当科目:電子工学、光エレクトロニクス、応用物理工学、生体機能システムのいずれかのコースにおける学生実験科目、演習科目、卒業研究生、大学院生の輪講・研究指導など
選考方法:書類審査を通過した方に対して、ヒアリングを行います。その際の交通費、宿泊費は応募者の負担とさせていただきます。
資格:
(1) 採用時に博士の学位を有しており、かつ、上記募集分野において、優秀な研究を推進していること。
(2) 自律して独創的な研究を行いうる能力を有すること。
(3) 博士号取得後10年以内であること。
(4) ポスドクの経験、またはそれに相当する経験を有することが望ましい。
(5) 日本語で学生を指導できることが望ましい。
応募締切:平成27年11月20日(金)17時必着(日本時間)
任期: 採用日から5年間
ただし、テニュア教員への採用が見送られた場合は、転出等の準備のために、最長2年間任期を延長することができます。
待遇:
(1) 給与:国立大学法人電気通信大学職員給与規程による。
(2) 研究費:助教の所定の研究費に加えて、初年度にはスタートアップ研究資金(500万円)が科学技術振興機構(JST)から受給されること、および学内の競争的資金である研究教育活性化支援システムへの応募(上限額300万円)が可能です。
着任時期:平成28年1月1日以降のできるだけ早い時期
提出書類:
(1) 応募申請書類(写真貼付、履歴書、研究業績リスト)
応募申請書の様式をダウンロードし、記入してください。
http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/pdf/oubo_sinseisyo.pdf (PDFファイル)
http://www.uec.ac.jp/about/advertisement/date/oubo_sinseisyo.doc (MS-wordファイル)
(2) 主要著書、論文の別刷りまたはコピー(5編以内)
(3) これまでの研究概要(A4用紙2枚以内)
(4) 今後の研究計画概要(A4用紙2枚以内)
(5) 今までの教育経験と教育に関する抱負(A4用紙2枚以内)
(6) 参考となる意見を伺える方2名のお名前、所属、連絡先住所(E-mailアドレスを含む)、および応募者との関係。
(7) 選考結果のお知らせに使用しますので、宛先を記した定形封筒(切手貼付)をお送りください。
書類提出先:〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 先進理工学専攻長 教授 樫森与志喜 宛
(封筒表面に「先進理工学分野教員応募書類在中」と朱書きし簡易書留で郵送のこと。併せて、発送の旨を下記の問い合わせ先へE-mailによりお知らせください。)
問い合わせ先:
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 先進理工学専攻 副専攻長 教授 石田尚行
電話:042-443-5490;E-mail:ishi(at)pc.uec.ac.jp
備考:
・本学では、全ての教員が学術院に所属し、担当学部・研究科等へ配置されます。
・本公募は、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」(男女雇用機会均等法)第8条の規定に基づき実施しています。本学では男女共同参画推進の基本理念に基づき女性が働きやすい環境を整えることで女性教員の増加を目指しています。女性の積極的な応募を期待します。詳しくは電気通信大学女性研究者支援室ホームページをご覧ください。
http://www.ge.uec.ac.jp/owr/
・本学では、2016 年4月から改組を予定しています。詳しくは下記URL の「改組(2016年4 月)に関するお知らせ」をご覧ください。
http://www.uec.ac.jp/department/kaiso2016/
なお、改組後は関連する新組織に配置されます。詳細は上記の問い合わせ先へご連絡ください。

東京大学大学院総合文化研究科教員公募

東京大学の平岡秀一先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

(1)東京大学大学院 総合文化研究科 教員公募
(2)教授または准教授1名
(3)専門分野:
次の(ア)または(イ)の分野の研究を意欲的に推進する実験研究者で,
他分野との関連性も視野に入れ,物質科学の新しいフロンティアの開拓
を志向する方
(ア)新しい原理にもとづく計測手法の開発による,分子あるいは
分子集合体のダイナミクスの研究
(イ)新規の機能性分子・分子集合体の構築とダイナミクスの研究
(例えば,エネルギー・情報・物質の変換・伝搬・輸送など)
(4)応募資格:博士の学位を有すること
(5)担当科目:
1) 大学院(相関基礎科学系)の教育・研究指導
2) 教養学部後期課程(統合自然科学科3,4年生)の講義・実験
3) 教養学部前期課程(1,2年生)の化学の教育を担当
(6)関連ホームページアドレス
(東京大学大学院総合文化研究科ホームページ)
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/employment/20150915092031.html
(7)着任時期:決定後できるだけ早い時期
(8)任期:なし
(9)提出書類:
1)履歴書(東京大学統一履歴書を以下のURLからダウンロードし
作成すること.)
http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html
2) 研究業績リスト(例えば,論文・総説,著書,招待講演などに,
適宜分類すること.)
3) 主要論文5編程度(コピー可)
4) 研究業績概要(A4用紙3ページ以内)
5) 着任後の研究計画及び教育に対する考え方(A4用紙3ページ以内)
6) 意見を伺える方2名の氏名・所属・電話番号・電子メールアドレス
※1)から5)については各2部ずつ
(10)応募締切:平成27年11月30日(月)必着
(11)書類送付先:
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学教養学部 統合自然科学科・学科長 前田京剛 宛
※封筒に「相関基礎科学系教授・准教授応募書類在中」と朱書し,
簡易書留あるいは書留にて送付のこと.
(12)問い合わせ先:
東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系
染田清彦
電話:03-5454-6784
e-mail:kiyon(at)isolde.c.u-tokyo.ac.jp
(13)その他:原則として応募書類は返却いたしません.

東京工業大学理学院(化学系)教員公募

東京工業大学の河野正規先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京工業大学理学院(化学系)教員公募

公募人員:助教1名
所属:理学院(化学系担当)

研究分野等:無機化学および関連分野(固体化学,結晶化学,超分子化学,錯体化学,物質科学,エネルギー化学)
概要:無機-有機ハイブリッド材料を中核とした固体化学に関する研究を積極的に進め,また大学院・学部の教育に熱意を持って取り組む方を求めま す.有機化合物及び有機金属化合物,金属錯体の合成に関する経験と知識を有していることが望ましい.また,経験は問わないが,機能性材料に関する 研究に強い興味と意欲を持っていること.
担当科目:化学系の学生実験及び演習.1年生向けの化学実験
選考方法:書類選考および面接
資格:博士の学位を有するか,取得する見込の方
応募締切:平成27年11月13日(金)必着
任期:5年(最長5年の更新可能)
待遇:勤務時間,休日,給与などは,国立大学法人東京工業大学の就業規則および給与規定に基づき決定します.
着任時期:平成28年4月1日(金)

提出書類:
(1) 履歴書(写真添付.学歴,職歴,学位,連絡先メールアドレスを含む)
(2) 研究業績リスト(学位論文,学術論文誌論文,査読付き国際会議論文,著書,解説・総説,招待講演,主な学会活動,特許,これまで参画したプロジェクト,そ の他,に分類)
(3) 過去5年以内の主要論文別刷(3編以内(著書を含む),コピーで可)
(4) これまでに行ってきた研究の概要(A4版2枚以内),身につけている実験のスキル(例えば,合成技術,分析手法,分子軌道計算手法等)に関する情報を含め ること
(5) 着任後の教育と研究に関する抱負と計画(A4版1~2枚)
(6) 本人に関する所見を求めうる方2名の所属,氏名と連絡先
(7) その他特筆すべきこと(受賞,外部資金取得状況等)

提出書類の印刷体1部とそのpdfファイルが書き込まれたUSBメモリを,封筒に「化学系助教応募書類在中」と朱書きの上,簡易書留または宅配便 (国際航空貨物を含む)で送付してください.なお,応募書類は返却しません.また,応募書類に含まれる個人情報は国立大学法人東京工業大学の定め に従い,本人事選考にのみ使用し,他の目的には一切使用いたしません.

書類提出先:〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1,H-58
東京工業大学 大学院理工学研究科 化学専攻事務室
電話:03-5734-2660

問い合わせ先:東京工業大学 大学院理工学研究科 化学専攻 河野 正規
電話:03-5734-2158  FAX:03-5734-2655 e-mail:mkawano(at)chem.titech.ac.jp

備考:現化学専攻は平成28年より理学院化学系・化学コースに改組されます.http://www.titech.ac.jp/education/reform/point/curriculum.html#science
東京工業大学では,多彩な人材を確保し,大学力・組織力を高めるため,全ての研究分野において,外国人や女性の参画する均等な機会を確保します.

