HOME > お知らせ > 学生講演賞選考結果

学生講演賞選考結果

錯体化学会第63回討論会学生講演賞選考結果報告

学生講演賞選考委員長????? 黒田孝義(近畿大理工)
学生講演賞選考副委員長??? 大場正昭(九大院理)

平成25年11月2日~4日に琉球大学(沖縄)にて開催された
錯体化学会第63回討論会において、学生講演賞の選考を行った。
本年は83件の応募があり、64名の審査委員会体制で選考した。各講演発表は 
3名の審査委員が担当し厳正に審査を行った。討論会終了後、審査結果を集計
し、選考委員会のメール会議により下記学生講演賞受賞者13名を決定した。

—————————————–
講演番号 受賞者(所属) 講演題目
—————————————–

1C-01 中田 明伸 (東工大院理工) 
Ru(II)-Re(I)複核錯体を用いた水中における可視光駆動CO2還元光触媒反応

2Ac-06 山口 翔平 (埼大院理工) 
アミノ酸を含むシクロメタレート型白金(II)錯体の合成と構造,およびクロミッ
ク発光特性

2C-01 河原 由佳 (同志社大院理工)
高スピン二核鉄(IV)酸化活性種のsyn-anti構造変化による活性化:高いBDEをも
つ強いC-H結合の活性化と非常に大きなKIE

2C-02 洪 達超 (阪大院工) 
非ヘム単核鉄錯体を用いた水の酸化反応における反応活性種の同定

2E-04 菊永 孝裕 (九大院工) 
新規触媒による過酸化水素の直接合成

2Fb-07 北尾 岳史 (京大院工) 
金属錯体ナノ空間に拘束された単分子鎖ポリシランの物性評価

2Fb-09 登内 政徳 (金沢大院自然) 
TTF-TCNQを骨格に含む多次元構造体の電子・磁気物性

2Ic-01 岡村 将也 (総研大) 
A pentanuclear iron catalyst designed for water oxidation

2Ic-03 三橋 了爾 (岡山大院自然) 
Four-electron Oxidative Dehydrogenation Induced by Prodton-Coupled
Electron Transfer in Ruthenium(III) Complex with 2-(1,4,5,6-Tetrahydropyrimidin-2-yl)phenolate

2Id-18 池本 晃喜 (東大院工) 
X-ray snapshot observation of Pd intermediates in Pd-mediated aromatic
bromination

2If-17 Guangqin Li (京大院理)
Remarkable enhancement of hydrogen-storage capacity and speed in Pd
nanocrystals coating with metal-organic framework

3Ad-13 横井 孝紀 (東大生産研) 
フタロシアニン誘導体を用いたレドックス応答性蛍光プローブの開発

3Fd-14 宮下 真人 (筑波大数理物質) 
らせん構造をもつニッケル三核メタロクリプタンドの合成と分子認識

以上13名