HOME > お知らせ > 学生講演賞選考結果

錯体化学会第64回討論会学生講演賞選考結果報告

学生講演賞選考委員長  久枝良雄(九大院工)
学生講演賞選考副委員長 田所 誠(東理大理)
平成26年9月18日~20日に中央大学後楽園キャンパス(東京都)にて開催され
た錯体化学会第64回討論会において、学生講演賞の選考を行った。
本年は70件の応募があり、116名の審査委員会体制で選考した。各講演発表は4名
の審査委員により、厳正に審査を行った。討論会終了後、審査結果を集計し、選
考委員会のメール会議により以下の学生講演賞受賞者10名を決定した。

—————————————–
講演番号 受賞者(所属) 講演題目
—————————————–

1Aa-02 山岸 洋 (東大院工)
キラルアニオンを用いた巨大配位ナノチューブの不斉制御

1Aa-10 西山 康太郎 (東大院理)
DNA二重鎖中における5-ヒドロキシウラシル塩基と希土類イオンとの錯体形成挙動

1E-04 真島 剛史 (阪大院工)
ヘムタンパク質環状六量体を用いた光増感色素集積体の構築とその光捕集能

1Fa-05 吉岡 翔太 (東大院工)
Single crystal X-ray analysis of ozonides by the crystalline sponge method

2Aa-14 Hakuba Kitagawa (AMS POSTECH)
Direct X-ray Observation of Transient Reactive Sulfur Species in a
Kinetically Assembled Porous Coordination Network

2D-05 長江 春樹 (阪大院基礎工)
イミド架橋チタン二核錯体によるイミド配位子のオルト位選択的な炭素―水素結
合のアルケニル化反応とその反応機構

2E-08 辻 朋和 (同志社大学院理工)
二核鉄酸化酵素の配位環境を模倣したカルボン酸含有二核鉄錯体による可逆的O-
O結合開裂:パーオキソ二核鉄(III)からhigh-spinオキソ二核鉄(IV)への変換

2Fa-02 小野 健太 (山形大院理工)
超イオン伝導性を示すプルシアンブルーナノ結晶規則配列膜の構築と伝導メカニ
ズムの解明

2Fa-10 福永 大樹 (東北大院理)
デカメチルフェロセニウムを層間に有したπ‐スタックピラードレイヤー構造集
積体の磁気特性

2Fa-12 永嶌 匠 (中大院理)
ヘテロ積層Ru二核錯体膜の整流性およびフォトダイオード特性

以上10名