 

立命館大学生命科学部応用化学科教員公募

立命館大学の稲田康宏先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

立命館大学生命科学部応用化学科 教員の公募

募集人員:准教授 1名
所    属:生命科学部応用化学科
専門分野:無機材料化学分野
担当科目:関連の専門科目および実験科目(無機材料科学、無機化学、
分析化学、材料化学実験、分析化学実験など)
応募資格:
(1)本学での教育・研究に熱意を持っている方。
(2)着任時に博士の学位を有している方。
着任時期:2016年4月1日
提出書類:
(1)履歴書(本学の様式)
(2)教育研究業績書(本学の様式)
(3)主要研究業績
著書または論文5編以内(コピー、抜刷可)
(4)研究の概要等を記載した書類(書式自由)
現在までの研究内容の説明と今後の研究計画の概要(1500字程度)
および本学部において教育・研究を希望する理由(1000字程度)
(5)科研費等の研究補助金の取得状況を記載した書類(書式自由)
(6)参考意見を伺える方の氏名等を記載した書類(書式自由)
応募者について参考意見を伺える方2名の氏名・所属・連絡先
ならびに応募者との関係を記載。
(7)最終学位証明書
応募締切:2015年8月31日(月)必着
※応募書類受領後、書類選考(1次選考)の上、2次選考対象者に対し
面接を実施する予定。
書類提出・問い合わせ先:〒525-8577  滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学生命科学部応用化学科 学科長 岡田豊
電話:077-561-2760
E-mail:vgvictor(at)sk.ritsumei.ac.jp
応募封筒に「生命科学部 応用化学科 教員応募書類(無機材料化学分野)
在中」と朱書し、書留等の配達の記録が確認できる方法で送付のこと。
その他
公募要領の詳細は下記URLを確認し、本学指定の書式はホームページ
よりダウンロードしてください。
http://www.ritsumei.jp/job/pdf/ls-youkou150611-1.pdf
http://www.ritsumei.jp/job/detail-ls.html

JST 研究提案募集

JSTから頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

JST(CREST・さきがけ)は、平成27年度第2期募集で
「革新的触媒」に関する研究提案を募集しています!

募集締切:平成27年8月4日(火)正午(厳守)
詳細ホームページ:http://senryaku.jst.go.jp/teian.html

・CREST研究領域
多様な天然炭素資源の活用に資する革新的触媒と創出技術
研究総括:上田 渉 (神奈川大学 教授)
http://senryaku.jst.go.jp/teian/koubo/h27youkou_4_1_03.pdf

・さきがけ研究領域
革新的触媒の科学と創製
研究総括:北川 宏 (京都大学 教授)
http://senryaku.jst.go.jp/teian/koubo/h27youkou_4_2_03.pdf

↓募集説明会の動画は近日中に公開します↓
http://senryaku.jst.go.jp/teian/top/setsumeikai.html

お問い合わせ先 :
国立研究開発法人科学技術振興機構
戦略研究推進部
E-mail : rp-info[AT]jst.go.jp[募集専用]
TEL : 03-3512-3530[募集専用]

山口大学 女性教員(准教授)公募

山口大学の小崎紳一先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

山口大学 女性教員(准教授)公募

職種等: 山口大学 農学部 生物機能科学科 生物機能化学講座 准教授 1名 (女性に限定して公募)
教育研究分野: 生物物理化学
生命現象の複雑なメカニズムを探求するために, 物理化学的な手法を用いて, 生体高分子の構造や機能に関して分子レベルで研究し, 教育できることが望まれます。
着任時期: 平成28年4月1 日以降, 速やかに着任可能であること。
応募締切: 平成27年8月31日(月) 必着
詳細URL: http://www.yamaguchi-u.ac.jp/library/user_data/upload/Image/kobo/2015/15060301.pdf

提出書類:
1) 履歴書(様式有り) 1部
2) 研究業績目録(様式有り) 1部
3) 論文の別刷り等 1部
(原則として実物を綴じたもの。但し,電子ジャーナル等はプリント可。なお,著書については著者名,発表年,著書名(分担執筆の場合はその題目),頁,出版社名が記載されている複数頁のみをプリントしたものでも可。)
4) 現在までの教育・研究の概要と今後の抱負について 1部(それぞれ1,000字程度)
5) 推薦者がある場合には推薦書 1部

応募者は事前に所定の様式に従った応募書類を下記宛請求すること。
〒753-8515 山口市吉田1677-1 山口大学農学部総務企画係
TEL 083-933-5805 FAX 083-933-5820
E-mail: ag293(at)yamaguchi-u.ac.jp

応募書類送付先:
〒753-8515 山口市吉田1677-1 山口大学農学部長 山田守
「生物機能科学科 生物機能化学講座 教員応募書類」と朱書きし,簡易書留で送付のこと

問い合わせ先: 〒753-8515 山口市吉田1677-1
山口大学農学部 阿座上弘行(教員候補者選考委員会委員長)
TEL 083-933-5854 FAX 083-933-5820 E-mail: azakami(at)yamaguchi-u.ac.jp

 

甲南大学理工学部教員公募

甲南大学の岩月聡史先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

甲南大学理工学部機能分子化学科教員公募

1.募集人員:1名(教授、准教授もしくは講師)

2.専門分野:
環境・資源科学もしくはエネルギー科学を指向した分子創製化学、物質創製化学あるいは材料創製化学
(例えば、無機化学、物理化学、有機化学、高分子化学、分析化学等を背景とした機能性材料創製や複合材料創製)

3.応募資格:
(1) 博士の学位を有する方(もしくは着任時に取得見込の方)
(2) 化学関連の講義、演習および学生実験を担当できる方
(3) 私立大学での教育・研究に理解のある方。また、本学の建学の精神(http://www.konan-u.ac.jp/gakuen/hirao/index.html)を理解し、人物教育率先の理念に基づく教育を実践できること。

4.採用予定日:2016年4月1日

5.応募書類:
(1) 履歴書(写真貼付、資格・所属学会も記入)
(2) 所属機関の連絡先(住所、電話番号、E-mailアドレス)
(3) 教育業績リスト(担当科目名、科目の概要、分担の別)
(4) 研究業績リスト(原著論文、著書、総説等に分類、外部資金獲得状況)
(5) 主要論文5編以内の別刷り(コピーも可)
(6) 現在までの研究業績の概要(2,000字程度)
(7) 着任後の研究計画と教育に対する抱負(1,000字程度)
(8) 照会者2名の氏名および連絡先(推薦書も可)
*上記(3)~(7)の書類は各2部ご提出下さい。

6.応募締切:2015年7月17日(金)必着

7.選考方法:書類審査の後、面接を実施します。

8.書類送付先・問合せ先:
〒658-8501 神戸市東灘区岡本8-9-1
甲南大学理工学部機能分子化学科主任 茶山健二(教員選考係)宛
TEL:078-435-2500,E-mail:chayama(at)konan-u.ac.jp
*レターパックプラスもしくは簡易書留で郵送して下さい。

9.その他
(1) 男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の精神に則り選考します。
(2) 詳細は http://www.konan-u.ac.jp/recruit/ をご覧下さい。

熊本大学大学院自然科学研究科助教公募

熊本大学の速水真也先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

熊本大学大学院自然科学研究科は,平成22年度に採用された文部科学省科学技術振興
調整費女性研究者養成システム改革加速プログラム「バッファリングによる女性研究
者養成の加速(熊本大学)」に基づき,下記の要領で女性教員を公募いたします。本
公募は,男女雇用機会均等法第8条「女性労働者に係わる処置に関する特例」の規定
によるものであることを付言いたします。

[公募人員]
化学講座 助教1名(任期なし),ただし,業績が優れていると認められた場合に
は、当初より准教授(任期なし)としての採用もあり得ます。

[専門分野]
無機化学
なお,当専門分野には松本尚英教授,速水真也教授,中村政明准教授,大谷亮助教が
在籍しています。

[応募資格]
博士の学位を取得後,研究者としての経験(PDを含む)を有し,学部および大学院に
おける教育・研究,および学科の運営に対して意欲的に取り組むことができる女性の

[担当授業]
化学に関連する全学教養科目・理学部の学生実験(化学基盤実験,化学共通実験,化
学実験Bなど),学部生および大学院生の研究指導,准教授の場合はこれらに加え無
機化学分野の専門科目

[着任時期]
採用決定後できるだけ早い時期

[研究支援]
採用された女性教員が国際的に活躍する研究者として育つように物心両面から支援し
ます。メンター教員(速水教授ほか2名)を配置し,研究面での支援を行うととも
に,採用後は,採用年度にスタートアップ経費(150万円),2~3年目は毎年100万円
の研究費が措置されます。その他の資金については採用部局の規定に従います。

[応募書類]
1.履歴書(市販のものでも可。写真を添付すること。)2部(1部はコピー可)
(出産,育児,介護に専念(あるいは従事)した期間について考慮されることを希
望する場合は、付記して下さい)
2.研究業績リスト(学会発表,招待講演,受賞歴,競争的研究資金の取得状況等を含
む)2部
3.論文別刷(研究業績リスト掲載の査読付き主要論文5編の別刷り,コピー可)2組
4.これまでの研究概要(A4用紙に2000字程度)2部
5.今後の研究計画および教育に対する抱負(A4用紙に各1000字程度)各2部
6.応募者について問い合わせることのできる方2名の氏名,所属,連絡先,E-mail

[応募期限]
平成27年6月30日(火)(必着)

[留意点]
1.提出書類の様式について,特に指定はありません。なお,提出書類は返却しませ
ん。
2.最終選考段階で,研究と教育の実績と今後の抱負についてご発表頂きます。
その際の旅費等の支給は致しません。

[応募書類提出先および問い合わせ先]
封筒の表に「教員応募書類在中」と朱書し,下記宛に簡易書留でお送りください。
〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1
熊本大学大学院自然科学研究科理学専攻
化学講座主任 西野 宏
電話:096-342-3374
e-mail: nishino(at)sci.kumamoto-u.ac.jp

