MENU close
HOME > 会則 > 錯体化学会貢献賞規定

錯体化学会貢献賞 規定

錯体化学および錯体化学会の発展を目的として、この賞を設ける。

第1条 錯体化学会貢献賞(以下、本賞という)を設け、錯体化学および関連分野の発展に顕著に寄与したと認められる研究者を選び、本賞を贈呈する。
第2条 本賞の贈呈は原則毎年1件とする。
第3条 本賞の候補者は必ずしも本会会員でなくともよいが、受賞講演時には本会会員であることを条件とする。
第4条 本賞は楯とし、錯体化学会討論会において、これを贈呈する。
第5条 本賞の選考は、錯体化学会賞等選考委員会(以下、選考委員会という)が行う。選考委員会委員は副会長および別に定める「選考委員会委員選挙規定」により会員から 10 名選出する。選考委員長は副会長とする。
第6条 本賞候補者の選考は、別に規定する「錯体化学会貢献賞細則」に基づいて行う。
第7条 選考委員長は、審査結果に理由を付して、錯体化学会総会の期日までに会長に報告する。
第8条 本規定の改定は理事会で審議し、総会で承認を得る。
本規定は、平成19年10月1日から施行する。

平成29年9月17日 一部改訂

錯体化学会貢献賞細則

(総則)

第1条 錯体化学会貢献賞(以下、本賞という)の実施及び錯体化学会賞等選考委員会(以下、選考委員会という)の運営については、錯体化学会貢献賞規定、錯体化学会貢献賞細則、及び錯体化学会賞等選考委員会委員選挙規定の定めるところによる。

(募集および応募)

第2条 本賞への応募は、錯体化学会会員の自薦及び他薦による応募制とし、応募要領にしたがって必要書類を期限内に事務局へ提出するものとする。

(選考委員会)

第3条 候補者及び候補者を推薦した者は、選考委員会委員になることはできない。
第4条 選考委員会に欠員が生じた場合、理事会は当該年度の錯体化学会賞等選考委員会委員選挙の結果に従い、新選考委員会委員を決定する。
第5条 選考委員会委員長(錯体化学会副会長で、以下委員長という)は、選考委員会を招集する。副委員長は委員の互選で選ぶ。なお、副委員長は前年度の残留委員の中から選ぶことが望ましい。選考委員会は、公平を期すため、書面付議を含めて、可能なかぎり全委員の回答あるいは出席を得て開催することとするが、 11 名のうち 7 名以上の回答あるいは出席をもって成立するものとする。
第6条 選考は原則として第一次及び第二次の二段階選考とする。
第7条 第一次選考は、応募者の人数に拘らず書類審査による書面付議とし、投票により、原則として3名以内の候補者を選ぶ。
第8条 第二次選考は、原則として上記の書面付議により選ばれた候補者から業績説明を聴取する。ただし、選考委員会が認めた場合は、その限りではない。なお、候補者が業績説明のために要する旅費、交通費等については、本会は負担しない。選考は投票により行う。
第9条 本細則の改定は理事会で審議し承認を得る。
付記 受賞者は、当該年度に開催される錯体化学会討論会の要旨集に載せる受賞講演要旨を提出し、当該年度に発行される予定のBulletin of Japan Society of Coordination Chemistry(BJSCC)に、受賞対象研究に関するAward Accountを寄稿するものとする。
本細則は,平成19年10月1日から施行する。

平成28年9月11日 一部改訂
平成29年9月17日 一部改訂

会員専用サイト
TOP