HOME > シンポジウム・その他 > 若手研究者のための機能性材料シンポジウム2016

山形大学の石﨑 学先生から頂きました以下の案内をお知らせいたします。

**************************************************************

若手研究者のための機能性材料シンポジウム2016を開催します。

機能性材料に関係する様々な分野の若手研究者が一同に集まり、最先端の研究内
容を発表・議論します。新進気鋭の若手研究者による招待講演,一般講演・ポス
ター発表を行います。このシンポジウムで、分野の垣根を超えた知識のつながり
を生み出し新たな科学技術の芽が育まれる契機となることを期待しています。参
加無料ですので、ふるってご参加くださいますよう、よろしくお願いします。

日時
平成28年12月8日(木)- 9日(金)
場所
山形大学理学部3号館A201およびA202
参加料
無料 (懇親会別途、学生2000円、一般4000円)
共催 第三回若手研究者のフォトニクス材料研究会、錯体化学若手の会
後援 山形大学「放射光で切り開く次世代地域創生研究拠点」YUCOE(C)、
日本化学会、錯体化学会、日本セラミックス協会
実行委員 石﨑 学(山形大学)、上田純平(京都大学)

招待講演
●放射光分野
木村 耕治先生(名古屋工業大学、助教)
「蛍光X線ホログラフィー:機能性材料における活性サイトのイメージング」
山本 勇先生(佐賀大学、助教)
「機能性材料のシンクロトロン光分析と佐賀大学ビームラインにおける電子状態
研究」
●フォトニクス分野
岡田 豪先生(奈良先端大学、助教)
「シンクロトロン光を用いた放射線治療における高線量・高分解能を有する線量
計測手法の開発」
関 朋宏先生(北海道大学、助教)
「目的の機能を示す有機固体材料を開発するための方法論の提案」
●錯体分野
井口弘章先生(東北大学、助教)
「一次元電子系(金属)錯体の電子状態制御」
森本祐麻先生(大阪大学、特任助教)
「金属錯体の電子状態の精密制御に基づく小分子の反応性制御」

講演・参加申込はHPよりお願いいたします。
*参加申込期日は12/1ですが、早めに回答いただけると助かります。

シンポジウムHP
https://sites.google.com/site/yamagatajointsympo/home

問い合わせ先
990-8560 山形県山形市小白川町1-4-12
山形大学理学部 石﨑 学
TEL: 023-628-4478
Mail: manabu-ishizaki(at)sci.kj.yamagata-u.ac.jp