なお,熊本大学は男女共同参画を推進しています。選考にあたっては男女共同参画社
会基本法の精神に則り,適正に行います。
(詳細はホームページをご覧ください。http://gender.kumamoto-u.ac.jp/

*この公募要領は以下のホームページにも掲載されています。
理学部HP: http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/index-j.html
熊本大学HP: http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/saiyou/

九州大学工学研究院助教募集

九州大学の久枝良雄先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

九州大学工学研究院応用化学部門
助教 募集要項

1 公募人数:助教 1名
2 所  属:工学研究院応用化学部門 生体機能化学講座
3 専門分野:錯体化学、生物無機化学、有機電子移動化学、光化学のいずれか、または複数の分野
4 担当科目:物質科学工学実験および国際コース学生実験など
5 着任時期:決定後なるべく早い時期
6 勤務形態:常勤(任期なし)
7 応募資格:博士の学位を有し(着任時までに取得見込みの方を含む)、大学および大学院における教育・研究の指導能力のある方
8 応募締切:平成27年7月24日(金)(必着)
9 提出書類:
①履歴書(書式自由、写真添付)
②業績リスト(原著論文、特許ほか)
③主要論文のコピー(3編以内、各一部)
④これまでの研究概要と今後の研究・教育についての抱負(3,000字以内)
⑤その他参考となる資料(受賞歴、学会活動、社会貢献実績、競争的資金の実績など)
⑥意見を伺える方1~2名の氏名、所属、連絡先
10 送付先・問合先:
〒819-0395福岡市西区元岡744
九州大学大学院工学研究院応用化学部門(分子) 久枝良雄
(封筒に「応募書類在中」と朱書し書留で郵送のこと。応募書類は原則として返却しませんので、ご了承下さい。)
電話:092-802-2826、E-mail: yhisatcm(at)mail.cstm.kyushu-u.ac.jp
11 備  考:九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の精神に則り教員の選考を行っています。
工学研究院応用化学部門(分子)の詳細は、 http://www.cstm.kyushu-u.ac.jp/ を参照下さい。

弘前大学大学院理工学研究科准教授公募

弘前大学の岡崎雅明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

弘前大学大学院理工学研究科(理工学部物質創成化学科併任)准教授公募

公募人員:准教授1名

所属:大学院理工学研究科(理工学部物質創成化学科併任)

専門分野:無機化学を基盤とした「ものづくり」や新物質創成を指向し、学科内教員と連携しながら熱意を持って活発に教育・研究に取り組んでいただける方。

担当科目:無機化学系の科目と演習、無機化学実験、基礎化学実験、卒業研究、全教員担当科目(化学英語演習等)、基礎化学(一般教養相当)および大学院の科目等。

応募資格:
(1)博士の学位を有する方, または着任時までに博士の学位を取得見込みの方。

(2)上記の科目を担当できる方。

採用予定日:平成28年4月1日以降のできるだけ早い時期。

選考方法:書類選考、面接(模擬講義を含む)。

提出書類:
(1)履歴書(写真添付)

(2)業績リスト

(3)主要論文の別刷またはコピー(5編)

(4)現在までの教育・研究の概要

(5)今後の教育・研究・社会貢献に関する抱負と計画

(6)本人について意見を求めうる方2名の氏名と連絡先

応募締切:平成27年9月30日(水)(必着)

応募書類提出先:
〒036-8561青森県弘前市文京町3 弘前大学大学院理工学研究科

岡崎 雅明 (「准教授応募書類在中」と朱書し, 簡易書留で送付)

問合先:弘前大学大学院理工学研究科(理工学部物質創成化学科併任)

物質創成化学科長 岡崎 雅明

電話:0172-39-3565, 電子メール:mokazaki(at)hirosaki-u.ac.jp

その他:面接の際の旅費は、応募者の負担となります。弘前大学規定による年俸制が適用されます(任期なし)。
弘前大学では、男女共同参画を推進しており、女性研究者の積極的な応募を歓迎します。
詳細は必ずHP (http://www.hirosaki-u.ac.jp/14650.html)を参照してください。

大阪市立大学大学院博士研究員募集

大阪市立大学の中沢 浩先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

大阪市立大学大学院理学研究科
博士研究員 募集要項

1. 募集人員: 1名

2. 所属: 大阪市立大学大学院理学研究科物質分子系専攻錯体化学研究室

3. 勤務場所: 大阪市立大学杉本キャンパス

4. 待遇: 大阪市立大学の規定による

5. 応募資格: 博士号取得者または着任時までに博士号取得見込み者

6. 研究内容: NEDOケイ素プロジェクトに関する研究(錯体化学、有機金属化学、ケイ素化学のバックグランドを有していることが望ましい)

7. 着任時期: 平成27年6月以降の早い時期

8. 任期: 採用時~平成28年3月31日 (延長可)

9. 応募書類
(1)履歴書
(2)研究業績リスト
(3)本人執筆の論文別刷(3編以内、コピー可、pdfファイル可)
(4)これまでの研究概要
(5)意見を求めうる方(2名)の氏名と連絡先

10. 応募締切: 平成27年7月末(ただし適任者が見つかり次第締め切ります)

11. 書類送付先
郵送の場合
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院理学研究科 中沢 浩
メールに添付の場合
nakazawa(at)sci.osaka-cu.ac.jp

12. 問合せ先
中沢 浩
Tel: 06-6605-2547
email: nakazawa(at)sci.osaka-cu.ac.jp

13. その他: 応募書類は返却しません。応募の秘密は厳守し、応募書類は採用選考目的以外には使用しません。

群馬大学大学院理工学府教員公募

群馬大学の上野圭司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

群馬大学大学院理工学府(分子科学部門)教員公募

募集人員:准教授 1名

所属:大学院理工学府 分子科学部門

専門分野:有機遷移金属化学,錯体化学

応募資格:博士の学位を持ち,有機遷移金属化学,錯体化学の分野において新規化合物の合成を基盤とした独創的かつ先導的な研究を展開するとともに,大学院・学部の教育を担当できる方。なお,本公募の准教授は,錯体化学研究室の上野圭司教授と協力して教育,研究等を行う。

着任時期:採用決定後できるだけ早い時期

任期:任期5年。但し,任期中に業績評価・審査を実施し,適格となった者は任期のない教員として雇用する。不適格となった者は再任しない。定年は満65歳の年度末とする。

提出書類:

(1)  履歴書(写真貼付,電子メールアドレスを明記)

(2)  研究業績リスト【査読付き原著論文,査読付き国際会議プロシーディング,著書,総説,特許(これらについては応募者にアンダーライン),招待・依頼講演,国際会議における発表・講演(これらについては発表者にアンダーライン),受賞】

(3)  主要論文の別刷10編以内(各1部,コピーでも可)

(4)  これまでの研究業績概要(約2,000字)

(5)  着任後の研究計画と教育に対する抱負(約2,000字)

(6)  過去10年間の研究費取得状況(研究費の名称,研究課題名,期間,金額,代表・分担の別など)

(7)  参考意見を伺える方(2名)の氏名と連絡先

上記書類はA4版に横書きとする。

締切:平成27年6月26日(金)必着

問い合わせ先・書類の送付先:
〒376-8515桐生市天神町1-5-1 群馬大学大学院理工学府 分子科学部門長 網井秀樹(Tel/Fax:0277-30-1280,e-mail:amii(at)gunma-u.ac.jp,化学・生物化学科ホームページ http://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/
書留で,封筒に「分子科学部門 教員応募(錯体化学)」と朱書のこと。応募書類は返却しません。

尚,着任後は,学内の教員とともに,分野横断的な教育研究プロジェクトを積極的に提価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。

岡山大学大学院自然科学研究科助教募集

岡山大学の西原康師先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

岡山大学大学院自然科学研究科地球生命物質科学専攻 助教募集

1. 募集人員: 助教 1名

2. 所属部門: 岡山大学大学院自然科学研究科地球生命物質科学専攻

3. 専門分野: 有機材料化学
有機合成化学、機能性有機材料の合成と物性評価および有機金属触媒を利用した新規有機化合物の合成に関連する研究に対しての知識を持つ方を希望します。

4.職務内容: 西原康師教授と共に教育・研究に取り組んで頂きます。

5. 着任時期: 平成27年9月1日以降のできるだけ早い時期

6. 応募資格: 博士の学位を有する方(着任までに取得見込みの方を含む)

7. 提出書類: 2部提出のこと。

(1) 履歴書(顔写真を貼付、1部はコピー可)

(2) 研究概要(2000字程度)および研究業績リスト

(3) 主要論文(5編以内)の別刷り(コピー可)

(4) 研究についての将来計画,教育についての抱負(各1000字程度)

(5) 学会などでの活動状況,研究費取得状況など参考となる資料

(6) 応募者に関して意見を求め得る方1~2名の氏名・連絡先

8.提 出 先: 〒700-8530
岡山市北区津島中3-1-1
岡山大学理学部化学科 西原康師宛
連絡先 tel: 086-251-7855
e-mail: ynishiha@okayama-u.ac.jp

