シンポジウム
43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018) におけるセッション開催のご案内

若手の会では錯体化学会討論会・日本化学会春季年会でシンポジウムを主催しています。
今年度はICCC2018@仙台においても若手の会主催のセッションを開催します!!!


セッション名:S36 Rising Stars in Coordination Chemistry
開催日:2018年7月31日(火)~ 8月2日(木)
場所:仙台国際センター C-Meeting Room 2
オーガナイザー:酒田 陽子(金沢大学), 草本 哲郎(東京大学), 吉成 信人(大阪大学), 伊藤 亮孝(高知工科大学), 大谷 亮(熊本大学), Wei-Xiong ZHANG (Sun Yat-Sen University, China), Kenneth Hanson (Florida State University, USA), Dawid Pinkowicz (Jagiellonian University in Krakow, Poland), Tsai-Te Lu (National Tsing Hua University, Taiwan)

 

今年度仙台で行われる43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018) において、錯体化学若手の会主催で約35歳以下の若手研究者を対象としたセッションを開催予定です。このセッションは、世界中の錯体化学関連の新進気鋭の若手研究者に講演をしていただき、国の壁を越えてそれぞれの研究について熱く議論し、若手研究者同士の親睦を深めることを目的としています。また、本セッションはより多くの若手研究者に発表してもらうために、他のセッションとは異なり、全てoral presentation (20 min, 質疑応答含む、2.5日、全50件)となっております。 詳細はこちら。
是非ご来場いただき、活発な議論をよろしくお願いいたします。


開催主旨:

 In this session, young rising stars (around 35 years old or less) in a field of coordination chemistry will highlight their cutting-edge researches. The session will cover broad areas of chemistry based on coordination chemistry. Thorough discussions and active interactions between the participants from a variety of the research fields and countries will open the door to bring new and novel ideas/insights, and future collaborations. The session will be held over 2.5 days. We hope young students and researchers participate in our session to learn frontier researches in coordination chemistry, to broaden their perspectives, and to get involved in forming young researchers’ network.

 

セッションプログラム:


 

過去のシンポジウムはこちら [錯体化学討論会・日本化学会シンポジウム] [ミニシンポジウム]