HOME > 人事公募 > 茨城大学大学院理工学研究科教員公募

茨城大学の高妻孝光先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

茨城大学大学院理工学研究科 教員公募(案)

1. 募集人員:1名 テニュアトラック助教またはテニュアトラック准教授

2. 担当:理工学研究科量子線科学専攻 化学・生命コース

3. 研究分野:
化学分野。複合的に量子線を用いた生体分子を含めた物質分析に関わる実験的研
究を行っている研究者。J-PARCをはじめとする近隣の研究機関、国内外の関連研
究拠点と連携協力した研究活動を積極的に推進していただける方を望みます。化
学・生命コースのみならず、関連コースの研究者とも連携しつつ、量子線科学専
攻における研究の発展に貢献できる方を望みます。

4. 授業担当科目:
量子線科学専攻における博士前期・後期課程の講義・実習や研究指導の他、理学
部の化学系の学生実験、卒業研究をはじめとして化学系の学部教育、および教養
教育にも意欲を持って取り組む方を求めます。量子線科学専攻の前期課程におい
ては、X-ray Absorption SpectroscopyとX線吸収分光演習実験(KEK大学等連携
事業)を担当していただきます。

5. 応募資格:
(1)博士の学位、または外国のPhDを有する方。
(2)教育に熱意があり、新しい研究分野の開拓に意欲のある方。
※男女共同参画社会基本法の趣旨に則り女性の積極的な応募を歓迎します。
なお、国立大学法人茨城大学就業規則第4条の2[欠格事項]に該当しないこと。

6. 着任時期: 2016年10月1日

7. 勤務地: 茨城大学水戸キャンパス(茨城県水戸市文京2-1-1)

8. 提出書類:
(1)履歴書(写真貼付、連絡先には電話番号とE-mailアドレスを記入のこと)
(2)研究業績リスト(著書、学術誌論文、国際会議論文、解説論文・特許など)
(3)主要学術誌論文5編以内の別刷(コピー可)
(4)これまでの教育研究の概要と成果(2000字程度)
(5)大学院および学部での教育研究に関する抱負(2000字程度)
(6)その他参考となる資料(たとえば、学会活動、社会における活動、国際的
活動、外部資金獲得状況、受賞歴など)
(7)応募者に関して意見をお聞きできる方2名の氏名、所属、連絡先 (E-mailアドレスを含む)

9. 応募締め切り: 2016年7月1日(金)(必着)

10.選考方法:
第一次選考 書類審査
第二次選考 第一次選考通過者を対象としたセミナーおよび面接(交通費の支給
はありません)

11. その他:
本学におけるテニュアトラック制度:
任期は5年間です。2年目終了後に中間評価を行い、4年目終了時にテニュア
獲得の資格審査を行います。任期中は教育、研究、社会貢献等の業務を行って
もらいます。

給与は、「年俸制」となります。
国立大学法人茨城大学教職員賃金規程
参照:http://houki.admb.ibaraki.ac.jp/act/frame/frame110000073.htm

12. 書類提出先:
〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1
城大学大学院理工学研究科量子線科学専攻長 高妻孝光
(応募書類の封筒には、「茨城大学大学院理工学研究科教員応募書類(化
学)」と朱書きの上、簡易書留で送付してください。なお、応募書類は原則
として返却いたしません。)

13. 問合せ先:
茨城大学大学院理工学研究科量子線科学専攻 専攻長
高妻孝光
電話:029-228-8372
E-mail:takamitsu.kohzuma.qbs(at)vc.ibaraki.ac.jp