9. 応募締切: 平成27年6月1日(月)必着

10.その他: 郵送の場合には書留とし,「物質基礎科学講座助教応募書類在中」と朱書きして,締切日までに必着のこと。なお,応募書類は返却しません。採用者には年俸制を適用します。

京都大学iCeMS研究員募集

京都大学の田中晃二先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

研究員募集(京都大学iCeMS・田中 晃二グループ)

研究内容: 田中晃二特任教授と共に、水の光化学的分解あるいは二酸化炭素還元反応等の化学エネルギー変換反応を触媒する、新規な金属錯体の開発に取り組んで頂きます。錯体化学または光化学、電気化学に経験のある方を希望します。特に配位子合成を含む錯体合成の経験のある方を持つ方を優遇します。

研究場所: 京都市伏見区治部町105 京都市成長産業創造センター
期間:   平成30年3月末
募集人員: 1名 京都大学iCeMS特定研究員
応募資格: 大学院博士前期課程終了以上
待遇:   給与等雇用条件は京都大学iCeMS規定に準じます。
着任時期: できるだけ早い着任を希望します。
募集期間: 平成27年4月30日

応募書類:(1)履歴書(書式の指定はありませんが、連絡先、e-mail アドレスを必ず記入し、写真添付して下さい。)
(2) 研究業績リスト
(3)これまでの研究の概要と採用後の抱負(A4 2枚程度)
(4) 推薦者1名の氏名、所属、連絡先

[送付先]
〒612-8374 京都府京都市伏見区治部町105 京都市成長産業創造センター507
田中晃二 宛

※応募書類に記載の個人情報は選考以外の目的で使用することはありません。また、応募書類は原則として返却しませんので、あらかじめご了承ください。

選考内容:書類選考及び面接

連絡先:〒612-8374 京都府京都市伏見区治部町105 京都市成長産業創造センター507
京都大学 物質-細胞統合システム拠点 田中晃二
tel: 075-644-7767
e-mail: koji.tanaka(at)icems.kyoto-u.ac.jp

北里大学理学部化学科教員公募

北里大学の弓削秀隆先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

北里大学理学部化学科教員公募

1.募集対象 助教 1名

2.専門分野 広い意味での無機合成分野、無機化学、錯体化学、有機金属化学
を基礎とした合成化学。講座責任者 弓削秀隆教授と連携して研究・教育活動を
行う。

3.応募資格
(1) 北里大学理学部の設置理念に賛同していただける方。
(2) 人格に優れ、協調性のある方。
(3) 研究と教育に熱意があり、博士の学位を有する方(平成27年3月までに取
得見込の方でも可)。

4.着任時期 平成27年4月1日

5.提出書類
(1) 履歴書(本学所定様式:http://www.kitasato-u.ac.jp/sci/news/download
/rirekisho_a4.doc からダウンロードして下さい。最新の写真を貼付のこと。)
(2) 研究業績目録(原著論文(英文)、著書、総説、特許などに分けて記載のこ
と。)
(3) 主要論文3編以内の別刷り(コピー可)
(4) これまでの研究概要と今後の研究への抱負(A4判2000字程度;研究業績目録
と関連付けてわかりやすく記載のこと。)
(5) 教育への考え方と抱負(A4判2000字程度)
(6) 推薦状1通、又は問い合わせ可能な方1名の氏名、所属、連絡先

6.応募締切 平成27年2月16日(月)17時(必着)

7.応募書類送付先
〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
北里大学理学部化学科  学科長 丑田公規

8.問合せ先
北里大学理学部化学科 分子構築学講座 教授 弓削秀隆
TEL: 042-778-8305,FAX: 042-778-9953,E-mail: yuge(at)kitasato-u.ac.jp

*封筒に「理学部化学科教員応募書類在中」と朱筆の上、「簡易書留」にてご送
付願います。
*応募書類は返却できませんので、予めご了承下さい。また、提出書類に記載さ
れた個人情報は本選考以外の目的には使用しません。
*選考の過程で面接のため、来学をお願いする場合があります(旅費等は自己負
担)。
(注)現在、任期制(5年、再任可)をとっておりますことをお含みおき下さ
い。また、北里大学HP上に「大学が求める教員像 http://www.kitasato-u.ac.jp
/daigaku/kyouinzo.html」が掲載されております。ご参照下さい。

 

東京大学大学院理学系研究科博士研究員募集

東京大学の佃 達哉先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京大学大学院理学系研究科化学専攻
博士研究員(特定有期雇用教職員)募集要項

身   分:博士研究員(特定有期雇用教職員)

勤 務 地:東京大学理学系研究科化学専攻
(東京都文京区本郷7-3-1)

契約期間:平成27年4月1日 ~ 平成28年3月31日(延長可能)

研究課題:金属クラスターの合成、および構造・触媒性能の評価に関する研究

採用人数:1名

資格条件:博士の学位を有すること、または、採用までに博士の学位を取得する見込みであること

勤務形態:週5日(専門業務型裁量労働制)

給   与:本学規定により決定

社会保険等:文部科学省共済組合、雇用保険および労災保険に加入

応募方法:次の応募書類を、下記送付先に郵送または電子メールで送付のこと。
1.履歴書
2.業績リスト
3.これまでの研究成果の概要
4.意見を求めうる方(2名)の連絡先

応募締切:平成27年1月16日(金)必着(ただし採用候補者決定次第、締め切ります)

選考方法:書類選考の後、面接を受けていただく方にのみ、個別に連絡します。

書類送付先:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 大学院理学系化学専攻 佃 達哉 宛
※封筒に「応募書類在中」と朱書すること。

問合せ先:化学専攻事務室 担当者 佃
電話番号 03-5841-4363
メールアドレス tsukuda(at)chem.s.u-tokyo.ac.jp

そ の 他:応募の秘密は厳守し、応募書類は採用選考の目的以外には使用しません。
また、応募書類は返却しませんのでご了承ください。

九州大学大学院工学研究院教員公募

九州大学の小江誠司先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

九州大学大学院工学研究院応用化学部門教員の公募

1 公募人数:助教 1名

2 所  属:工学研究院応用化学部門 生体機能化学講座

3 専門分野:錯体化学、有機金属化学、生物無機化学分野

4 担当科目:有機化学演習、物質科学工学実験、および有機化学・有機金属化学に関する科目

5 着任時期:決定後なるべく早い時期

6 勤務形態:常勤(任期なし)

7 応募資格:博士の学位を有し(着任時までに取得見込みの方を含む)、
大学および大学院における教育・研究の指導能力のある方

8 応募締切:平成27年1月30日(金)(必着)

9 提出書類:
(1) 履歴書(書式自由、写真添付)
(2) 業績リスト(原著論文、特許ほか)
(3) 主要論文のコピー(3編以内、各一部)
(4) これまでの研究概要と今後の研究・教育についての抱負(3,000字以内)
(5)

その他参考となる資料(受賞歴、学会活動、社会貢献実績、競争的資金の実績など)
(6) 意見を伺える方1名の氏名、所属、連絡先

10 送付先・問合先:
〒819-0395福岡市西区元岡744
九州大学大学院工学研究院応用化学部門(分子) 小江誠司
(封筒に「応募書類在中」と朱書し書留で郵送のこと。
応募書類は原則として返却しませんので、ご了承下さい。)
電話:092-802-2818、E-mail: ogo.seiji.872(at)m.kyushu-u.ac.jp

11 備  考:九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の
精神に則り教員の選考を行っています。
工学研究院応用化学部門(分子)の詳細は、
http://www.cstm.kyushu-u.ac.jp/ を参照下さい

金沢大学理工研究域助教公募

金沢大学の林 宜仁先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

金沢大学理工研究域物質化学系 教員公募

1.公募人員:助教1名(理工学域物質化学類化学コース担当)

2.応募資格:博士の学位を有する方(または着任時までに取得見込みの方)

3.研究分野:無機化学(無機化学研究分野には林 宜仁 教授および菊川 雄司 テニュア・トラック助教が在任)

4.担当授業:学類および大学院の専門分野の実験・研究指導と共通教育科目の実験など

(将来的に英語による授業を担当していただく場合もあります)

5.提出書類:

(1) 履歴書 (写真貼付)

(2) 研究業績目録(査読付き原著論文,著書,総説・解説,国際会議録, 特許,その他に分類)

(3) 主要論文 5 編以内の別刷(コピー可)

(4) これまでの研究概要(2000 字程度)

(5)今後の研究計画と教育に対する抱負(2000 字程度)

(6)研究代表者として受領した外部資金(科研費など)のリスト,受賞および招待講演などの特記事項

(7) 推薦書(系長宛)または照会可能な方 2 名の氏名・所属・連絡先

6.公募締切:平成26年12月12日(金)必着

7.着任時期:平成27年4月1日を予定

8.書類提出先:〒920―1192 金沢市角間町

金沢大学理工研究域物質化学系 教授 千木 昌人(系長) 封筒に「物質化学系教員応募書類在中」と朱書し,書留で郵送のこと。

9.問合せ先: 電話 076-264-6127, E-mail: yokoyama(at)se.kanazawa-u.ac.jp

10.ホームページ: http://chem.s.kanazawa-u.ac.jp/

11.その他:(1) 金沢大学では,教員の英語による教授能力の向上と,英語による開講科目 の増設等を前提とした英語教育の強化に取り組んでおります。

(2) 就業規則等については,下記の URL をご覧下さい。 http://www.kanazawa-u.ac.jp/internal/staff/regulations/index.html

(3) 金沢大学では,男女共同参画を積極的に推進しています。詳しくは下記の URL をご覧下さい。http://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html

長崎大学大学院工学研究科助教公募

長崎大学の馬越啓介先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

長崎大学大学院工学研究科では、下記要領にて、総合工学専攻化学・物質工学コースの助教(専門分野:錯体化学・有機金属化学)を公募いたします。

――――――― 記 ――――――――――

1. 募集人員:助教 1 名

2. 所  属:大学院工学研究科 物質科学部門分子生命科学分野

3. 教育担当:化学・物質工学コース

4. 担当科目:学部及び大学院専門科目(無機化学関連)、工学部共通科目及び全学教育科目

5. 専門分野:錯体化学・有機金属化学関連分野

6. 任用時期:平成27年4月1日以降のできるだけ早い時期

7. 勤務形態:常勤(任期5年:審査により再任可)

8. 応募資格:
1) 博士の学位を有する方、若しくは任用される日までに博士の学位を取得見込みの方。

2) 学部生及び大学院生の教育・研究指導を、熱意をもって担当できる方。

3) 新しい機能性錯体の創製に関する独創的な研究を開拓・推進することに意欲のある方。

9. 提出書類:
1) 履歴書(別記様式第2号):1通

2) 研究業績書(別記様式第3号):1通

3) 研究概要(別記様式第4号):1通

4) 今後の教育研究に対する抱負(別記様式第5号):1通

5) 獲得した外部資金のリスト(別記様式第6号):1通

6) 意見を聞くことができる方2人又は3人の氏名と連絡先:1通

7) 主要論文の別刷5編以内(又はその写):各1部

8) 本人の連絡先(TEL、e-mailアドレス):1通

指定の様式第2から第6号については、長崎大学大学院工学研究科ホームページの「教員・職員募集」の下記URLにアクセスし、「工学研究科職員の公募に関する応募書類」をダウンロードして使用して下さい。

http://www.eng.nagasaki-u.ac.jp/contents/2-2-6.html

応募の秘密は厳守します。

10. 提出期限:平成26年12月15日(月)必着

11. 書類送付先:
〒852-8521 長崎市文教町1-14長崎大学工学部総務班 原口 剛(封筒には「化学・物質工学コース分子生命科学分野 助教応募書類在中」と朱書の上、書留で郵送下さい。応募書類は返却いたしません。)

12. 選  考:第一次の書類選考後、面接を実施します。(なお、面接を行う際の旅費は自己負担とします。)

13. 問合せ先:職務・教育等に関して

長崎大学大学院工学研究科 化学・物質工学コース長 香川 明男

(Tel: 095-819-2640, E-mail: akagawa(at)nagasaki-u.ac.jp)

研究分野等に関して

長崎大学大学院工学研究科 物質科学部門 教授 馬越 啓介

(Tel: 095-819-2672, E-mail: kumks(at)nagasaki-u.ac.jp)

化学・ 物質工学コースの教育研究組織、教員陣容等の情報は下記URLをご参照下さい。 http://www.cms.nagasaki-u.ac.jp/

岡山大学大学院自然科学研究科 教員公募

岡山大学の西原康師先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

岡山大学大学院自然科学研究科地球生命物質科学専攻 教員公募

1.公募人員:教授1名(物質基礎科学講座所属,理学部化学科兼担)

2.応募資格:博士の学位を有する方

3.研究分野:錯体化学

4.担当授業:大学院・学部の無機化学・錯体化学分野に関連する講義・実験・研究の指導と教養教育科目の講義など

5.提出書類:(各2部,1部はコピー可)

(1) 履歴書 (写真貼付,本人の電話番号やメール アドレス等の連絡先を明記のこと)

(2) 研究概要(2000字程度)および研究業績リスト

(3) 主要論文(10編以内)の別刷りまたはコピー

(4) 研究についての将来計画(1000字程度)

(5) 今までの教育経験,および着任後の教育についての抱負(1000字程度)

(6) 学会での活動状況,外部資金獲得状況,その他教育研究活動について参考となる資料

(7) 応募者に関して意見を求め得る方1~2名の氏名・連絡先

6.公募締切:平成27年1月5日

7.着任時期:平成27年4月1日以降の出来るだけ早い時期

8.書類提出先:〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1

岡山大学理学部化学科 学科長 甲賀 研一郎

9.問合せ先: 電話 086-251-7904, E-mail: koga(at)okayama-u.ac.jp

10.ホームページ: http://chem.okayama-u.ac.jp/

11.その他:書類を郵送する場合は書留とし,物質基礎科学講座教授応募書類と明記して,締切日までに必着のこと。
応募書類は返却いたしません。選考過程で面接を行う場合があります。
なお,岡山大学では男女共同参画を推進し,女性教員をサポートしています。女性の積極的な応募を歓迎します。

立命館大学教員公募

立命館大学の小堤和彦先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

2014年9月17日
関係機関長 殿
関  係  各 位
立命館大学生命科学部
学部長 里見 潤
(公印省略)

教員の公募について(依頼)

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。
立命館大学生命科学部では、この度、下記の要領により新たに教員を公募する
こととなりました。
つきましては、ご多用中のところ恐縮に存じますが、貴機関、関係各部門等に
ご周知いただきますようお願い申しあげます。

敬具

1. 任用職名  助教
2. 募集人数  1名
3. 所  属  生命科学部 応用化学科
4. 専門分野  無機化学分野あるいは物理化学分野
5. 担当科目  関連専門科目および関連の教養科目・実験科目 (材料化学
実験1、物理化学実験1、物理化学実験2、分析化学実験1、
分析化学実験2など)
※在職教員と共同で研究室を運営していただきます。
6. 応募資格 ①本学での教育・研究に熱意を持っている方。
②着任時に博士の学位を有している方。
※国籍は問わないが、本学での教育・研究に支障のない程度
の日本語能力を有すること。
※本公募は「男女共同参画」の理念に基づくものです。
7. 給 与 等  本学給与規程等によります。
8. 着任時期  2015年4月1日
9. 任  期  2015年4月1日~2020年3月31日(5年間、再任不可)
10.提出書類  ①履歴書(別紙様式1、様式2によること)
②教育研究業績書(別紙様式3、様式4-1, 4-2によること)
※①②の書式は本学のホームページよりダウンロードして
ください。
http://www.ritsumei.jp/job/index_j.html
③主要研究業績
・著書または論文5編以内(コピー、抜刷可)。
④研究の概要等を記載した書類(書式自由)
・現在までの研究内容の説明と今後の研究計画の概要
(1,500字程度、様式自由)および本学部において教育・
研究を希望する理由(1,000字程度、様式自由)を記載し
てください。
⑤科研費等の研究補助金の取得状況を記載した書類(書式自由)
⑥参考意見を伺える方の氏名等を記載した書類(書式自由)
・応募者について参考意見を伺える方2名の氏名・所属・
連絡先ならびに応募者との関係を記載してください。
⑦最終学位証明書
※健康診断書の提出は不要ですが、採用決定までに本学保
健センターの健康診断を受けていただく必要があります。
※応募に際しご提出いただいた個人情報は、本学の規程に
従って適切に管理し、採用選考の目的以外には使用いたし
ません。
※提出書類は返却致しませんので、予めご了承ください。
11.応募締切   2014年11月17日(月)必着
※応募書類受領後、書類選考(1次選考)の上、2次選考対
象者に対し面接を実施する予定です。
12.書類の提出先および問合せ先
〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学 生命科学部 応用化学科
学科長 小堤 和彦
電話:077-561-2846
E-mail:ozutsumi(at)sk.ritsumei.ac.jp
※応募封筒には『生命科学部 応用化学科 教
員応募書類(助教)在中』と朱書きして、必
ず書留にて郵送してください。
※お問い合わせは、電話もしくはE-mailでお
願いします。

以上

大阪市立大学大学院理学研究科教授公募

大阪市立大学の篠田哲史先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

大阪市立大学 大学院理学研究科 物質分子系専攻 教授 公募

1. 職名及び人数 : 教授 1名

2. 所属 : 大学院理学研究科・物質分子系専攻・創成分子科学講座/化学科・無機化学分野

3. 研究分野 : 無機化学分野 (広い意味での無機化学)

4. 職務内容 : 1)無機化学分野における教育と研究
2)学部・大学院(大学院前期・後期博士課程)における無機化学分野・創成分子科学専門分野の講義・演習、及び全学共通教育
3)大学運営にかかる業務

5. 着任予定時期 : 平成 27 年 4 月 1 日

6. 勤務形態 : 常勤(任期なし)

7. 待遇 : 公立大学法人大阪市立大学の定める規程による。 (http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/rules)

8. 応募資格 : 1)博士の学位を有する方
2)上記職務を遂行するにあたり十分な能力を持ち、熱意を持って取り組める方
3)大学の管理運営に関する能力と熱意のある方

9. 応募書類 :
1)履歴書(本学指定様式)
2)研究業績リスト
a. 査読付き原著論文(掲載を許可された論文、印刷中の論文を含む。論文毎に ISI 社データベースによる被引用回数を記入のこと。
応募者が第一著者もしくは責任著者の論文には論文番号を丸で囲む)
b. 査読付き国際会議プロシーディングス
c. 著書
d. 解説・総説
e. 特許
f. 国内学会および国際学会での発表・招待講演など
g. 受賞歴
3)主要論文10編
4)研究助成金の取得状況(代表・分担を明記)
5)これまでの研究概要(主要論文と関係づけて2000字程度)
6)今後の教育と研究の抱負(2000字程度)
7)その他
a. 学会活動(所属学会・学会誌編集委員・幹事など)
b. 社会貢献活動
c. その他特記事項
8)所見を求められる方2名の氏名と連絡先・電話番号・e-mail アドレス
9)上記1)~8)の項目を含むpdfファイル(1つのファイルとすること)を収めた電子媒体(CD-ROM:1枚)

10. 応募締切 : 平成 26 年 10 月 3 日(金)消印有効

11. 選考方法 : 1) 1次選考(書類選考)
2) 2次選考(必要に応じて面接等をおこなう)
面接等のために要する経費は、応募者の負担とします。

12. 書類提出方法: 1) 簡易書留で一括郵送のこと
2) 封筒に「理学研究科物質分子系専攻 無機化学分野所属教員応募書類在中」と朱書のこと
3) 提出書類は、原則返却しません。
* 提出書類に記載された個人情報は、教員採用選考の資料としてのみ利用し、個人情報保護法に基づいて適正に取り扱います。

書類提出先:
公立大学法人大阪市立大学 法人運営本部 職員課
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138

13. 問合せ先:
[専門分野関係]専攻主任:手木芳男 teki(at)sci.osaka-cu.ac.jp
電話 (06) 6605-2559

[募集全般]法人運営本部 職員課
電話 (06) 6605-3670(ダイヤルイン)

14. その他 :1) 現在、本学においては、公立大学法人大阪府立大学との法人統合と併せて、教育研究領域や体制のあり方についても新しい大学像を見据えた議論・検討がなされています。
2) 公立大学法人大阪市立大学は、男女共同参画を推進しています。

15. 追記 : 大学ホームページに掲載されている募集要項を必ずご参照下さい。
募集要項および本学指定様式は次の web site に掲載されています。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/jobs_faculty/faculty

東京大学大学院総合文化研究科公募

東京大学の内田さやか先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻(化学)准教授または講師 公募

1. 職名及び人数 : 准教授または講師 1名

2. 採用予定日 : 平成 27年 4月 1日(予定)

3. 任   期 : なし

4. 勤務地 : 東京都目黒区駒場3-8-1 駒場キャンパス

5. 所属 : 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系 (化学部会)

6. 研究分野 : 広い意味での無機化学
既存の学問・研究領域の枠にとらわれない自由な発想で新しい研究分野を切り拓く意欲と能力を持つ方を募集します。

7. 業務内容 : 1)教養学部前期課程(1・2年生)における化学の講義(例えば量子化学、化学熱力学など)
2)教養学部統合自然科学科(3・4年生)における講義・実験指導・研究指導
3)大学院広域科学専攻相関基礎科学系における教育・研究指導

8. 就業時間 : 専門業務型裁量労働制

9. 待遇 : 東京大学の定めるところによる

10. 社会保険等 : 文部科学省共済組合、雇用保険加入

11. 応募資格 : 1)博士の学位を有すること
2)授業を日本語で行うことができる程度の日本語能力を持つこと(国籍は問わない)
3)英語で講義ができることが望ましい

12. 提出書類 : 1)履歴書または CV 1通
2)研究業績リスト(査読誌掲載論文、査読付きプロシーディングス、著書・総説、国際会議発表、特許、競争的資金獲得状況、その他に分類)
3)主要論文5編(各1部)
4)これまでの研究概要(A4 3ページ以内)1通
5)今後の研究計画(A4 2ページ以内)1通
6)教育に関する抱負(A4 1 ページ以内)1通
7)応募者に関して照会できる方2名の氏名、所属、連絡先、e-mail アドレスを記したもの 1通

13. 応募締切 : 平成 26年 10月 17 日(金)必着
書類選考の上、合格者に対し面接を実施します。

14. 書類送付先 及び 問い合わせ先
書類送付先:
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻
化学部会主任 高塚和夫 宛
封筒に「化学部会准教授応募書類在中」と朱書し、簡易書留にて郵送のこと。

問い合わせ先:真船文隆 mafune[at]cluster.c.u-tokyo.ac.jp
上記メールアドレスの [at] は @に変えて下さい。

15. その他 : 1)応募書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。
2)応募書類により取得した個人情報は本人事選考にのみ利用し、この目的以外で利用することはありません。
3)東京大学は男女共同参画を推進しており、女性の積極的な応募を歓迎します。
4)面接の際の旅費は、自己負担となります。
5)履歴書は、東京大学統一履歴書フォーマットを以下のウェブサイトからダウンロードして使用してください。http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html

 

兵庫県立大学大学院物質理学研究科教員公募

兵庫県立大学の鳥海幸四郎先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

兵庫県立大学大学院物質理学研究科教員公募

1.募集人数:教授1名
2.所属:大学院物質理学研究科 物質構造制御学部門 構造物性学分野
3.専門分野:
無機化学。優れた化学的知見を有し、広い意味での錯体化学に立脚した機能性物質化学を
展開できる方。なお現在、同分野には小澤芳樹准教授と満身 稔助教が在籍しています。
4.教育:
大学院と理学部の無機化学・結晶学に関する講義の担当と、学部生と大学院生の研究指導。
英語での講義が可能でその実績がある場合は評価致します。
5.応募資格:
博士の学位を有し、上記の研究と教育を行なうための充分な実績と熱意をお持ちの方。
6.着任時期:平成27年4月1日(予定)
7.任期:なし
8.提出書類:
(1) 履歴書(写真付)
(2) 研究業績リスト(査読誌、総説、著書、プロシーディング、その他に分類すること。)
(3) 主要論文の別刷り又はコピー(5編以内)
(4) これまでの研究の概要(2000字程度)
(5) 今後の研究と教育に対する抱負(2000字以内)
(6) 科研費などの外部研究資金の獲得状況
(7) 推薦書又は本人についての意見を求め得る方2名の氏名と連絡先
9.応募締切:平成26年10月20日(月)必着
10.書類送付先:
〒678-1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目2番1号
兵庫県立大学大学院物質理学研究科長 本間 健二
経営部総務課気付 TEL:0791-58-0101
封筒に「物質理学研究科構造物性学分野教授応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送のこと。
なお、原則として応募書類は返却しません。
11.問い合わせ先:
兵庫県立大学大学院物質理学研究科 赤浜 裕一
TEL:0791-58-0509(直通) E-mail:akahama(at)sci.u-hyogo.ac.jp
なお、当研究科のホームページのURLはhttp://www.sci.u-hyogo.ac.jpです。

弘前大学大学院理工学研究科教員公募

弘前大学の岡崎雅明先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

弘前大学大学院理工学研究科(理工学部物質創成化学科併任)教員公募

公募人員:
助教1名

所属:
大学院理工学研究科(理工学部物質創成化学科併任)

専門分野:
無機化学を基盤とした「ものづくり」や新物質創成を指向し, 学科内教員と連携
しながら熱意を持って活発に教育・研究に取り組んでいただける方.

担当科目:
無機化学系の科目と演習, 無機化学実験, 基礎化学実験, 卒業研究, 全教員担当
科目(化学英語演習等), 基礎化学(一般教養相当)および大学院の科目等.

応募資格:
(1)博士の学位を有する方, または着任時までに博士の学位を取得見込みの方
(2)上記の科目を担当できる方

採用予定日:
平成27年4月1日以降のできるだけ早い時期

選考方法:
(1)書類選考
(2)候補者に対する面接

提出書類:
(1)履歴書(写真添付)
(2)研究業績リスト[査読付学術論文, 総説または解説, 著書, 国際学会発表,
招待講演(国内外), 国内・外国特許(特許公開番号, 登録されていれば特許番号),
受賞, 外部資金獲得状況等に分類して下さい. 発行または発表の年代の古いもの
から順に記載してください. 各分類では, 題目, 単著・共著の別, 発行年/発表
年, 発行所や発表雑誌または発表会議の名称, 著者名(本人を含む全員)を記載し
てください.]
(3)主要論文の別刷またはコピー(5編)
(4)現在までの教育・研究概要(A4判2?3枚程度)
(5)今後の教育・研究に関する抱負と計画(A4判2?3枚程度)
(6)本人について意見を求めうる方2名の氏名と連絡先

応募締切:
平成26年11月28日(金)(必着)

応募書類提出先:
〒036-8561
青森県弘前市文京町3 弘前大学大学院理工学研究科
阿部 敏之 (「助教応募書類在中」と朱書し, 簡易書留で送付)
尚, 応募書類は返却しません.

問合先:
弘前大学大学院理工学研究科(理工学部物質創成化学科併任)
物質創成化学科長 阿部 敏之
電話:0172-39-3580, 電子メール:tabe(at)cc.hirosaki-u.ac.jp

その他:
面接の際の旅費は, 応募者の負担となります. 採用後の給与については, 弘前大
学規定による年俸制が適用されます(ただし, 任期付きではありません). 弘前
大学では, 男女共同参画を推進しており, 女性研究者の積極的な応募を歓迎しま
す.

香川大学工学部教員公募

香川大学の石井知彦先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

香川大学工学部教員公募

1.学科名
材料創造工学科

2.専門分野・職務内容
先端マテリアル研究に関連した化学的素養に基づく教育研究分野。環境科学、
生命科学等と絡む分野が望ましいが、必ずしもこれに限らず一般的な化学系分野
も含む。

3.募集人員
准教授、講師もしくは助教1名(助教は任期5年(再任可、再任後は任期を定
めない))

4.応募資格
博士又はPh.D.の学位を有する、もしくは着任時までに取得見込みであり、環
境材料化学分野において職種にふさわしい研究業績を有すること。環境材料化学
分野にかかわる授業科目(無機化学、有機化学、物理化学、分析化学等)、学部
および学科の専門基礎科目や全学共通科目の講義および実験・演習科目が担当可
能で、かつ大学院でも教育研究指導できること。材料創造工学に関する教育を修
めたもので、当該分野の研究を積極的に推進する意欲をもち、学生の教育に熱意
をもって取り組むことができること。

5.採用予定年月日
平成27年4月1日(水)

6.提出書類
履歴書、研究業績リスト、主要論文の別刷(コピー可)及びその概要、教育・
研究・社会貢献活動報告書、本学部における教育研究の抱負等、応募者について
問合せ可能な方のリスト(提出書類の記入要領はHP参照)※研究業績リストは
別紙3、教育・研究・社会貢献活動報告書は別紙4に準じて記載してください。

7.応募期限
平成26年10月3日(金)(必着)

8.送付先
〒761-0396 高松市林町2217番地20 香川大学工学部長 中西
俊介 (「材料創造工学科教員応募書類在中」と朱書のうえ、書留にて送付くだ
さい。)

9.問合せ先
高松市林町2217番地20 香川大学工学部庶務係
TEL:087-864-2008 FAX:087-864-2032
E-mail:shomu(at)eng.kagawa-u.ac.jp または,材料創造工学科 学科長
掛川寿夫
TEL 087-864-2394, E-mail kakegawa(at)eng.kagawa-u.ac.jp

10.ホームページ
香川大学工学部  http://www.kagawa-u.ac.jp/kagawa-u_eng/

11.選考方法
第1次選考・・・・書類審査 第2次選考・・・・面接と模擬授業(第1次選考通過者
対象) 11月2日(日)に実施予定。詳細は対象者に連絡します。※第2次選
考のための旅費は自己負担となります。

12.その他
香川大学は男女共同参画を積極的に推進しており、業績等(研究業績、教育業
績、社会的貢献ほか)及び人物の評価において同等と認められた場合には女性を
採用します。

以上

 

大阪大学大学院理学研究科准教授公募

公募締切:2014年9月26日(金)必着 続きを読む->

近畿大学理工学部教員募集

応募締切日:平成26年8月30日(必着) 続きを読む->

フランスCEMES-CNRS(トゥルーズ)博士研究員募集

フランスCEMES-CNRS(トゥルーズ)博士研究員募集 続きを読む->

立命館大学生命科学部教員公募

応募締切:2014年8月6日(水)必着 続きを読む->

関西学院大学理工学部化学科教員公募

応募締切:2014年8月8日(金)必着 続きを読む->

大阪市立大学大学院理学研究科教員公募

締切:5月30日(金)消印有効 続きを読む->

東京大学大学院理学系研究科研究員募集

応募締切日:2014年6月30日締切 続きを読む->

甲南大学理工学部教員公募

応募締切:2014年8月22日(金)必着 続きを読む->

東京工業大学大学院理工学研究科教授公募

応募締切:平成26年7月31日 続きを読む->

神奈川大学工学部教員公募

応募締切日:2014年6月21日(土) 必着 続きを読む->

北海道大学大学院理学研究院教員募集

応募締切:平成26年7月18日(金)必着 続きを読む->

東京工業大学大学院理工学研究科助教公募

応募締切:2014年6月23日 続きを読む->

北海道大学電子科学研究所教授公募

公募締切:平成26年6月30日(月) 当日の消印有効 続きを読む->

理化学研究所准主任研究員公募

応募締切:2014年6月30日(月)必着 続きを読む->

理化学研究所研究員募集

理化学研究所研究員募集 続きを読む->

大阪大学大学院理学研究科特任助教又は特任研究員公募

応募締切:平成26年8月末 続きを読む->

東京工業大学大学院理工学研究科特任助教公募

応募締切:2014年5月17日 続きを読む->

産業技術総合研究所 常勤研究員募集

応募締切 H26.4.16 続きを読む->

長崎大学大学院工学研究科教員公募

応募期限:平成26 年3 月15 日(土)必着 続きを読む->

東北大学大学院理学研究科教員公募

応募締切: 平成26年 2月 7日(金)消印有効 続きを読む->

筑波大学数理物質系(化学域)特任助教公募

筑波大学数理物質系(化学域)特任助教公募 続きを読む->

島根大学大学院総合理工学研究科物質化学領域教員公募

応募締切:平成26年1月24日(金)必着  続きを読む->

京都大学 大学院理学研究科 特定助教公募

応募締切:平成26年1月6日(月)必着 続きを読む->

東北大学大学院理学研究科化学専攻教授公募

応募締切: 平成26年3月31日(月)必着 続きを読む->

分子科学研究所 教授又は准教授の公募 1名(女性)

〆切:平成25年12月10日(火) 続きを読む->

岐阜大学工学部化学・生命工学科准教授公募

応募締切:平成25年12月6日(金)必着 続きを読む->

大阪大学 大学院理学研究科 博士研究員公募

応募締切:平成26年1月末 続きを読む->

筑波大学数理物質系(化学域)助教公募

公募締切:平成25年12月16日(消印有効) 続きを読む->

名古屋大学理系Principal Investigator (PI) 女性教員の募集

応募締切:2013年10月31日(木)正午必着 続きを読む->

甲南大学理工学部機能分子化学科教員公募

応募締切:2013年11月8日(金)必着 続きを読む->

金沢大学理工研究域物質化学系テニュアトラック助教公募

応募締切:平成25年12月26日(木)必着
続きを読む->

金沢大学理工研究域物質化学系助教公募

応募締切:平成25年12月26日(木)必着 続きを読む->

静岡大学大学院理学研究科化学専攻 講師または助教公募

応募締切:平成25年11月29日(金)必着 続きを読む->

和歌山大学システム工学部任期制助教公募

締切:2013年9月18日(水)必着 続きを読む->

中央大学理工学部応用化学科任期制助教公募

締切:2013年10月11日(金)必着

続きを読む->

東北大学金属材料研究所助教公募

公募締切:2013年10月18日(金)必着 続きを読む->

東北大学金属材料研究所准教授公募

公募締切:2013年10月31日(木)必着 続きを読む->

京都大学 大学院理学研究科 化学教室 教員公募

応募締切:平成25年8月16日(金)必着 続きを読む->

北海道大学大学院理学研究院化学部門教員公募

応募締切:平成25年8月31日(土)必着 続きを読む->

福岡大学理学部化学科教員公募

応募締切:平成25年9月7日(土)(消印有効) 続きを読む->

イギリス王立化学会(RSC)職員公募

イギリス王立化学会(RSC)職員公募 続きを読む->

基礎科学特別研究員募集

基礎科学特別研究員募集 続きを読む->

静岡大学大学院理学研究科教員公募

応募締切:平成25年6月7日(金)必着 続きを読む->

富山大学大学院理工学研究部(理学)教員公募

応募締切日:平成25年4月26日(金)必着 続きを読む->

大阪市立大学 専任教員募集

提出期限:平成25年5月31日(金)(消印有効) 続きを読む->

PD募集に関するお知らせ

PD募集に関するお知らせ 続きを読む->

産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門 博士研究員募集

応募締切:適任者決定次第 続きを読む->

北海道大学大学院理学研究院教員募集

応募締切:平成25年2月28日(木)必着 続きを読む->

理化学研究所 研究員募集

理化学研究所 研究員募集 続きを読む->

金沢大学理工学域物質化学類化学コース教授公募

応募締切:平成25年 5月 7日(火)必着 続きを読む->

成蹊大学理工学部物質生命理工学科教員募集

応募締切:2013年1月17日(木) 続きを読む->

京都大学 大学院理学研究科 化学教室 教員公募

応募締切:平成25年2月1日(金)必着 続きを読む->

奈良女子大学研究院自然科学系化学領域教授公募

応募締切: 平成25年5月31日(金) 続きを読む->

岡山大学大学院自然科学研究科 助教募集

応募締切: 平成25年2月8日(金)必着 続きを読む->

京都大学 物質-細胞統合システム拠点 博士研究員募集

応募締切: 適任者決定次第 続きを読む->

東北大学・大学院理学研究科 教員公募

応募締切: 平成24年 12月 31日(月)消印有効 続きを読む->

大阪市立大学理学研究科有機化学分野 助教公募

提出期限:平成24年11 月10日(土)(消印有効) 続きを読む->

大阪市立大学理学研究科物理化学分野 助教公募

提出期限:平成24年11 月10日(土)(消印有効)
続きを読む->

筑波大学数理物質系教員公募

公募締切日: 11月30日(金)必着 続きを読む->

弘前大学大学院理工学研究科 教員公募

応募締切:平成25年 3月29日(金)(必着) 続きを読む->

東北大学大学院理学研究科 教員公募

応募締切: 平成24年12月31日(月)消印有効 続きを読む->

大阪府立大学大学院理学系研究科 テニュアトラック教員公募

応募期限:2012年10月26日(金)必着 続きを読む->

富山大学大学院理工学研究部 教員公募

応募期限:2012年10月15日(月)16時(日本時間)必着 続きを読む->

弘前大学大学院理工学研究科 助教公募

応募締切:平成24年 9月14日(金)(必着) 続きを読む->

慶應義塾大学理工学部応用化学科教員公募

応募締切:2012年8月17日(金)必着 続きを読む->

東邦大学複合物性研究センター 博士研究員募集

応募締切:H24.7.30  続きを読む->

名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻 教授公募

締切:平成24年5月15日(火)必着 続きを読む->

中央大学理工学部応用化学科教員公募

応募締切:2012年7月12日書類必着 続きを読む->

東北大学大学院理学研究科化学専攻教授公募

応募締切: 平成24年7月31日(火)必着 続きを読む->

University of Michigan Medical School ポスドク募集

University of Michigan Medical School ポスドク募集 続きを読む->

青山学院大学理工学部化学・生命科学科教員公募

応募締切:2012年 6月29日(金)必着 続きを読む->

東京大学大学院理学系研究科 特任研究員募集

応募締切日:平成24年6月30日(土)必着 続きを読む->

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所教員公募

応募締切:2012年6月6日(水)17時(日本時間)必着 続きを読む->

東京工業大学 大学院理工学研究科 特任助教公募

応募締切:平成24年3月12日(必着) 続きを読む->

東京大学大学院理学系研究科化学専攻 特任助教公募

公募締切: 平成24年3月5日(月曜日)必着 続きを読む->

甲南大学理工学部機能分子化学科教員公募

応募締切:2012年5月11日(金)必着 続きを読む->

名古屋大学大学院理学研究科教授公募

公募締切:平成24年5月15日(火)必着 続きを読む->

日本大学N.研究プロジェクト博士研究員募集

応募締切:平成24年1月31日(必着) 続きを読む->

大阪大学大学院理学研究科化学専攻 教員募集

応募締切:2012年2月10日(金) 続きを読む->

新潟大学 テニュアトラック教員募集

応募締切:平成24年1月31日(火) 午後5時(日本時間) 必着 続きを読む->

長崎大学大学院工学研究科 准教授公募

提出期限:平成24年1月27日(金)必着 続きを読む->

東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻教員公募

応募締切:平成24年1月10日必着 続きを読む->

京都大学 大学院理学研究科 化学専攻 教員公募

締切期日  平成23年11月25日(金)必着 続きを読む->

山口大学大学院理工学研究科 准教授公募

応募締切??? 平成23年12月2日(金)(必着)  続きを読む->

立命館大学生命科学部応用化学科 教員の公募

応募締切:2011年11月15日(火)必着 続きを読む->

山口大学大学院医学系研究科 助教公募

応募締切:平成23年11月4日(金)(必着) 続きを読む->

広島大学大学院理学研究科 分子構造化学講座教員公募

応募締切:平成23年11月30日(水) 必着 続きを読む->

兵庫県立大学教員公募

応募締切:平成23年10月31日(月)必着 続きを読む->

ポハン工科大学先端材料科学科Postdoctoral Fellow・Research Assistant Professor(化学系)の募集

応募締切 2011年12月31日 続きを読む->

立教大学理学部化学科教員公募

応募締切:2011年10月3日(月)必着 続きを読む->

中央大学理工学部応用化学科 任期制助教公募

締切:平成23年10月7日(金)必着 続きを読む->

九州大学大学院理学研究院化学部門 女性教員公募

応募締切:平成23年9月30日(金)17:00必着 続きを読む->

神奈川大学工学部物質生命化学科教員公募

締切:2011年11月8日(火) 必着 続きを読む->

分子科学研究所教授募集

公募締切)平成23年10月10日(月)(当日消印有効) 続きを読む->

九州大学大学院理学研究院化学部門 無機・分析化学講座助教公募

応募締切: 平成23 年12 月2 日 (必着) 続きを読む->

新潟大学教育研究院自然科学系教員公募要項

応募締切: 平成23年9月30日(金)必着 続きを読む->

長崎大学大学院工学研究科総合工学専攻化学・物質工学コース教員公募

提出期限:平成23年8月20日(土)必着 続きを読む->

基幹研究所 加藤分子物性研究室 研究員募集

締切:平成23年9月16日(金) 17時 必着 続きを読む->

弘前大学大学院理工学研究科 博士研究員募集

弘前大学大学院理工学研究科 博士研究員募集 続きを読む->

愛媛大学大学院理工学研究科助教公募

着任時期  平成23年7月1日(予定) 続きを読む->

筑波大学大学院 数理物質科学研究科 化学専攻 助教 公募

公募締切?平成23年4月30日(土)(消印有効) 続きを読む->

東北大学・大学院理学研究科・化学専攻・錯体化学研究室・教員公募

応募締切: 平成23年 4月 30日(土)消印有効

続きを読む->

大阪大学大学院理学研究科 化学専攻学際化学講座 教員募集

公募締切:平成23年6月15日(消印有効) 続きを読む->

名古屋大学理学研究科 物質理学専攻(化学)渡辺研究室 博士研究員 募集

応募期間:平成23年3月14日(月)まで 続きを読む->

広島大学大学院理学研究科化学専攻(錯体化学研究グループ)教授  公募

応募締切:平成23年4月15日(金)必着 続きを読む->

東北大学大学院理学研究科化学専攻・錯体化学研究室・教員公募

応募締切: 平成23年 2月 12日(土)必着 続きを読む->

新潟大学研究機関研究員(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)募集

応募締切: 平成23年2月7日(月)必着 続きを読む->

分子科学研究所 助教 公募

公募締切?? 平成23年2月10日(木)(当日消印有効) 続きを読む->

イギリス化学会(RSC) 職員公募情報

イギリス化学会(RSC) 職員公募情報 続きを読む->

佐賀大学大学院工学系研究科循環物質化学専攻 助教公募

応募締切  平成23年2月20日(必着) 続きを読む->

京都大学化学研究所 教授公募

公募締切 平成23年2月28日(月)必着 続きを読む->

東邦大学理学部化学科博士研究員募集

応募締切: 平成23年1月30日(土) 続きを読む->

北里大学理学部化学科 特任教員公募

応募締切 平成23年1月21日(金)必着 続きを読む->

東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士研究員募集

応募締切日:平成23年1月21日(金)必着 続きを読む->

名古屋大学物質科学国際研究センター CREST博士研究員公募

応募締切:平成23年1月14日(金) 続きを読む->

九州大学 WPI カーボンニュートラルエネルギー国際研究所(新設)教員、博士研究員 (分子触媒領域)公募

応募締切:2010年12月24日(金)17時(日本時間)必着 続きを読む->

独立行政法人理化学研究所 研究員募集

【締切日】2010年11月26日(金)必着 続きを読む->

立命館大学生命科学部応用化学科 教員の公募

応募締切:2010年11月15日(月)必着 続きを読む->

山形大学理学部 テニュアトラック助教 公募

応募期限  2010年10月29日(金)必着 続きを読む->

京都大学大学院理学研究科化学専攻教員公募

応募締切:2010年10月15日(金)必着 続きを読む->

金沢大学理工研究域物質化学系 助教および教授(再送)の公募

助教:応募締切:平成23年1月28日(金)必着  教授:応募締切:平成22年10月22日(金)必着 続きを読む->

東北大学・大学院理学研究科・化学専攻・錯体化学研究室・教員公募

応募締切:2010年10月12日(火)午後5時必着 続きを読む->

東京理科大学理学部一部化学科教員公募

応募締切:2010年10月22日(金)必着 続きを読む->

弘前大学大学院理工学研究科准教授公募

応募期限 平成22年10月29日(金曜日)午後5時必着 続きを読む->

東北大学・大学院理学研究科 化学専攻 機能分子化学講座・教員公募

応募締切: 平成22年4月30日(金)午後5時必着 続きを読む->

東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 相関基礎科学系・機能解析学大講座 教員公募

締め切り:平成22年4月19日(月)必着 続きを読む->

筑波大学数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 教員公募

続きを読む->

博士研究員募集について【カナダ、ヨーク大学名誉教授、バリー・リーバー博士】

続きを読む->

岡山大学大学院自然科学研究科 機能分子化学専攻 分子動態科学講座 教授の公募

公募締切:平成22年4月5日(月)必着 続きを読む->

大阪市立大学大学院理学研究科 博士研究員 (または特任助教)募集

続きを読む->

特別研究員・協力研究員募集【理化学研究所基幹研究所侯有機金属化学研究室】

締切日:決定次第締め切り 続きを読む->

分子科学研究所 錯体物性研究部門 博士研究員募集

続きを読む->